国内外のアンティーク家具が最大20%OFF!

店長がお答え! 新型コロナウィルス対策って何かしているの?

 縮小営業・お電話窓口休止のお知らせ

日本で一番あなたのわがままを叶えるアンティーク家具屋

アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

選ばれる理由

リメイク

オーダー家具

家具買取サービス

» 全商品一覧を見る

照明・ランプ・ライト

価格

円 〜

mm 〜 mm

高さ

mm 〜 mm

奥行き

mm 〜 mm

シェード

700

ラフジュ工房では、和洋の様々なアンティークシェードを取り扱っています。
フランスやイギリスのアンティークシェードを輸入してきたものには、部分的にすりガラスになっているもの、プレスガラスを使用したもの、フリルのように波打ったデザインもの等、繊細なデザインのものが多く、色もカラフルなものが多くあります。
和製のものになると、磁器のもの、ミルクガラスと言われる乳白色のガラスのものの他にも、ホーローやアルミのものがあり、シンプルでどんなお部屋にも合うのが特徴です。
レトロモダンなカフェ風やナチュラルテイストなど、現代のお部屋にも気兼ねなく取り入れられますよ。
当店では、電気機器類の専門担当者が、照明一点一点の自主検査を法令に基づいて行っています。
その際に、ソケット部分が使用に適さないと判断した場合には、新しいソケットへの交換を行っております。
元々のシェードの雰囲気に合った、アンティーク調のソケットを選んでおりますので、雰囲気を損なう心配もありません。
どうぞ安心してご使用下さいませ。

失敗しないアンティークシェードの選び方を知りたい方はこちら


3色の商品タイプのマークについて

シェード

 

 

 

 

 

新しいものと組み合わせて楽しめるアンティークシェード

自分好みの空間作りにアンティークシェードを取り入れてみてはいかがでしょうか。シェードだけで販売されている場合は、手持ちの照明器具と組み合わせて楽しむことができます。デザインや素材によって灯りの雰囲気が違って感じられるのがアンティークシェードの魅力です。この記事では、アンティークシェードのデザインや素材が灯りの見え方にどのように影響するかを解説します。

アンティークシェードの種類は豊富!

アンティークシェードは種類が豊富です。デザインもさまざまなうえにたくさんの素材があります。素材とデザインの組み合わせが多いので、贅沢にこだわって選ぶとよいでしょう。アンティークシェードの代表的な素材は、ガラス、ホウロウ、布、アイアン、陶器です。ほかにも、ビーズや和紙、木などでできたものもあります。ガラスと言っても、色や透明度がさまざまです。アンティークシェードによく使われるものだけでもクリアガラス、ミルクガラス、すりガラスなど種類が多く、製法の違いによって灯りの透け具合がまったく異なります。 デザインも丸みを帯びて縁にフリルがついているようなものから、ストレートでシンプルな形のものまでいろいろあります。アンティークとして出ているシェードの多くはイギリス製やフランス製のものです。

素材とデザインで光の広がりを調整

同じペンダントライトでも異なる素材やデザインのシェードを付けてみると、光の広がり方が変化します。たとえば、リネンや紙製のような光が透けて見えるシェードは、全体的にぼんやりとした柔らかい雰囲気になります。しかし、ホウロウ製のものなど、シェード越しには光が透けない素材の場合には、電球から出た光が上方へ拡散することがありません。そのため、電球から出た光はシェードの内側で跳ね返り、すべて下向きの光になります。スポットライトを当てたように真下だけを明るく照らせるのが特徴です。 透明度が高くカッティング模様が入ったクリアガラスのシェードを利用すると、光だけでなく、部屋の雰囲気も変えられます。シェードを通して灯りが部屋全体に広がるからです。壁にもシェードの模様が浮かび上がるようになるので、シェードの模様を選ぶことで部屋の雰囲気を変えられます。ただし、全体に光が拡散してしまい、真下がかなり暗くなるので注意が必要です。

陶器製のシェードは、透ける素材ではないのにシェード自体もかなり明るく光ります。しかも、光がシェード越しに拡散するわけではないので、真下も明るくなるのが特徴です。ミルクガラスのシェードは、柔らかい光になりますが、リネンや紙のシェードのようなぼやけた印象にはなりません。部屋をよりナチュラルな雰囲気にできます。 ビーズや色付きのガラスのような個性的なシェードを選ぶと、デザインによって壁に模様や色が映るので、幻想的な空間を作り出すことが可能です。シェードが電球を覆わないタイプを選ぶと、下向きの光がシェードの影響を受けにくいので、部屋全体を均等に照らすことができます。灯りの下で作業をするのであれば、陶器製のシェードやホウロウ、ミルクガラスのシェードがおすすめです。

アンティークはガラスシェードが人気

アンティークシェードは、素材によって汚れや傷みが出やすくなります。とくに、布や紙でできているものは、時間の経過とともに劣化しやすいので、よい状態で残るケースはまれです。そのため、アンティークシェードとしてはガラス製のものが人気になる傾向があります。とくに人気の高いのが、オパールセントガラス、ヴァセリンガラス、ミルクガラスの3つです。

オパールセントガラスは、19世紀末、アメリカの宝石商ティファニーによって開発されたガラスです。艶を抑えた半透明な青っぽい乳白色のガラスです。酸化金属を加えることで、光の当たり具合によって虹色の光を放つようになります。ヴァセリンガラスは、1800年ごろにボヘミアで発明されたガラスで、ブラックライトを充てると蛍光色に光り輝きます。微量のウランを含むのでウランガラスともいいます。ミルクガラスは、3種類の中でもっとも古く14世紀にヴェネチアで作られたガラスです。不透明で白色なので、ミルクガラスと名付けられました。明から渡った陶磁器の影響を強く受けています。これらのガラスは、シェードに光が当たったときに美しく見えるのと同時に、光を美しく見せられる点が人気です。

通販で購入する際はここがポイント



アンティークシェードを通販で購入する際には注意しなければならない点があります。まず、必ず画像が豊富で確認しやすいものを選ぶことが大事です。1点だけの画像だと、見えない部分に傷や汚れがある場合があります。アンティークであれば何かしら注意点があるのが普通ですから、注意点についての明記があることにも重要なポイントです。 修理を済ませてあるなど、きちんとコンディションを整えてあるかどうかもチェックしましょう。見つけたそのままの状態で出品されているものは、購入した後、使える状態にするまでが大変です。もちろん、アンティークは1点ものが多いので、梱包や配送に気を配っているかどうかも注意しなければならないでしょう。アンティークシェードを通販で購入するのであれば、アンティーク専門店を選んで購入することも大事です。専門店はアンティークの扱い方について高い知識があります。手に入るまでにコンディションが悪くなってしまっては意味がありません。アンティークについて十分な知識を持った専門店から購入するようにしましょう。