商品のストリップド(無塗装仕上げ)承ります

日本で一番あなたのわがままを叶えるアンティーク家具屋

アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜16:00 定休日:土・日・祝

選ばれる理由

リメイク

オーダー家具

家具買取サービス

» 全商品一覧を見る

絨毯・ラグ

価格

円 〜

mm 〜 mm

高さ

mm 〜 mm

奥行き

mm 〜 mm

フリーワード

この条件で検索

TOP> 絨毯・ラグ

絨毯・ラグ

51

アンティーク絨毯・ラグは、今から約100年以上前に作られた古い敷物。もっと年代が新しいものは、オールド絨毯、ヴィンテージラグなどと呼ばれます。上質で人気の高いアンティーク・ヴィンテージ絨毯といえば、ペルシャ絨毯やキリム、ギャッベ、中国段通など。住まいの寒さや暑さをしのぎ、さらに空間を美しく装飾するため、手間をかけて贅沢な絨毯が作られました。
ラフジュ工房では、そんなアンティークやヴィンテージ絨毯、現代物の中古ラグを通販で販売しています。現代まで残っているヴィンテージ・アンティーク絨毯は、もともとの作りがよく、経年変化により素敵な味わいが出ているのが大きな魅力。また、中古絨毯であれば、手織りの高級絨毯でも、よりお手頃な価格で購入できます。ジャンク品以外は、きれいに洗浄・クリーニングを施し、実用できるものばかりですので、どうぞ安心してお使いください。


失敗しないアンティーク絨毯・ラグの選び方を知りたい方はこちら



3色の商品タイプのマークについて

絨毯・ラグ

`

 

 

 

 

 

アンティーク絨毯・ラグはおしゃれな部屋づくりの強い味方!好みの一点を見つけよう

アンティーク絨毯・ラグは、個性の光る美しいデザインが豊富で、ついつい惹かれてしまいますよね。古いものでも、クリーニング済みで販売されているのは、もちろん実用も可能です。使い込まれた温かみがあって、部屋のおしゃれなアクセントになりますよ。
ただ、アンティーク絨毯・ラグは、幅広い種類があって、耳慣れない名前も多く、どれが良いか迷ってしまう方も多いかと思います。そこでここからは、アンティーク・中古絨毯の種類や選び方などを詳しくご紹介していきますよ。これを読めば、どんな絨毯がいいかイメージがはっきりしてくるはずです。ぜひ、絨毯・ラグ選びにお役立てください。

アンティーク絨毯・ラグの種類!気になるデザインを探そう

  • ペルシャ絨毯
    (イラン産)のオールド
    ・アンティークラグ

    ペルシャ絨毯は、古代ペルシャ(現在のイラン)で作られ、現在も続く手織り絨毯のこと。羊毛や綿、絹などで織られ、アンティーク品で状態が良いものは極めて人気。長い歴史のなかで他国の絨毯デザインにも大きな影響を与えた。

  • キリムの
    アンティーク絨毯・
    オールドラグ

    キリムはトルコ語での平織物という意味。遊牧民が制作していた織物で、一般的な絨毯よりも薄く、移動生活に便利だった。今もトルコやイランなど、幅広い地域の部族が生産している。オールド・アンティークキリムは素敵な味わいがあり、特に人気が高い。

  • ギャッベの
    アンティーク絨毯・
    オールドラグ

    ギャッベは、ペルシャ絨毯の中でも最も原始的な絨毯。上質な羊毛が使われており、毛足が長く、ふかふかの踏み心地と暖かさが特徴。オールド・アンティークギャッベは、毛並みが柔らかく、滑らかになっているのが魅力。

  • トルコの
    アンティーク絨毯・
    オールドラグ

    トルコは、イラン(ペルシャ)と並んで古くから絨毯の名産地。赤や青、象牙色を基調とし、上等な絹や羊毛で織られたものが多数。アンティーク品は希少価値が高く、非常に高価。平織のトルコキリムも人気。

  • ヨーロッパの
    アンティーク絨毯・
    オールドラグ

    ヨーロッパの絨毯は、北欧やスペイン、フランス、イギリス製などがあり。最も歴史が長いのはスペイン。ペルシャ絨毯やトルコ絨毯の影響を受けて独自のデザインが発達した。

  • 中国の
    アンティーク絨毯・
    オールドラグ

    中国の絨毯は、中国段通(だんつう)が人気。「段通」は中国語で手織物を指す言葉で、中国製の手織物を中国段通と呼ぶ。パイルを絵柄に沿ってカットし、立体的に仕上げているのが特徴。ペルシャ絨毯と並んで高級絨毯として有名!

  • 日本の
    アンティークラグ・
    油団

    日本は高温多湿なため、絨毯はあまり使われず、反対に冷感をもたらす敷物として油団が作られた。ただ、一部では、中国段通の影響を受けて段通が生産された地域も。現代では、和製アンティークの絨毯はほぼ手に入らない。

  • モダンな
    現代物の
    絨毯・ラグ

    アンティーク・オールドのラグや絨毯は、豪華で緻密な文様が入ったものが多いが、20世紀に入ると伝統に囚われない自由なデザインが数多く生まれた。機械織りで価格が手頃なものから、手織りの伝統を受け継いだものまでさまざま。

絨毯・ラグの歴史と、アンティーク絨毯を選ぶ際のチェックポイント

絨毯・ラグの歴史は、遥か昔の紀元前に始まり、イランとトルコを中心に製作されていました。そこから、エジプトや北アフリカ、ヨーロッパ、インド、トルキスタンなどへ持ち込まれ、世界へ普及していったそう。特にペルシャ(現イラン)のサファヴィー朝時代(1506〜1736年)は、王立の絨毯工房が作られ、非常にクオリティの高い絨毯が作られました。これらの時代に作られたアンティークペルシャ絨毯は、少数ですが現存しているものもあり、切れ端などでも高額で取引されています。

手織りのアンティーク絨毯・ラグは、実生活で何度も踏まれることで結び目が硬く頑丈になり、色も良い味わいが出るとされ、古いものほど価値が高いとされます。しかし、当然ながら、古いものほどダメージが蓄積していものが多く、ダメージがあるほど価値は下がります。
そのため、アンティーク絨毯の中には、新品の絨毯を化学洗浄して脱色させて古く見せていたり、ダメージ部分をわからないよう見繕って販売しているものもあります。きちんと専門家の手で修理されたものならいいですが、知識のない方が修理したものだと、そこだけ色が違ったり、使ううちに色が浮いてしまうこともあるため要注意です。
そのため、アンティーク絨毯・ラグを購入する際は、アンティークの専門店から購入すること、絨毯の状態についてくまなく確認することが大切ですよ。

ペルシャ絨毯・キリム・ギャッベの違いは?

現代でも人気の絨毯・ラグである「ペルシャ絨毯」「キリム」「ギャッベ」。どう違うのか、混乱してしまう方も多いかと思います。これらは実は、産地や織り方に違いがあるものなんです。

ペルシャ絨毯は、イランで作られる手織り絨毯の総称。ペルシア王朝だった時代に作られはじめ、現代まで続く織物です。

キリムは、イランやトルコ、アフガニスタンなど幅広い地域で作られる、平織物のこと。平織りとは、経糸と緯糸を交互に交差させて作る織物です。そのため、イランで作られたキリムだと、ペルシャ絨毯の一種でもあります。
ところで、平織りではないペルシャ絨毯はどんな織り方なのかというと、織り機に張った経糸に、羊毛や絹の紡ぎ糸を回し結ぶ「手結び」によって製作されます。結び方は、ペルシャ結びやトルコ結びといった種類がありますが、現在では名前に関係なく、各地域ごとにさまざまな結びが用いられています。キリムは、糸を結ばずに縦横に交差させるだけなので、手結びで作られた絨毯よりも、薄くラフな印象で、デザインもカジュアルなものが多いです。

また、ギャッベは、手結びによって編まれる絨毯の中でも、結びの数が少なく、毛足が長いのが特徴。ギャッベはペルシア語で「ざっくりとした」という意味です。目が詰まっていないことで、柔らかくて軽い質感を出しています。高級感というよりは、レトロな温かみが感じられるデザインです。

良い絨毯・ラグの判断基準とは?ノット数や素材に注目

一般的に絨毯の良し悪しは、特定の範囲内にある結びの数(ノット数)で判断します。細い糸で緻密に織られた絨毯ほど、制作に手間がかりますが、その分きめ細かい模様に仕上がります。高価なペルシャ絨毯は、このノット数が高いものが中心です。緻密な模様で高級感のある絨毯が欲しい方は、ノット数を一つの目安とするといいでしょう。

先ほどご紹介したギャッベは、このノット数が少ないものが中心。また、キリムは平織なので、この基準には当てはまりません。これらは、原料となる糸や染料、織りの丁寧さなどによって質の良し悪しが判断されます。糸は羊毛の中でも良い部位が使われているか、染料は草木染めなど天然染料を使っているかなどによって、価格が上下するんです。希少で良質な糸や染料が使われたものほど、手触りや優しい色合いが楽しめますし、値段も高価です。そのため、ギャッベやキリムを選ぶ際には、気に入るデザインがどうかはもちろん、その素材や染め方にも注目してみてくださいね。

絨毯・アンティークラグのデザイン

続いては、絨毯・アンティークラグのデザインについてご紹介します!基本的なパターンをご紹介しますので、ぜひ好きなものを探してみてください。

幾何学文様の絨毯・アンティークラグ

幾何学模様の絨毯・アンティークラグは、直線や多角形、円など単純な図形が繰り返し配置されているのが特徴。カジュアルなものから高級感のあるものまで、幅広く、クラシカルなインテリアだけでなく、モダンなインテリアとも相性が良いのが魅力です。

幾何学文様の絨毯には、代表的なモチーフがいくつかあります。例えば「ギュル」と呼ばれる模様は、花をモチーフとした横長の菱形の模様。ギュルは、ペルシア語で花を意味します。ギュルは、各地域に特有のものがあり、ペルシャや中央アジアなど幅広い地域の絨毯に見られます。
スターは、キリムでよく目にするモチーフ。八つの角がある八芒星(はちぼうせい)型のものや、ダイヤ型のものなどがあります。

花柄文様の絨毯・アンティークラグ

曲線的な花柄模様の絨毯・アンティークラグは、15世紀末に生まれ、16世紀頃にイランを中心に発展したもの。イランは、平野部がわずかで、厳しい山々や砂漠の多い土地だったことから、庭園こそが楽園であると考えられてきました。そのため、優雅で美しい花柄の絨毯が生まれたそうです。

花柄の絨毯・アンティークラグには、二股に分かれた花をモチーフとしたアラベスク文様や、蔓草をモチーフとしたイスリム文様、糸杉をモチーフとした糸杉文様、花を生けた花瓶をモチーフとした花瓶文様など、さまざまなものがあります。どれも上品かつ華やかで、クラシックなインテリアや、モダンなエレガントインテリアなどにおすすめです。

礼拝用絨毯・アンティークラグ

礼拝用絨毯・アンティークラグは、イスラム諸国で使われてきた、礼拝場所を清めるための敷物。イスラム教の寺院モスクをモチーフとした「メヘラブ」という模様が編まれています。角形アーチのシンプルなものから、モスクを緻密に描いたものまで幅広くありますよ。コンパクトなサイズ感で、部屋のアクセントにおすすめです。

絵画風絨毯・アンティークラグ

絵画風絨毯・アンティークラグは、人や動物、風景などをモチーフとした敷物。絵柄は、日常生活や歴史、神話に基づいたものが中心です。西洋の織物によく見られるデザインで、敷物としてだけでなく、壁にかけてタペストリーとしても用いられていました。絵画のような見応えのある作品が多数あります。

動物文様の絨毯・アンティークラグ

動物模様入りの絨毯・アンティークラグは、産地に生息する動物を描いたものが中心。幾何学模様のように様式化したものや、写実的に描いたものがあります。特に鹿やライオン、ヒョウ、ウサギ、馬などが多く登場します。鳥は、良い知らせを運ぶ動物として人気のモチーフです。

コンテンポラリーな絨毯・ラグ

現代のモダンな絨毯・ラグは、伝統的なデザインやモチーフに捉われず、抽象的な模様と印象的な色使いで構成した作品が多く生まれています。織り職人と芸術家やデザイナーが一体となって製作しており、クラシカルな絨毯とはまた違った、現代的なデザインが楽しめますよ。

また、インテリアメーカーが機械織りで製作している絨毯・ラグは、手織りの絨毯よりもぐっとお手頃な価格で、モダンなインテリアに合わせやすいデザインが揃っています。手織りの絨毯のような味わいや一点ものの特別感などはありませんが、価格と品質のバランスが良いのが魅力です。

アンティーク絨毯・ラグの色に注目!それぞれの特徴を紹介

アンティーク絨毯・ラグは、色によって部屋の印象が大きく変わります。どんな色が良さそうか、ここで検討してみましょう。

  • 白・ベージュ系の絨毯・アンティークラグ

    絨毯・アンティークラグの中でも特に人気なのが、白やベージュ系の敷物。ナチュラルテイストからアンティークスタイルまで、幅広いインテリアになじみやすく、明るく広々とした印象を演出できます。

  • ブラウン系の絨毯・アンティークラグ

    ブラウン系の絨毯・アンティークラグは、落ち着いたナチュラルスタイルやアースカラーのインテリアに人気の色。白系よりもシックで大人っぽい印象で、高級感のある部屋づくりができます。木製家具やグリーンとの相性も抜群です。

  • グレー系の絨毯・アンティークラグ

    グレー系の絨毯・アンティークラグは、実は幅広い色と相性が良く、部屋の脇役として空間になじみやすいのが特徴。モダンなインテリアにも、アンティークスタイルにもどちらにもおすすめの、大人っぽいカラーです。

  • 黒系の絨毯・アンティークラグ

    黒系の絨毯・アンティークラグは、高級感たっぷりのシャープなインテリアにおすすめ。メリハリのある部屋づくりができ、また、汚れなどが目立ちにくいのが魅力です。ペルシャ絨毯なら特に、ゴージャスで華やかな空間づくりができますよ。

  • 赤系の絨毯・アンティークラグ

    赤系の絨毯・アンティークラグは、華やかな存在感が魅力。キリムやギャッベなどのかわいらしいデザインもあれば、手結びのペルシャ絨毯のような気品高いデザインもありますよ。
    ちなみに赤色は、温かみがあって心を高揚させる色なので、リビングや寝室などリラックスしたい場所にはあまり向きません。玄関などにコンパクトに取り入れる方がおすすめです。

  • 青・グリーン系の絨毯・アンティークラグ

    青・グリーン系の絨毯・アンティークラグは、デザインによって上品さもカジュアルさも、どちらも感じられる個性的なカラー。赤系と同じく、レトロでかわいらしいキリムのようなデザインもあれば、高級感漂う華やかなデザインもあります。爽やかで個性の光るインテリアを楽しみたい方におすすめです。

アンティーク絨毯・ラグの形とサイズはどうする?用途に合わせて選ぼう

続いては、アンティーク絨毯・ラグの形やサイズに注目してみましょう。絨毯は、実はサイズごとに呼び方が決まっています。1畳以下の小さなものはマット、3畳以下のものはラグ、それ以上のものはカーペットと呼ぶのが基本です。明確に区別していない店舗もありますが、通販で探す際は、検索するキーワードとして頭に入れておくと探しやすいですよ。続いて、それぞれの特徴を簡単にご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

  • 小ぶりなアンティーク・中古マット。玄関・キッチン・洗面所などの絨毯におすすめ

    アンティークマットは、玄関やキッチン、洗面所、センターテーブルの下など、ちょっとした場所に置きやすい小ぶりなサイズ感のもの。サイズが小さい分、価格もお手頃でアンティークの敷物を初めて購入する方に人気のサイズです。
    アンティークマットは、小さいサイズなので、個性的な色柄のものに挑戦するのもおすすめ。部屋のおしゃれなアクセントになりますよ。

  • 中くらいのアンティーク・中古ラグ。リビングや書斎の絨毯に

    アンティークラグは、リビングや書斎などの一部に敷くのにちょうどいいサイズ感。形状は、長方形や正方形、円形などがあり、部屋の形に合わせて選べます。丸いラグは、空間から際立つ形で、より賑やかで個性的な雰囲気を演出できますよ。
    総柄の絨毯だと、広範囲に緻密な柄が織られていて、なんとも贅沢な部屋づくりができます。華やかな色のものも素敵ですが、自宅のリビングに取り入れるなら、ベージュやブラウンなどを基調とした落ち着いたものの方が人気を集めています。

  • 大きなアンティーク・中古カーペット。広々としたリビングの絨毯に

    アンティークカーペットは、4畳以上のサイズが中心。リビングだと、ソファなどの下にまで広々と敷けるサイズ感です。床面積を大きく占めるので、絨毯のデザインによって部屋の雰囲気を大きく変えることができます。上質なアンティークカーペットを使えば、高級感や古い味わいをたっぷりと堪能できますよ。
    また、大きな絨毯は、高級ブランドの新品だと数百万の値段が付くものもありますが、中古品なら1/10ほどの価格で購入できます。高級絨毯をお得に手に入れたい方は要チェックです。

アンティーク絨毯・ラグを用いたインテリア実例

最後に、アンティーク絨毯・ラグを取り入れたインテリア実例をご紹介します。ぜひ、部屋づくりの参考にしてみてくださいね。

  • ベルギー製ヴィンテージ絨毯で、高級感漂うアンティークダイニング

    こちらは、ベルギー製のヴィンテージ絨毯を取り入れた、アンティークダイニングのインテリア例。家具はイギリスアンティーク家具でコーディネートして、高級感の漂う華やかな空間に。美しいヴィンテージ絨毯が部屋を何倍も上質に演出してくれています。
    ダイニングに絨毯を敷くと、食事の際に足元が冷えにくく、椅子で床が傷つくことを防げるのが魅力。食べこぼしで汚してしまった際は、薄めた中性洗剤を布に含ませて、トントンと叩くように優しく掃除すれば大丈夫です。

    ヴィンテージ絨毯を取り入れた、アンティークダイニングのインテリア例はこちら

  • イラン製ペルシャ絨毯をアクセントに。個性が光るミックススタイルのリビング

    こちらは、イラン製のペルシャ絨毯を取り入れた、ミックススタイルのインテリア例。赤と黒の紋様が印象的なペルシャ絨毯を使って、エスニックな雰囲気漂う空間になりました。
    こちらの部屋で使った家具は、イギリスや北欧、日本などのアンティーク・ヴィンテージ品。古今東西の家具をミックスして、賑やかで味わい深いインテリアを楽しんでいます。

    古いペルシャ絨毯を取り入れた、リビングのインテリア例はこちら

  • ペルシャ絨毯とイギリスアンティーク家具で作る、クラシカルなリビング

    こちらも、イラン製のペルシャ絨毯を使った、アンティークリビングのインテリア例。イギリスアンティーク家具を使って、クラシカルで異国情緒漂う空間にまとめました。古いペルシャ絨毯は、アンティークソファやトランクテーブルなど、個性の光るクラシック家具とも相性ぴったりです。

    ペルシャ絨毯とイギリスアンティーク家具を取り入れた、クラシカルなリビングインテリアはこちら

アンティーク絨毯で贅沢で個性の光る空間づくり。ラグで印象が大きく変わる!

アンティーク絨毯・ラグは、贅沢で個性の光る空間づくりをするのにぴったりのアイテム。上質な絨毯を使えば、部屋が何倍もおしゃれにセンスよく見えます。ぜひ、ご紹介した内容を参考に、気になるアンティーク絨毯・ラグを探してみてくださいね。
当店のアンティーク絨毯・ラグは、全体を強力な洗浄機を使ってクリーニングし、さらに汚れが気になる箇所は手作業でしっかりと掃除してから販売しています。どれも住まいに実用的に取り入れられる品質ですので、安心してご利用ください。クリーニングでは取り除けない傷や汚れがある場合は、商品ページに詳細を記載していますので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。


店舗・ショップの情報はこちら