アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

セール告知

オーダー

アンティーク家具TOP> アンティークソファ> アンティーク1人掛けソファ

アンティーク1人掛けソファ

ゆったりと一人だけでくつろぎたい時に最適なアンティーク1人掛けソファ。
アンティーク家具ラフジュ工房では、そんなアンティーク1人掛けソファを種類豊富にご用意しております。
凝った装飾がなんともおしゃれなフランスアンティーク一人掛けソファやイギリスアンティーク一人掛けソファ、ノスタルジックな大正ロマンデザインの一人掛けソファや昭和レトロな日本のアンティーク一人掛けソファなど、世界各国の様々なアンティーク一人掛けソファがございます。あらゆるジャンルが揃っておりますので、あなたにぴったり合う「自分だけの一品」がきっと見つかるはずですよ。
しかし、アンティークのソファとなると、座面の状態が気になりますよね。アンティーク家具ラフジュ工房では、座面内のクッションを交換して座り心地を良くしたり、ファブリックやレザーを新しく張り替えるなどして衛生面でも安心してお使いいただけるよう修理・リメイクを施しています。
また、実店舗にて実際に触れていただき、じっくりと座り心地をお試しいただくのもおすすめです。満足のいく一点に出会うため、アンティーク家具ラフジュ工房の実店舗にもぜひ遊びに来てくださいね。

絞り込み商品検索

商品カテゴリ:1人掛けソファ
アイテム:指定無し
その他条件:指定無し
高さ:指定無し  幅:指定無し  奥行:指定無し

検索結果

188

商品が見つかりました

アンティーク1人掛けソファ

こだわりのアンティーク一人掛けソファで自分だけのくつろぎタイムを!

チェアよりももっとくつろげて、もっと贅沢な気分になれるアンティークの一人掛けソファ。1点もののアンティークならではの特別な存在感が、より一層リッチな気分を盛り上げてくれます。ゆったりと腰かければ、そこは自分だけの「とっておきの場所」。コンパクトなサイズのものでしたら簡単に持ち運びもできるので、家の中の好きな場所でのんびりタイムを楽しめます。 しかし、「部屋に取り入れたい!」と思っても、様々なタイプがあるため、どれにしようかと迷ってしまいますよね。ここではアンティーク1人掛けソファの、種類から形、インテリア例を一気にご紹介いたします。お気に入りのアンティーク1人掛けソファに出会うためのヒントがぎゅっと詰まっているので、購入前には必見ですよ!

どのスタイルにする?選んで楽しいアンティーク一人掛けソファの種類

  • アンティーク
    チェスターフィールド
    一人掛けソファ

    鋲打ちが施されている英国伝統のソファ。レザー張り(本革・合皮)が多い

  • フランスアンティーク
    一人掛けソファ

    繊細な装飾が施された、上品で華やかなフランス製ソファ

  • イギリスアンティーク
    一人掛けソファ

    しっかりとした重厚感と品の良さを兼ね備えた、イギリス製ソファ

  • モダンスタイルな
    アンティーク
    一人掛けソファ

    レトロでポップなデザインのビンテージソファ。国はアメリカ、ヨーロッパ、日本など様々

  • 北欧アンティーク
    1人掛けソファ

    木味とファブリックがあたたかい印象のシンプルな北欧製ソファ

  • 大正ロマンデザインの
    1人掛けソファ

    クラシックな和洋折衷デザインがなんとも優美な日本製ソファ

  • 和製アンティークの
    1人掛けソファ

    ころんとした形が愛らしい、昔懐かしの日本製レトロソファ

神は細部に宿る。アンティークソファをさらに堪能するためのポイント

アンティークソファと一口に言えど、そのデザインや佇まいは様々です。
例えば、フランスやイギリスといった西洋で生まれたアンティークソファは、脚のデザインが特徴的。ガブリオールレッグ(猫脚)や挽物脚など、華やかでエレガントな意匠が施されたものが多く、アンティークらしいクラシカルな雰囲気を楽しむことができます。
一方、北欧アンティークソファは、優雅さが魅力のヨーロッパアンティークソファの中で異色を放つ存在です。北欧アンティークソファの魅力は、ストイックなまでにシンプルなデザインと、美しくスマートな佇まい。 隅々にまで神経が行き渡ったような、なめらかなラインで構成される「洗練された美」を味わうことができます。また、北欧は数多くの著名なデザイナーやブランドを輩出しており、名作と呼ばれる世界有数のアンティークソファと出会えるのもポイントです。
和製アンティークのソファは、シンプルで素朴な雰囲気が素敵ですね。正座での生活習慣が長く続いた日本ではソファの歴史も浅く、西洋文化が流通するようになった明治以降にやっと登場した家具なのです。 ヨーロッパの家具作りの技術を見よう見まねで取り入れて作られた当時の和製アンティークのソファを探すと、太くてまっすぐな脚だったりどことなく垢抜けない意匠だったりが目立つ、朴訥とした佇まいのものを多く見つけることができます。
アンティークソファの細部に注目してみると、生まれた国の個性や時代を反映していることがよく分かりますね。こういった部分に目を向けると、また違った角度からアンティークソファの世界を堪能していただけますよ。

レザーorファブリック?アンティーク1人掛けソファの張地の素材別メリット・デメリット

アンティーク1人掛けソファには、いろいろな張地があります。張地によって雰囲気は全く異なりますし、お手入れ方法も変わってきます。ここでは、アンティーク1人掛けソファに主に使われている4種類の張地のメリットデメリットをご紹介いたします! それぞれを比べて、自分の好みや暮らしに合った張地をチョイスしてくださいね。


  • 1.本革のアンティークソファ

    牛や羊、馬などの動物の革

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・強度が高く長く使える
    ・経年変化が楽しめる
    【デメリット】
    ・こまめなお手入れが必要

  • 2.合皮のアンティークソファ

    本革に似せて作った人工の革

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・柔らかく軽い
    ・汚れにくい
    【デメリット】
    ・本革より高級感が劣る
    ・本革より強度が低く劣化が早い

  • 3.ベルベット生地のアンティークソファ

    細かい毛を毛羽立たせて作った織物

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・肌触りが良い
    ・あたたかみのある印象
    【デメリット】
    ・摩擦により毛が抜ける
    ・ホコリがたまりやすい

  • 4.平織(ファブリック)生地のアンティークソファ

    縦糸と横糸を1本ずつ交差させる織物

    【メリット】
    ・カジュアルで親しみやすい
    ・通気性が良い
    ・掃除が簡単
    【デメリット】
    ・ホコリがたまりやすい

どれが好き?素材の違いで楽しむアンティークソファの味わい

ご紹介したように、アンティークソファに使われている張地の素材はバリエーション豊かです。素材によってアンティークソファの印象は随分違いますので、購入前にその特徴をしっかり押さえておきましょう。
アンティークらしい経年を経た深い味わいが楽しめるのは、ダントツで本革の張地です。高級感のある素材なので他のインテリアもシックなものを選ぶ必要がありますが、空間に品格を演出するにはもってこいの張地です。
本革と似た雰囲気が楽しめる合皮ですが、本革と比べるとややライトな印象です。そのため様々なテイストのインテリアとも合わせやすく、本革のソファはちょっとハードルが高いかな…と敬遠した方にもおすすめ。居心地のいいラフな空間づくりには合皮のアンティークソファはぴったりですよ。
ベルベット生地は古くから「布の王様」として重宝されており、光沢のある生地感が、レザーとはまた違った上品さを感じさせます。こっくりとしたまろやかな風合いが魅力で、どことなくノスタルジックな雰囲気をお楽しみいただけます。
ファブリック生地が使われたアンティークソファは、やはりそのカジュアルな雰囲気が魅力ですね。レザーやベルベットほどかしこまった印象がないのでインテリアに取り入れやすく、アンティークに初めて挑戦するという方にもおすすめです。 また、色や柄でガラリと雰囲気が変わるファブリック製のアンティークソファは、インテリアづくりの心強い味方ですよ。
作りたいインテリアやお部屋の雰囲気によっても、相性のいいアンティーク素材は変わってきます。当店のラインナップを色々見比べて、好みの雰囲気を探ってみてくださいね。

形もいろいろ!アンティーク一人掛けソファをタイプ別にチェック

アンティーク一人掛けソファの主な形を4種類ピックアップしました。リビングや寝室、カフェや店舗など、使用する場所や用途によっても「形」選びは重要ですよね。では、それぞれの形のメリット・デメリットを見ていきましょう。アンティーク1人掛けソファを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。


  • 1.アンティークアームレス一人掛けソファ

    気取らない印象が親しみやすい!

    【メリット】
    ・自由に動きやすい
    ・見た目スッキリ!圧迫感が少ない
    【デメリット】
    ・疲れた時に肘を置けない

  • 2.アンティークアーム付き一人掛けソファ

    どんなシーンにも合う万能タイプ

    【メリット】
    ・安定感がある
    ・体にフィットする

  • 3.アンティークラウンジ用1人掛けソファ(クラブソファ)

    雰囲気づくりにもってこい

    【メリット】
    ・高級感がある
    ・存在感抜群
    【デメリット】
    ・場所を取る

  • 4.アンティークシェーズロングソファ

    ソファベッドとしても大活躍

    【メリット】
    ・究極のリラックスソファ
    ・複数人でも使用可能
    ・存在感抜群
    【デメリット】
    ・場所を取る

アンティークソファのアームはあった方がいいのか、ない方がいいのか

デザイン面で言うのであれば、やはりアーム付きがおすすめです。経年によるダメージなどで座面を張り替えてしまうことも少なくないアンティークソファにおいて、アームはそのソファの個性を感じさせる重要なポイントでもあります。 アームの形状や時の歩みを感じさせる質感が、デザインのアクセントになってくれるはずですよ。
対してアームレスのアンティークソファは、やはりそのすっきりとした佇まいとコンパクトなフォルムが最大の魅力です。 アームがないだけでも幅が20cm近く小さくなるものもありますので、スペースの限られたお部屋でアンティークソファを取り入れたいと考えている方には嬉しいポイントですよね。 また、アームレスの場合、ソファを引いてもテーブルにぶつからないので、高めの机と合わせて食事や作業をするためのチェアとして兼用もできますよ。 アームがぶつからずに机との距離を縮めることが可能ですから、集中して作業が行えそうです。
デザインはどんなものがいいのか、どこに置いてどんな風に使うのか、購入前にしっかり吟味して、アーム付きかアームレスかを選んでみてくださいね。

真似したい!アンティーク一人掛けソファのインテリア例

  • クラシックなアンティーク一人掛けソファが魅力のヨーロッパスタイル

    人気のアンティークチェスターフィールド1人掛けソファを取り入れた、高級感溢れるインテリア例。ソファの深いグリーンが、紳士的かつ品の良さを感じさせるなんとも魅力的な色ですね。シックなサイドテーブルや飾り棚は、実は日本製のアンティーク家具なんです。 クラシックなデザインの洋と和が織りなす、ちょっぴり大人のスタイルです。

    アンティークのチェスターフィールド一人掛けソファを使ったクラシックなインテリア例はこちら

  • ナチュラルな一人掛けソファが優しいムードを高める!ノスタルジックな昭和レトロスタイル

    ナチュラルでレトロなデザインの1人掛けソファが主役になっている1人暮らしインテリア例。素朴な木味のインテリアと、優しい色味のペイントパイプ脚の家具が、部屋全体をほんわかとしたあたたかみのある雰囲気に仕上げています。そこにちょこんと佇む緑色のアンティーク一人掛けソファが、部屋全体の引き締め役になってくれていますね。作業スペースにベッドスペース、休憩スペースがぞれぞれ確立された生活にメリハリが出るインテリア例です。

    和製アンティーク一人掛けソファを使ったレトロなインテリア例はこちら

  • モダンでメンズライクなアンティーク一人掛けソファを取り入れた北欧スタイル

    ブラックレザーのアンティーク1人掛けソファがかっこいい、モダンな北欧ビンテージスタイル。ダークな色味のソファですが、周りの飴色家具たちがぱっとお部屋を明るくしています。そのおかげで、より一層「黒」が際立ってみえますね。2人暮らしはもちろん、キリッとしたシンプルな空間ですのでお客様をおもてなしする部屋としてもぴったりです。

    モダンスタイルのアンティーク一人掛けソファを使ったかっこいいインテリア例はこちら

こんな楽しみ方も!アンティークソファを使ったミックスコーディネートで、ひと味違うインテリアづくり

同じテイストで家具や雑貨を揃えるのはインテリアコーディネートの基本ですよね。しかし、ここではあえて違ったテイストを組み合わせて、お部屋にアクセントをプラスするミックスコーディネートに注目してみましょう。
例えば風情あふれる和室には、北欧アンティークのスタイリッシュな一人掛けソファをチョイス。北欧アンティーク家具特有のスタイリッシュな佇まいと和の凛とした雰囲気がうまく調和し、清廉な印象の空間を作ってくれますよ。 または、厳かな雰囲気のイギリスアンティーク家具で揃えたお部屋に、和製アンティークの一人掛けソファを置いてみるのはいかがでしょうか。明治大正期に作られたソファによく見られるような、クラシカルなデザインのものを選べば一気に和洋折衷の色香が漂う大正ロマンな空間に。イギリスアンティーク家具の荘厳な佇まいと和製アンティークソファの重厚な雰囲気は、案外相性がいいんですよ。 このように、テイストの違うアンティークソファを取り入れることでインテリアのスパイスになり、個性の光るお部屋をつくることができます。
大きなサイズのアンティークソファはその分コーディネートの難易度も高くなりがちですが、コンパクトな一人掛けタイプなら比較的気軽にユニークなコーディネートに挑戦しやすいのも嬉しいところ。省スペースながらしっかり存在感を放つ、一人掛けのアンティークソファならではの楽しみ方ですね。 ぜひ様々なアンティークソファを見比べて、あなたにぴったりのミックスコーディネートに挑戦してみてくださいね。
アンティーク家具ラフジュ工房では、当店の家具を使ったインテリア実例を紹介する「RAFUJU INTERIOR PHOTO GALLARY」で詳しいコーディネートのポイントなどを解説していますので、興味のある方は要チェックですよ。

ここだけは押さえよう!一人掛けのアンティークソファの選び方3ポイント

生まれた国によるデザインの違いで、理想のアンティークソファを絞り込むべし

一人掛けのアンティークソファ選びに迷ったら、まずは国ごとのデザインの特徴を押さえましょう。
トラディショナルな雰囲気のお部屋やヨーロピアンテイストのインテリアを作りたいなら、西洋アンティークの一人掛けソファがおすすめです。 イギリスアンティークソファはより荘厳で重厚感のあるデザイン、フランスアンティークソファは曲線美が楽しめるたおやかでよりエレガントなデザインが多い傾向ですので、自分の理想により近い国のアンティークソファに狙いを定めてみてくださいね。

スマートでお洒落なインテリアがお好みなら、北欧アンティークソファを探してみてください。ナチュラルインテリアやモダンインテリアに使えるスタイリッシュかつシンプルなデザインのものを多く見つけることができますよ。 ちなみに、1950年以降の比較的近年に作られたイギリスアンティークソファは北欧デザインと通じるデザインのものが多いので、北欧アンティーク好きは目を付けておきましょう。

あたたかみのあるお部屋を作りたいのなら、和製アンティークの一人掛けソファがぴったり。素朴なデザインが味わい深い和製アンティークソファは、レトロインテリアなどのコーディネートには欠かせません。大正ロマンなお部屋を作るときは、同じ和製アンティークでも西洋アンティークを彷彿とさせるクラシカルなデザインを選ぶのがポイントです。
国別のアンティークソファのデザインをおおまかにでも掴んでおけば、たくさんのアンティークソファの中からたったひとつの“とっておき”を選ぶときの指針になります。好みのデザインの国を見つけて、理想のアンティークソファを絞り込んでみましょう。


自分のライフスタイルに合うアンティークソファを選ぶべし

アンティークソファを選ぶ際は、素材の特色にも注目してみましょう。
高級感漂う本革が使われたアンティークソファは、「自分の手で育てていくソファ」でもあります。定期的にお手入れをしてクリームを塗り込んで…と手間はかかりますが、手を掛けた分だけ艶や味わいが増し、あなただけのアンティークソファが出来上がっていきます。 アンティーク家具の醍醐味でもある「家具を育てる楽しさ」を堪能するのであれば、本革が使われたアンティークソファを選ぶのがいいでしょう。
対して合皮が使われたものは、本革のようにマメなお手入れをしなくてもレザーの高級感が味わえるのが魅力ですね。汚れにくく、水分をこぼしても内部に染み込まないので、お掃除も簡単です。お子様やペットがいるお家では、キズや汚れに強い合皮のアンティークソファがおすすめですよ。
ベルベット生地は通気性が高く、年中通して快適に使えるのが嬉しいところ。夏は風を通してくれるので涼しく、冬は空気を含むのであたたかみが感じられます。経年により毛が寝てしまったり多少の抜けはあるものの、耐久性と摩擦に強い素材のため、長い時間を共に過ごしていけるアンティークソファです。
ファブリック製のアンティークソファは擦れや日焼けのダメージを受けやすく、当店では多くの場合生地の張り替えを行っております。本革のように年月を経た味わいを楽しむというのとは少し違いますが、しかしながらアンティークならではのデザインを楽しみつつ、 きれいで使いやすいアンティークソファを見つけることができますよ。個性的なソファがほしいけど中古品には抵抗がある、という方でも安心してお使いいただけます。
張地の素材は、アンティークソファの使い勝手を左右する重要なポイントです。自分のライフスタイルをしっかり見直して、日常の中で違和感なく使っていける素材のアンティークソファを見極めましょう。


アンティークソファでどんな時間を過ごそうか。用途と設置場所で理想のタイプを知るべし

最後に、アンティークソファをどこに置いて、どんな風に使うのかをしっかり踏まえておきましょう。
リビングでゆったりくつろいで読書や映画鑑賞を楽しみたいのなら、アーム付きのアンティークソファを選ぶのがおすすめです。 肘を付いたり身体をもたれさせたり、リラックスタイムを過ごすのであればやはりアーム付きタイプがベターですね。
インテリアをすっきりまとめたいという方にはアームレスタイプがいいでしょう。このタイプは全体的にコンパクトなつくりなので、家族が増えたりお子様が大きくなってきたり、今まで使っていたソファにプラスで一人掛けソファを買い足すような場合でも、場所を取らず取り入れやすいですよ。
ラグジュアリーな雰囲気のラウンジソファやシェーズロングは、ご自宅での日常使いというよりは、レセプションルームや客間といった場所でお客様をもてなす際のソファとしてぴったり。高級感漂う非日常的な空間を作るのにはうってつけです。
デザインや座り心地はもちろん重要ですが、そこに「アンティークソファでそんな時間を過ごしたいのか」という視点をプラスしてみると、より自分の理想に近いアンティークソファを絞り込むことができますよ。ここでご紹介した3ポイントを踏まえて、効率よく一人掛けアンティークソファを探してみてくださいね。

こだわり検索

アイテムから探す

特徴で絞り込む

                   

国で絞り込む

                 

家具タイプで絞り込む

                                     

使用シーンで絞り込む

                           

ブランドで絞り込む

                             

素材で絞り込む

                               

家具の色で絞り込む

                 

木の色味で絞り込む

         

価格から探す

サイズから探す(単位:mm)