国内外のアンティーク家具・ブランド家具が最大20%OFF!

ゴールデンウィークのお休みについて

日本で一番あなたのわがままを叶えるアンティーク家具屋

  • ご注文・ご相談・お問い合わせ

    0294-70-3730

  • 無料査定・買取ご相談

    0120-719-556

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

選ばれる理由

リメイク

オーダー家具

家具買取サービス

» 全商品一覧を見る

ソファ

価格

円 〜

mm 〜 mm

高さ

mm 〜 mm

奥行き

mm 〜 mm

フリーワード

この条件で検索

アンティークソファ / 革製

397

アンティークソファの中でも重厚感と存在感が強いのが革製のソファですよね。ゴージャスなイメージが強いレザーソファーですが、アンティーク品になるとほどよく柔らかさが出て趣きがあるのがポイントです。コンパクトな1人掛けから4、5人まで掛けられる大ぶりのものも探しやすいのはアンティーク品専門店の当店ならでは。是非レザーソファで極上のリラックスを味わってくださいね。

失敗しないアンティークレザーソファ選び方

3色の商品タイプのマークについて

アンティークソファ / 革製

 

 

 

 

 

豪華さが嬉しい!アンティークレザーソファの選び方

アンティークのレザーソファと言えば、どんな印象がありますか?きっとゴージャスなソファやエレガントなデザインを想像されたことでしょう。インテリアの花形ともいえるソファにアンティークレザーソファを選べば、我が家にとびきりのくつろぎのスペースが生まれます。もちろん新品のレザーソファも素敵ですが、アンティークのレザーソファは使い込まれ、こなれた雰囲気でリラックス感があります。アンティークならではの趣きや艶も魅力的で、部屋の雰囲気を格上げしてくれること間違いなしです。 しかし、実際にアンティークレザーソファを買おうと思った時、どんなソファを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、デザインや革の材質、色合いなど様々な観点から、当店ならではの豊富な品揃えの中からあなたにぴったりのソファを見つける方法をご提案いたします。また、コーディネート実例も交えてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

様々なテイストからレザーソファを選ぶ

  • クラシカルな
    革のソファ

    アンティーク好きならおさえておきたいクラシカルなモデル。洋室や応接間などにぴったりです。

  • エレガントな
    革のソファ

    どんな部屋も上品にまとまるエレガントなレザーソファ。人気のテイストなのでお求めはお早めに。

  • モダンな
    革のソファ

    スタイリッシュなソファをお求めの方に。個性的なだけではなく、使用感にも注目です。

  • 北欧モダンな
    革のソファ

    今のインテリアにも心地よく馴染む北欧調レザーソファ。普遍的で長く愛用いただけます。

  • 昭和レトロな
    革のソファ

    和のアンティークスタイルの必須アイテム!レザーソファの中でも素朴さがあります。

  • アンティーク風の
    革のソファ

    アンティーク風のレザーソファなら、新品でもこなれた印象に。古いものに抵抗がある方にもおすすめです。

クラシカルデザインで一番人気のチェスターフィールド

アンティークソファーと言えば真っ先に思い浮かぶのがチェスターフィールドかもしれません。 チェスターフィールドとは、イギリスの伝統的なソファで、鋲飾りとクッション部分のボタン留めが特徴の総革張りのソファを指します。背もたれやフレーム部分に施されたボタン留めが革の表情を豊かにするので、アンティーク通なら部屋に置きたい家具の一つです。 どっしりとした佇まいでイギリスアンティークならではの存在感たっぷり。大切に使われたソファは艶やかで重厚な印象で、革もクッションも柔らかく包み込まれるような座り心地も魅力です。
当店においても大変人気のあるソファで、掲載してすぐにオーナー様が決まってしまうことも多々あります。気になるチェスターフィールドを見つけたら、ぜひ一度ご連絡ください。

昭和レトロなレザーソファはオールドカリモクが人気

レトロな雰囲気が好きな方に人気なのが、カリモクのレザーソファです。
日本におけるミッドセンチュリー期に活躍したヴィンテージのレザーソファを取り入れれば、あっという間に昭和レトロな部屋作りが叶います。
オールドカリモクとは、1960~1980年代にカリモク家具が製造していた家具を指し、日本の家具らしいレトロな雰囲気が魅力で今なお多くのファンを魅了しているコレクションです。近年、カリモク家具はこの頃の家具のリプロダクトとして「カリモク60」というシリーズを展開していますが、当時のそのままの味わいを楽しみたいならオールドカリモクがおすすめです。 オールドカリモクはどこか素朴な印象で、今のインテリアに取り入れやすいのもポイント。フローリングの部屋はもちろん、和室に置いてもマッチするのは日本の家具メーカーのものならではですよ。

気になる本革と合皮、2種類のレザーの違いを知ろう

アンティークのレザーソファは、素材によって大きく2種類に分けることができます。張地が本革か、それとも合皮なのかという分け方です。特にアンティークやヴィンテージのソファはレザーの種類によって違いが表れやすい傾向があります。それぞれの特性とレザーのソファーの手入れ方法もご紹介いたしますので参考にしてみてくださいね。

経年変化を楽しめる本革は高級感と耐久性も魅力

本革は非常に耐久性が高く、きちんと手入れを続ければ長期間愛用できるのが嬉しいポイントです。アンティーク品の本革ソファなら、前オーナーの手入れの仕方、使用頻度などによって、表情豊かな革に変化し独特の風合いを感じられるはずです。経年による趣深い艶や陰影は一つひとつ異なり、より高級感のある仕上がりになっていることでしょう。前オーナーから引き継いで、唯一無二のソファとして育てていく楽しみもありますよ。
使い込んだ本革は新品の本革より柔らかく落ち着きのある雰囲気で、部屋に馴染みやすいのでコーディネートしやすいのも特徴的。それでいて存在感があるので、ワンランク上のリッチな部屋作りにぴったりです。
アンティークの本革と上手に付き合っていくには、購入後のお手入れも大切です。普段のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きをしてホコリなどを拭き取ります。本革は水に弱いので、乾拭きが原則。コーティングのある本革や油分の多いオイルレザーには、保護クリームを塗る必要はありません。油分が少ない本革の場合、3ヶ月~半年に1度、保護用のクリームを塗り込むと、ひび割れを防いでより味わい深い革へと育てていくことができるでしょう。

合皮について

合皮のソファの場合、アンティークやヴィンテージ品でも貼り直されていることが多くあります。それというのも、合皮の寿命は3~7年程度と短めだからです。合皮の品質や使用頻度によって寿命に幅がありますが、10年はもたないと考えるのが妥当です。本革と比較してお手頃なのにはそういった側面もあります。
しかし、合皮が悪いということではなく、合皮素材ならではのメリットも多くあります。 まず、お手入れがしやすいというのが合皮のソファを選ぶメリットの一つです。クリームの塗り込みなどのメンテナンスが不要なので、お手入れが面倒と感じる方には合皮の方がおすすめですよ。また、食べこぼしや汚れなどは硬く絞った布で水拭きが可能なので、小さなお子様がいるご家庭などでは安心して使えます。ただし、多量の水分や湿気は苦手なので、こぼした水分などは早めに拭き取る、濡れたものをソファに置いたままにしない、など注意することで長く付き合うことができますよ。 合皮のソファを長期間使いたい場合は、張り替え対応をしてくれるお店を予め探しておくと良いかもしれませんね。

人気のカラーからアンティークレザーソファを選ぶ

アンティークレザーソファの中でも、人気がある色のソファをご紹介いたします。それぞれに似合うテイストがあるので、今のコーディネートから合うカラーを選ぶも良し、ソファを中心にコーディネートを考えていくのも素敵です。

  • シックで存在感のある黒

    革の艶やかさを感じられる黒いレザーソファは、シックに部屋をまとめたい方に人気です。

  • インパクトのある赤

    部屋のアクセントになる赤いレザーソファはスタイリッシュな印象のものが多めです。

  • クラシカルな印象の緑

    緑色のレザーソファはクラシカルで個性的な部屋作りにぴったりです。

  • テイストを選ばない茶

    どんなコーディネートにも合わせやすい茶色のレザーソファは大変人気があります。

  • 清潔感のある白

    白いレザーソファはクリーンな印象で部屋を明るく見せる効果があります。

アンティークレザーソファを使ったコーディネート実例

続いては、アンティークレザーソファを使用したコーディネートの実例をお見せいたします。 アンティーク家具初心者の方はもちろん、愛好家の方も新たなコーディネートの知見が広がると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • アメリカンレザーソファ×北欧ヴィンテージ家具でモダンなリビングつくり

    アメリカのアンティークレザーソファはどっしりとした存在感がありながら、ベーシックなデザインで様々なインテリアと相性が良いのが嬉しいポイントです。色のトーンを合わせれば、北欧ヴィンテージの家具ともバランス良くまとめることができますよ。アメリカならではのビッグサイズなソファも、低めの重心なら圧迫感が無くすっきりした印象に。のびのび使える本革3人掛けのソファと一人掛けのソファを組み合わせれば、自由なくつろぎのスタイルが楽しめますよ。

    アメリカンアンティークレザーソファのインテリア例はこちら

  • ミックススタイルで好きなものを詰め込んだ宝箱のような書斎

    あえて製造国やテイストにこだわりを持たせず、好きなものだけをぎゅっと閉じ込めた書斎のインテリアコーディネート。 自分の好きなアイテムを自由に組み合わせていますが、好みのタイプを集めれば自然と統一感が出て意外なほどマッチします。まるで自分の宝箱のような楽しい特別な空間の出来上がりです。 ゆったりとしたイギリスヴィンテージの一人掛けソファは高級感があり重厚な印象。ソファの前のガラストップテーブルは洗練された北欧ヴィンテージ品です。対するデスク前のアームチェアはミッドセンチュリー調でレトロな雰囲気に仕上がっています。

    ミックススタイルのインテリア例はこちら

  • メンズにおすすめ!チェスターフィールドが映えるビンテージリビング

    アイアン×革の組み合わせはメンズのおしゃれな部屋作りにおすすめです。本格的なイギリスアンティークのチェスターフィールドが部屋の主役として存在感を放ちます。 二人掛けのソファにはトランクをセンターテーブル代わりに合わせて、とことん遊び心を持たせてみました。 オープンラックやハンガーラックはあえてダメージの残るアイテムをチョイスして、ジャンク感のあるコーディネートに。見せる収納は自慢のアイテムを飾るスペースとしても活躍します。お気に入りをいつでも手に取れる楽しさのあるルームコーディネートですよ。

    チェスターフィールドのインテリア例はこちら

  • 和製のアイテムで揃えたレトロで上質な空間づくり

    余計なものを置かないシンプルな部屋に、日本のアンティーク品ならではの素朴さの残るレザーソファがそっと寄り添うコーディネート。全体のバランスを崩すことなく、さりげないデザインであえてわき役に徹しています。直線的なデザインで必要以上に出しゃばることがないレザーソファです。 ガラス張りのキャビネットは光を通し、選りすぐりのお気に入りを一層美しく見せてくれます。落ち着きのあるダークトーンに黒のレザーソファがシックな印象に。レトロな応接間を思わせるインテリアは、北欧のそれとはまた異なる丁寧な暮らしを作り出してくれることでしょう。

    和製レザーソファのインテリア例はこちら

アンティークレザーソファでワンランク上のインテリアを楽しもう

部屋の中でも主役的存在感があるソファ。そのソファにアンティークレザーソファを選ぶとこなれた印象に仕上がります。アンティーク品は独特のやわらかさと、今のスタイルにしっくりと馴染むのが魅力の一つと言えます。今までのコーディネートを大きく崩すことなく、おしゃれで居心地の良い空間づくりをかなえてくれます。 アンティークレザーソファを生活に取り入れると、それだけでワンランクアップしたインテリアコーディネートになること間違いなしですよ。


店舗・ショップの情報はこちら