送料無料

アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

セール

オーダー

» 全商品一覧を見る

TOP> 椅子・チェア> 回転イス

回転イス

現代のチェアではなかなか見られないレトロな佇まいが魅力のアンティーク回転イス。座面をくるりと回転させることで座ったまま身体の向きが変えられ、また、立ったり座ったりの動作も楽に行えるので、様々なシーンで活躍してくれるお品です。アンティーク家具ラフジュ工房では、大正~昭和期に作られた和製アンティークを中心に、背もたれ付きのドクターチェアからシンプルなシルエットのスツール型まで様々な種類のアンティーク回転イスをご用意しております。アームや背もたれの有無、座面の素材などをじっくり見比べて、自分好みの一品を探してみてくださいね。
アンティーク回転イスを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、「座面の高さ」です。アンティーク回転イスの中には座面を回転させることで高さを調整できるタイプのものもあります。気に入ったデザインのものを見つけた際には、高さ調整が可能なのか、可能な場合はどれくらい調整が出来るのかなどを確認して、合わせたいテーブルやデスクとの相性をチェックしておくと良いですよ。

絞り込み商品検索

商品カテゴリ:回転イス
アイテム:指定無し
その他条件:指定無し
高さ:指定無し  幅:指定無し  奥行:指定無し

検索結果

133

商品が見つかりました

回転イス

ひと味違うおしゃれなお部屋に!アンティーク回転イスのある暮らしはいかが?

アンティークの回転イスの魅力は、なんと言っても現代のチェアではなかなか見られないレトロな佇まい。温もり溢れる和製アンティークの木製回転イスから、インダストリアルな雰囲気漂う工業系の金属製回転イスまで、個性豊かなデザインをお楽しみいただくことができ、お部屋にアンティークならではのおしゃれな雰囲気を与えてくれますよ。ここでは、そんなアンティーク回転イスの種類や、選ぶ際のポイント、インテリア例を一挙にご紹介!ぜひご一読して、アンティーク回転イスの魅力にたっぷりと触れていってくださいね。

お好きなデザインは?豊富なアンティーク回転イスの種類

  • 大正ロマンな
    アンティーク回転イス

    透かし彫りが上品な大正期に作られた回転椅子

  • 昭和レトロな
    アンティーク回転イス

    レトロで温かみのある昭和期に作られた回転椅子

  • 子供用の
    アンティーク回転イス

    子供に合わせた小振りなサイズの回転椅子

  • ホワイトペイントの
    アンティーク回転イス

    白色のアンティークペイントが施された回転椅子

  • スツール型の
    アンティーク回転イス

    背もたれのないすっきりとした回転椅子

  • 合皮の
    アンティーク回転イス

    当時物の合皮がジャンク感溢れる回転椅子

  • 工場の
    アンティーク回転イス

    工場で使われていたインダストリアルな回転椅子

  • 床屋の
    アンティーク回転イス

    床屋で使われていたどっしりとした回転椅子

  • 板座の
    アンティーク回転イス

    古い木の質感と鉄脚がシャビーな板座の回転椅子

  • キャスター付きの
    アンティーク回転イス

    脚にキャスターが付いた移動させやすい回転椅子

  • ラタン編みの
    アンティーク回転イス

    ラタン編みのハイバックがおしゃれな回転椅子

アンティーク回転イスに使われる木材4選!

  • ナラ材のアンティーク回転イス

    堅い質感と虎斑が特徴のナラ材製の回転椅子

  • オーク材のアンティーク回転イス

    落ち着いた色味で重厚感のあるオーク材製の回転椅子

  • カバ材のアンティーク回転イス

    緻密で上品な風合いの肌目が魅力のカバ材製の回転椅子

  • ケヤキ材のアンティーク回転イス

    力強い杢目が重厚感を醸し出すケヤキ材製の回転椅子

おしゃれなアンティーク回転イスで暮らしをより楽しく彩ろう!

クラシカルな大正ロマンスタイルのものから、工場で使われていたインダストリアルなものまで、バリエーション豊かなアンティーク回転イス。似たようなデザインのものでも、透かし彫りの意匠が違ったり、高さ調整が出来るものとそうでないものだったりとありますので、ぜひ細部にまで注目して見比べてみると良いですよ。 また、身体を預けるチェアで気になるのはやはり座り心地ですよね。使われている木材や座面の素材の種類も豊富ですので、自分に合ったものはどれかをしっかり考慮しながら探してみてくださいね。

シーン別!アンティークコーナーラック・コーナーキャビネットを取り入れたインテリア例

気になる安全性は?アンティーク回転イスのがたつきをチェック!

アンティークの回転イスは、その古い味わいが魅力。しかし古いものであるために、長年の使用のうちに少しずつ積み重なった消耗があるものです。アンティーク回転イスの購入時には「がたつき」がないか、きちんとリペアが行われているかを入念にチェックするようにしましょう。

1本の脚が床から浮き、がたがたと段差があるように感じられる場合には、「がたつき」がある状態であると考えられます。古い椅子にはよく見られる時間の経過に伴う全体的な歪みが原因であり、安全性に直接の影響はありませんが、座り心地としては気になるところ。ご自分で市販のクッション材を脚の下に挟んだり、購入したショップに相談して調整してもらったりなどで対処するようにしましょう。 アンティーク家具ラフジュ工房では、このような「がたつき」もしっかりとリペアしてアンティーク回転イスを販売しております。また、購入後のアフターメンテナンスも承っておりますので、気になる点がございましたらお気軽にご相談くださいね。

使いやすい高さは?アンティーク回転イスの高さ調整機能をチェック!

アンティーク回転イスをテーブルやデスクと合わせて使おうとお考えの場合に注目してもらいたいのは、やはり「座面の高さ」です。個人の体格差により多少の誤差はありますが、一般的にはテーブルの天板とチェアの座面の高さの差が25~30cmだとベストと言われています。ご自分が使いやすい高さを一度確認しておくと良いですよ。

アンティーク回転イスの中には高さを調整できるタイプのものもございます。気に入ったデザインのものを見つけた際には、高さ調整が可能なのか、可能な場合はどれくらい調整が出来るのかなどを確認して、合わせたいテーブルやデスクとの相性をチェックしてみてくださいね。 また、構造上、座面を高くしすぎるとぐらつきが大きくなります。商品ページには安全にご使用いただける高さを確認して寸法を記載しておりますので、参考にしてくださいね。

アーム付き?スツール型?アンティーク回転イスのデザインをチェック!

ゆったりとくつろげるアーム・背もたれ付きのものから、すっきりとコンパクトなスツール型のものまで様々なデザインのものがあるアンティーク回転イス。使用したい場所や用途によって、どんなデザインのものを選ぶのかも変わってきますよね。

書斎やアトリエのワークチェアとして使いたい、という方におすすめなのは、やはりアーム・背もたれ付きのアンティーク回転イスです。疲れた時には身体を預けてほっと一休みできるだけでなく、デザイン性に優れたものも多く、レトロで愛らしい意匠がおしゃれなワークスペース作りに活躍してくれますよ。ただ、デスクの天板とアームの高さが同じで天板の下にしまい込むことができない、ということもありますので、デスク周りのスペースは充分かしっかりと確認しておきましょう。

対してスツール型のアンティーク回転イスは、シンプルですっきりとしたシルエットが魅力。テーブルの下にもさっとしまいやすいので、食事の準備などなにかと動き回ることの多いダイニングにおすすめです。背もたれがないので視界を遮らず、圧迫感が少ないのも嬉しいポイント。スペースの限られたお部屋にアンティーク回転イスを取り入れたいという方にもおすすめですよ。

お好みの座り心地は?アンティーク回転イスの座面の素材をチェック!

■布張りの座面
アンティーク回転イスは、座面に使われている素材も様々です。素材によってチェアの印象や座り心地も変わってきますので、じっくり見比べて自分好みのものを探してみてくださいね。 布張りの座面のメリットは、クッション性があり長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいというところ。ただし柔らかすぎるものだと身体が沈んでしまい、却って負担が増えてしまいます。ワークチェアやダイニングチェアとして使用する場合にはある程度の硬さのあるものをおすすめしますよ。

■板の座面
板座面のアンティーク回転イスは、シンプルでどんなテーブルにも合わせやすい佇まいが魅力。使い込まれた木材の風合いを存分にお楽しみいただけますよ。また、硬い板座はお尻が沈まず、座った時に無意識に姿勢が良くなるというメリットがあるんです。長時間の作業で腰を痛めがちという方は、ぜひ板座のタイプのものも選択肢に入れてみてくださいね。

こだわりのアンティーク回転イスを取り入れたおしゃれなインテリア例をご紹介!

Point1ではアンティーク回転イスの種類をざっとご紹介いたしましたが、いかがでしたか?たくさんの種類があって、「どうやって選んだらいいんだろう?」と悩んでしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。そのような方のために、続いてご紹介するのは、アンティーク回転イスを選ぶ際にチェックしておきたいポイントです。「がたつき」「高さ」「デザイン」「座り心地」についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • シックな木色のアンティーク回転イスで淡い色を引き締めるシャビーシックなダイニング

    淡い色のペイント家具でシャビーシックスタイルを取り入れた、さわやかなダイニングです。ブラックペイントのダイニングテーブルをアクセントとして組み合わせることで、女性的な雰囲気にカジュアルさが加わり、みんなが過ごしやすい空間へとなりますよ。また、テーブルと合わせて濃い木色のアンティーク回転イスをダイニングチェアに。デザインのベースが同じこともあり回転イスとウィンザーチェアの相性は良く、こうして一脚だけ交ぜてもむしろよりおしゃれな印象を生み出してくれますよ。爽やかで家族みんなが落ち着いてくつろげるお部屋に仕上がりました。

    シックな木色のアンティーク回転イスを取り入れたインテリア例はこちら

  • 上品なアンティーク回転イスとアンティークオルガンで作る素敵な音色が響くリビング

    アンティークのオルガンが目を惹く、音楽とアンティークを楽しめるリビングです。古い木味が美しいアンティークオルガンに、気品のある佇まいのアンティーク回転イスを合わせました。リビングに置くと存在が浮いてしまいがちな楽器も、似た木味や色味の家具と組み合わせることでインテリアに馴染んでくれますよ。回転イスは高さ調整が可能なタイプなので、老若男女問わず様々な人が演奏を楽しめます。その日の気分によってリビングと演奏スペースを仕切れるように、オルガンの隣にはパーテーションを。家族で思い思いの時間を過ごすことのできる、居心地の良い空間の完成です。

    上品な木味のアンティーク回転イスを取り入れたインテリア例はこちら

  • 変わった形の透かし彫りが目を惹くアンティーク回転イスを使った大正ロマンな書斎

    上品な大正ロマンスタイルの家具を主役にコーディネートをした、異国情緒溢れる書斎です。変わった形の透かし彫りがレトロなアンティーク回転イスは、重厚感のある和製アンティークのデスクとの相性も抜群。お互いを惹き立て、古き良き味わいが感じられます。デスク横には壁掛け型の本棚を設置。デッドスペースになりがちな空間を有効活用するだけでなく、くるりと座面を回転させればイスに腰を掛けたまま本に手を伸ばすことが出来ます。全体的にインテリアのトーンを抑え、落ち着いて作業に集中することが出来る空間を目指しました。

    変わった形の透かし彫りのアンティーク回転イスを取り入れたインテリア例はこちら

こだわり検索

アイテムから探す

商品タイプで絞り込む

 

特徴で絞り込む

                   

国で絞り込む

                 

テイストで絞り込む

                                     

使用シーンで絞り込む

                           

ブランドで絞り込む

                             

素材で絞り込む

                               

家具の色で絞り込む

                 

木の色味で絞り込む

         

価格から探す

サイズから探す(単位:mm)