アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

セール告知

オーダー

アンティーク家具TOP> アンティークソファ> アンティーク2人掛けソファ

アンティーク2人掛けソファ

2人掛けソファは、別名「ラブソファ」とも呼ばれています。
その名の通り、2人で一緒に座ればカップルや夫婦、親子、友達など、大切な人との距離がぐっと縮まります。それがアンティークのソファとなると、より一層特別感のあるくつろぎ場所になってくれるはずです。
アンティーク家具ラフジュ工房では、そんなゆったりとした時間を過ごせるおしゃれなアンティーク2人掛けソファを多数ご用意しております。クラシカルな本革製のイギリスビンテージ2人掛けソファや、スタイリッシュな北欧ビンテージ2人掛けソファ、昭和レトロな2人掛けソファなど豊富な種類がございます。
中でもすぐに売約済みになってしまうほど高い人気を誇るのは、大正ロマンデザインのアンティーク2人掛けソファです。もし大正ロマンスタイルの2人掛けソファをお探しでしたら、大正時代のアンティークソファを再現したアンティーク家具ラフジュ工房オリジナルソファがおすすめです。お客様のご希望サイズでオーダー制作したり、張地を選べるなど、アンティーク家具ラフジュ工房だからできる「選べる楽しさ」があります。オリジナルで制作する新品ですので、アンティーク家具が初めての方や苦手な方でも安心ですよ。

絞り込み商品検索

商品カテゴリ:2人掛けソファ
アイテム:指定無し
その他条件:指定無し
高さ:指定無し  幅:指定無し  奥行:指定無し

検索結果

78

商品が見つかりました

アンティーク2人掛けソファ

大切な人と一緒に座りたくなる、雰囲気たっぷりのアンティーク2人掛けソファ

ソファといえば、ティータイムや読書、テレビを見たりと毎日の暮らしに欠かせない存在です。二人暮らしでしたら、そこが「2人のくつろぎの場所」になるわけです。長い時間を供にする家具なので、せっかくならこだわりの1品を選びたいですよね。 そこでぴったりなのがアンティーク2人掛けソファ。アンティーク2人掛けソファでしたら、現代ものにはないデザインや、使い込まれた味わいが他にはない特別な空間を作り出してくれます。お気に入りのアンティーク2人掛けソファがお部屋にあるだけで、2人のくつろぎタイムがもっと楽しく、もっと素敵になること間違いなしですよ。 それでは、アンティーク2人掛けソファのデザイン・サイズ・インテリア例をまとめてチェックしていきましょう。アンティーク2人掛けソファを探す際の参考にしてみてくださいね。

イギリス・フランス・日本など世界各国で生まれたアンティーク2人掛けソファの様々な種類

  • アンティーク
    チェスターフィールド
    2人掛けソファ

    イギリス発祥の鋲打ちソファ。張地はレザー(本革・合皮)が多いがファブリックもある

  • フランスアンティーク
    2人掛けソファ

    上品で優美な雰囲気が特長のフランス製ラブソファ

  • イギリスアンティーク
    2人掛けソファ

    シックで品のある、クラシックなイギリス製ソファ

  • モダンスタイルな
    アンティーク
    2人掛けソファ

    レトロでポップなデザインのビンテージソファ。国はアメリカ、ヨーロッパ、日本など様々

  • 北欧アンティーク
    2人掛けソファ

    スタイリッシュだけどあたたかみのある北欧製ソファ

  • 大正ロマンデザインの
    2人掛けソファ

    和と洋のデザインがミックスされた、気品感じる大正時代のソファ

  • 和製アンティークの
    2人掛けソファ

    ノスタルジックで愛嬌のある、昭和時代のソファ

個性的な和製アンティークソファを探すなら、2人掛けがおすすめ

アンティーク家具ラフジュ工房では、イギリスアンティークソファや北欧アンティークソファなど、様々な国のアンティークソファを取り扱っています。その中でも特にラインナップ豊富なのが、日本の和製アンティークソファ。 当店の2人掛けソファを探すと、和製アンティークらしい素朴でやさしい雰囲気のソファを数多く見つけることができます。シンプルなデザインのものが多いので、和のテイスト以外のインテリアとも合わせやすいのが嬉しいですね。
ちなみに、一人掛けや3人掛けの和製アンティークソファは前述のとおりシンプルなデザインのものがほとんどですが、2人掛けの和製アンティークソファの場合は少々勝手が違います。背もたれに美しい透かし彫りが施されていたり、アームの形が他では見かけないユニークなものだったり、凝ったデザインのものと出会うことができますよ。 明治大正期、ソファはまだ市民の生活には縁遠く、裕福な上流階級の家や迎賓館などごく限られた場所で使われるのに留まっていました。その頃に作られたソファはほとんどが職人に作らせた特注品で、個性的で凝ったデザインのものが多いのが特徴的。 他の時代に作られた和製アンティークソファとはまた違った、和洋折衷な雰囲気が楽しめます。2人掛けの和製アンティークソファを探すと、こういったデザインのソファが見つかりやすいんですよ。 ノスタルジックな雰囲気漂う大正ロマンテイストなど、個性的なインテリアを作りたいなら和製アンティークの2人掛けソファは要チェックです。

レザーorファブリック?アンティーク2人掛けソファの張地の素材別メリット・デメリット

アンティーク2人掛けソファには、いろいろな張地があります。張地によって雰囲気は全く異なりますし、お手入れ方法も変わってきます。ここでは、アンティーク2人掛けソファに主に使われている4種類の張地のメリットデメリットをご紹介いたします! それぞれを比べて、自分の好みや暮らしに合った張地をチョイスしてくださいね。


  • 1.本革のアンティークソファ

    牛や羊、馬などの動物の革

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・強度が高く長く使える
    ・経年変化が楽しめる
    【デメリット】
    ・こまめなお手入れが必要

  • 2.合皮のアンティークソファ

    本革に似せて作った人工の革

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・柔らかく軽い
    ・汚れにくい
    【デメリット】
    ・本革より高級感が劣る
    ・本革より強度が低く劣化が早い

  • 3.ベルベット生地のアンティークソファ

    細かい毛を毛羽立たせて作った織物

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・肌触りが良い
    ・あたたかみのある印象
    【デメリット】
    ・摩擦により毛が抜ける
    ・ホコリがたまりやすい

  • 4.平織(ファブリック)生地のアンティークソファ

    縦糸と横糸を1本ずつ交差させる織物

    【メリット】
    ・カジュアルで親しみやすい
    ・通気性が良い
    ・掃除が簡単
    【デメリット】
    ・ホコリがたまりやすい

張地だけじゃない!2人掛けアンティークソファの雰囲気を左右するフレームの素材にも注目

ここまで張地の素材の話をしてきましたが、フレームのことだって忘れちゃいけません。フレームに使われている素材も、アンティークソファを選ぶ上では外せない重要なチェックポイントですよね。 2人掛けのアンティークソファのフレームの種類は大きく分けて2つ、木製フレームと金属製フレームに分類することができます。
木製フレームは、なんといっても木のぬくもり漂うやわらかな雰囲気が素敵ですね。ファブリック生地やベルベット生地など、柔和な印象の織物生地との親和性が高いのはもちろんですが、レザーとの組み合わせも魅力的です。 レザー特有の重厚な雰囲気に木材がやさしい味わいをプラスしてくれるので、レザーだけで覆われたソファよりもまろやかな印象になるのです。また、使われた木材ごとの木目や色味、経年による味わいが楽しめるのも、木製フレームのアンティークソファの醍醐味ですよ。 対して金属フレームは、金属特有の無機質な風合いがつくる、カジュアルでクールな佇まいが印象的です。メンズライクなインテリアづくりには、金属製フレームが使われたアンティークソファはうってつけですね。 ちなみに、金属フレームで使われることが多い素材はアイアンかステンレス。アイアンは錆びた質感や黒々とした重い色合いが無骨な雰囲気を、ステンレス製は鋼色のつるりとした表面がいっそうメカニックな印象を生み出します。 インダストリアルインテリアなど、ジャンクな趣が強いお部屋にはアイアン製、シックなモダンインテリアなどにはステンレス製のフレームがおすすめですよ。
アンティークの2人掛けソファを探す際は、張地の素材に加えて、フレームの素材にも注目してみてくださいね。

アンティーク2人掛けソファのサイズ別「密着度」を要チェック!

種類の紹介の後は、アンティーク2人掛けソファの「幅」に注目です。大人二人が座った場合の密着度の目安をソファの幅別に「高い・普通・低い」の三段階でご紹介。※幅はアームなどを含む全長です。暮らしの中でよく使うインテリアだから、2人にとって一番過ごしやすい距離感を選ぶのも重要です。どのサイズが合っているのかじっくりと吟味してみてくださいね。


  • 1.アンティークソファ全長:約1200mm

    【密着度】高い
    密着とまではいかないまでも、距離がとても近い大きさです。イメージとしては、映画館で並んだ時の距離感に似ています。1人用としてゆったりと座ったり、2人肩を並べておしゃべりやティータイムを楽しみたい方にぴったりのサイズです。コンパクトなので場所を取らないのも嬉しいポイントですね。

  • 2.アンティークソファ全長:約1400mm

    【密着度】普通
    一人一人のスペースは確保しながら、2人の距離は近すぎず遠すぎずの程よいサイズ感です。幅のイメージはダブルベッド。比較的お部屋にも取り入れやすい大きさで、かつ2人の距離感も丁度良いバランスのとれたサイズです。

  • 3.アンティークソファ全長:約1600mm

    【密着度】低い
    2人でゆったりと座れる、約2.5人分の大きさです。充分な広さがあるので、隣を気にせずに動くことができてストレスがありません。1人の時は、ソファの上で脚をのばしてゆっくり本を読んだりとくつろぎタイムにもぴったりのサイズ感です。

  • 4.アンティークソファ全長:約1700mm

    【密着度】低い
    2人ではかなり余裕をもって座れ、さらに3人でも座れるほどのたっぷりとした幅広サイズです。1人で使用する場合には、ごろんと横になりソファベッドとして「お昼寝タイム」なんてことにも使える大きさです。

アーム付きとアームレス、2人掛けアンティークソファにおける使い勝手の違いをチェック!

2人掛けのアンティークソファは、アーム付きのデザインが主流です。しかしながら、中にはアームレスのアンティークソファも存在します。アーム付きかアームレスか、自分にとってどちらのタイプが使いやすいのか、購入前にしっかり確認しておきましょう。
例えば1200mm前後のアンティークソファに座る場合、座っている人同士の距離感はかなり近くなりますので、アーム付きのものを選ぶのがいいでしょう。うっかりソファから転がり落ちる、なんていう事態も防げますし、左右のアームに体をもたれさせれば2人の間に空間が生まれますので、多少狭いスペースでもあまり気にせずにお座りいただけます。 お部屋のスペースが限られているために小振りなアンティークソファを探している方や、インテリアをすっきりまとめたい方には、やはりアームレスのアンティークソファがおすすめ。ものによってはアームが20cm以上幅を取るものもありますので、なるべくコンパクトにソファを使いたい方にはアーム付きはいささか不向きと言えます。 また、2人掛けのアンティークソファで悠々と寝転がりたいと考えている方も、アームが足や頭に当たらないアームレスソファがおすすめですよ。 アンティークソファ自体のサイズはもちろんですが、アームの必要性についても一度吟味してみるといいかもしれませんね。

アンティーク2人掛けソファがポイントの3つのインテリア例

  • チェスターフィールド2人掛けソファが目を引く、メンズライクなアンティークリビング

    チェスターフィールド2人掛けソファがアンティーク感を盛り上げる、ジャンクスタイルなリビングです。味のある錆が魅力のアイアン家具や、インダストリアルなアイテムをあちこちに散りばめて、「かっこいい」がたくさん詰まったお部屋に仕上がっています。そこにどんと置かれたアンティークのチェスターフィールド2人掛けソファの落ち着いた色味と重厚感のある佇まいが、部屋全体をキリッと引き締めてくれています。チェスターフィールドソファによって高級感もプラスされ、ジャンクさだけじゃない大人の魅力も感じられるリビングです。

    アンティークチェスターフィールド2人掛けソファを使ったジャンクなインテリア例はこちら

  • レトロな2人掛けソファがおしゃれなミッドセンチュリーリビングダイニング

    ポップでレトロな雰囲気が楽しい、明るいリビングダイニングです。ダイニングテーブルとダイニングチェア、センターテーブルとソファの脚を全てパイプで統一することで、まるでカフェのようなおしゃれで洗練された空間になっています。グレーの張地のソファが、明るい色のインテリアが集まった部屋によく馴染んでいますね。グレーのような優しい色味のソファは、主張しすぎず他のインテリアの引き立て役としても活躍してくれますよ。

    和製アンティーク2人掛けソファを使ったレトロなインテリア例はこちら

  • 上品な2人掛けソファがムードを放つ、大正ロマンリビング

    和洋折衷の大正時代を彷彿とさせる、クラシックなリビングです。ソファの優雅なデザインとベルベット生地が、お部屋に高級感と品の良さを演出してくれます。大正ロマンスタイルに欠かせないダークな色味の木の家具に、グリーンのソファが調和して空間により深みが増しています。オレンジ色の柔らかい光の照明の下で、ゆったりとくつろぐ時間はまるで隠れ家にいるような心地良さです。しっとりとしたムードがなんとも魅惑的な空間ですね。

    大正ロマンデザインの2人掛けソファを使った上品なインテリア例はこちら

アンティークソファが佇む空間づくりに。魅力的なインテリアコーディネートのためのワンポイントアドバイス

ジャンクな雰囲気漂うお部屋に、クラシカルなアンティークチェスターフィールドソファ。レトロポップなミッドセンチュリーインテリアに、素朴な和製アンティークのベンチソファ。 クラシカルなイギリスアンティークのコーヒーテーブルと合わせた、ノスタルジックな大正ロマンテイストの和製アンティークソファ。 今回ご紹介したインテリア実例は、全てアンティークソファのテイストとは異なるお部屋や家具と合わせてコーディネートされています。このようにテイストが違う家具同士を組み合わせる場合、「つなぎ役」になってくれるポイントを意識してみましょう。
例えば、厳かで悠然とした佇まいのチェスターフィールドソファは、一見クラシカルな空間以外では使いにくいように感じますよね。しかしながら、鋲飾りの金属や古びたレザーの質感は、錆びたアイアンと古材がアクセントを利かせるジャンクスタイルのインテリアとは案外相性がいいのです。ソファの上に置いたモダンな雰囲気のクッションも、チェスターフィールドソファとインテリアの馴染みを良くしています。 ミッドセンチュリーインテリアに取り入れられたアンティークソファは、フレームに使われたパイプで統一感をアップ。明るい色味のペイントが施されているので、ペイントカラーが爽やかなケビントやラックとも相性抜群ですね。 エレガントな印象のコーヒーテーブルに合わせるソファには、重い木色が重厚感を漂わせる和製アンティークソファをチョイス。和製アンティークソファの中でも、よりクラシカルな印象の明治大正期のものを選べば、暗めの木色が荘厳な佇まいを演出するイギリスアンティークとも違和感なく合わせることができますよ。
テイストが異なるアンティーク家具同士でも、ポイントで統一感を作ればまとまりのあるコーディネートを実現することが可能です。2人掛けのアンティークソファを使って、あなただけのインテリアづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

2人掛けアンティークソファはこんな人におすすめ!押さえておきたいチェックポイント3つ

2人掛けアンティークソファの活用法やメリットを確認

結婚を機に、ふたりで1LDKのマンションを借りた。はたまた、長年遠距離だった恋人と一緒に暮らし始めた…そんな胸が躍るような新生活に、ぜひ2人掛けのアンティークソファを迎えてみてはいかがでしょうか?
コンパクトなサイズのものを多く見つけることができる2人掛けのアンティークソファは、小さめのリビングでも取り入れやすいのが嬉しいですよね。スペースが限られたふたり暮らしのお部屋の、心強い味方です。 もちろん、一人暮らしのお部屋に取り入れるのも購入するのもおすすめ。知人や友人が訪ねてきた際の来客用のソファとしても使えますし、普段の生活の中で腰掛けて仕事の疲れを癒すなら、ゆったりと座れる2人掛けのアンティークソファはもってこいです。 ソファの上であぐらをかいたり新聞や雑誌を広げたり、一人で座るスペースをたっぷり持ちたい方には、2人掛けのアンティークソファが使いやすいでしょう。 存在感という点では、やはり一人掛けよりも2人掛けのアンティークソファの方に軍配が上がります。よりアンティークソファならではの味わいやデザインを堪能したいという方は、ぜひ当店の2人掛けアンティークソファを探してみてくださいね。


どんなお部屋が作りたい?2人掛けアンティークソファの素材別で見る、相性のいいインテリアとは

上記でアンティークソファの主な素材のメリット・デメリットをご紹介しましたが、素材によって相性のいいインテリアもそれぞれです。
シックな雰囲気のお部屋を作りたいなら、レザーが使われたアンティークソファがおすすめ。落ち着いた雰囲気が漂うモダンインテリアや、ダークトーンでまとめたメンズライクインテリアなどに取り入れれば、高級感漂うクールな空間を演出してくれますよ。同じレザーでも合皮のソファはややライトな印象になるので、レトロインテリアなどのあたたかみのあるインテリアに合わせても素敵です。 北欧インテリアやナチュラルインテリアなど、ラフな雰囲気のお部屋づくりならファブリック製のアンティークソファがぴったりですね。飾らない印象のファブリック生地が親しみやすい空気感を作ってくれるので、カジュアルなインテリアにも難なく取り入れることができます。 大正ロマン風のインテリアなど、世界観が際立つ個性派のお部屋には、ベルベット製のアンティークソファを取り入れてみましょう。他の素材では出せない、やわらかな光沢をのせたマイルドな質感が、お部屋の世界観をいっそう際立たせてくれること間違いなしです。
作りたいお部屋の雰囲気が決まっているのなら、インテリアと相性のいい素材でアンティークソファを探してみるのもひとつの手です。おのずと理想のアンティークソファの候補が絞り込めてくるはずですよ。


2人掛けアンティークソファに多いサイズと、サイズごとの探し方をチェック

2人掛けアンティークソファのサイズごとの密着度のお話はすでにお伝えしましたが、最後にアンティークソファを探す際の指針になるよう、アンティーク家具ラフジュ工房でどんなサイズの取り扱いが多いのかもチェックしておきましょう。
品数が豊富なのは、幅が1400mm前後の2人掛けアンティークソファ。現行品のソファともそこまで変わらない大きすぎず小さすぎないサイズ感で、アンティークソファを初めて購入するという方にも手が出しやすい大きさです。 1200mm前後のものは、和製アンティークソファによく見られるサイズです。当時の日本人の体形に合わせたためか、住宅事情を鑑みて作られたサイズ感なのか、和製アンティークソファを探すとコンパクトな2人掛けアンティークソファを多く見つけることができますよ。なるべく場所を取らないサイズのソファをお探しなら、和製アンティークの2人掛けソファに狙いを定めるのがいいでしょう。 1600mm前後の大きめのサイズになるとぐっと数が減り、ラインナップは西洋アンティークや北欧アンティークのソファが多くなっていきます。ふたりでゆったりと座れるサイズのアンティークソファをお探しであれば、併せて3人掛けアンティークソファのページをチェックすることをおすすめします。
自分のライフスタイルと相談しながら、使いやすい2人掛けアンティークソファのサイズを探してみてくださいね。

こだわり検索

アイテムから探す

特徴で絞り込む

                   

国で絞り込む

                 

家具タイプで絞り込む

                                     

使用シーンで絞り込む

                           

ブランドで絞り込む

                             

素材で絞り込む

                               

家具の色で絞り込む

                 

木の色味で絞り込む

         

価格から探す

サイズから探す(単位:mm)