国内外のアンティーク家具が最大20%OFF!

商品のストリップド(無塗装仕上げ)承ります

日本で一番あなたのわがままを叶えるアンティーク家具屋

アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

選ばれる理由

リメイク

オーダー家具

家具買取サービス

» 全商品一覧を見る

TOP> ミッドセンチュリー

ミッドセンチュリー

1415

ミッドセンチュリーなアンティーク・ヴィンテージ家具は、主に1940〜1960年代に作られたモダンな家具のこと。余分な装飾を取り除き、機能的で美しくデザインされた家具が中心です。ミッドセンチュリー家具は、プライウッド(積層合板)やプラスチックなど新たな素材を使用し、3次元曲面や細く薄いフォルムなど、それまでには難しかった形を実現しているのが大きな特徴。大量生産により価格を抑え、人々の暮らしへ広く良質な家具を届けました。現代では、ミッドセンチュリー家具への熱烈な人気から、むしろその価格が高まっています。
ラフジュ工房では、そんなミッドセンチュリー家具を幅広く通販で販売中です!アメリカや北欧・イギリスなどのヨーロッパ、日本など、さまざまな国で作られたミッドセンチュリー家具を取り扱っています。北欧デザインのようにシンプルな美しさを追求した家具から、暮らしを軽やかに彩るユニークなデザインの家具まで幅広いアイテムがありますよ。有名デザイナーの名作だけでなく、マイナーブランドの中古・ヴィンテージ品もあるので、きっと好きな家具が見つかるはずです。
当店のミッドセンチュリー家具は、中古・ヴィンテージ品が中心。ユーズド品なので品質が心配な方もいるかと思いますが、当店の家具は掃除・点検・修理を徹底しています。中古でもキレイで高品質なのが自慢ですので、どうぞ安心してご利用ください。
また、椅子やソファの張地張り替えや別カラーへの再塗装など、カスタムをご希望の方もお気軽にお問い合わせください。オーダーメイドで理想のデザインにリメイクする、カスタムサービスを受付中です。一点もののヴィンテージ家具でも、細部までこだわりを追求した家具が手に入りますよ。ぜひ、カスタムサービスも活用しながら、理想のミッドセンチュリー家具を迎えてくださいね。


ミッドセンチュリーなアンティーク・ヴィンテージ家具の選び方を知りたい方はこちら



3色の商品タイプのマークについて

ミッドセンチュリー

 

 

 

 

 

ミッドセンチュリーなアンティーク・ヴィンテージ家具が人気!モダンに洗練された上質なインテリアを楽しもう

ミッドセンチュリー家具は、モダンに洗練されたデザインが大きな魅力。余分な装飾を削ぎ落とし、技術革新によって生まれた新たな素材を活かしながら、純粋に機能を追求したデザインが生まれました。近代デザイン史に刻まれる数々の名作が誕生し、今もその人気は衰えていません。いつかは欲しいと憧れている方が多いスタイルです。
ただ、ミッドセンチュリー家具を実際に買うとなると、意外と幅広い国でさまざまな家具が作られていて、どれを買うべきか迷ってしまいませんか?そこでここからは、ミッドセンチュリー家具の選び方のヒントとして、家具の種類や人気ブランド、部屋づくりのポイント、インテリア実例などをたっぷりとご紹介します。これを読めば、どんなミッドセンチュリー家具がほしいか、候補が絞り込めるはずですよ。ぜひ、家具選びに活用してみてくださいね。

ミッドセンチュリーなアンティーク・ヴィンテージ家具の種類は主に8つ

  • アメリカの
    ミッドセンチュリー
    家具

    アメリカのミッドセンチュリー家具は、イームズ夫妻によるプライウッドチェアなどが特に有名。他にもジョージ・ネルソンやイサム・ノグチなど、ポップで軽やかかつ美しい家具が多数!

  • 北欧の
    ミッドセンチュリー
    家具

    木の温かみやシンプルな美しさを追求した北欧デザイン(スカンジナビアンデザイン)の家具。アメリカやその他ヨーロッパ諸国にも大きく影響した。現代でも非常に人気のインテリアスタイル。

  • デンマークの
    ミッドセンチュリー
    家具

    北欧家具の中でもミニマムな美しさを形にした上質な家具が多い、デンマーク製のミッドセンチュリー家具。特にハンス・J・ウェグナーのチェアやソファは今も人気が全く衰えない名作。

  • イギリスの
    ミッドセンチュリー
    家具

    イギリスのミッドセンチュリー家具は、シンプルでスタイリッシュな家具が多数!G-PLAN(ジープラン)やercol(アーコール)などのヴィンテージブランドは世界的に人気。

  • イタリアの
    ミッドセンチュリー
    家具

    イタリアのミッドセンチュリー家具は、ポップな小型家具やインテリア雑貨が豊富。アッキレ・カスティリオーニの照明やジョエ・コロンボのボビーワゴンなどが有名。

  • ドイツの
    ミッドセンチュリー
    家具

    余分な装飾のない機能的なデザインが多いドイツのミッドセンチュリー家具。建築家エゴン・アイアーマンが手掛けたチェアやテーブルが特に有名。

  • フランスの
    ミッドセンチュリー
    家具

    フランスのミッドセンチュリー家具は、他と比べてマイナーでヴィンテージ品は特にレア。ピエール・ポランがデザインしたポップなデスクやチェアが人気。

  • 日本の
    ミッドセンチュリー
    家具

    柳宗理がデザインした天童木工のバタフライスツールや、長大作の低座イス、カリモクのソファなどが有名。海外に劣らず、美しいモダンデザインの家具が生まれた。

ミッドセンチュリー家具とは?インテリアの特徴や歴史など基本をおさらい

ミッドセンチュリースタイルは、1945年の終戦後、アメリカで始まったインテリアスタイルです。プライウッド(積層合板)やFRP(ガラス繊維強化プラスチック)など、戦時中に開発された新たな技術が家具づくりに応用され、それまでにはなかった軽やかで美しいフォルムの家具が作られました。終戦後から1960年代頃までに作られた、これらのモダンな家具をミッドセンチュリー家具と呼びます。
ミッドセンチュリー家具の源流は、1920年代のドイツ。「バウハウス」という美術学校を中心に、モダンデザインの基礎が築かれました。しかしながら、バウハウスはナチスの弾圧に遭い、優秀な教師たちはアメリカへ亡命。モダンデザインの拠点は、アメリカへと移ったのでした。
終戦後、チャールズ&レイ・イームズやジョージ・ネルソンなどの名デザイナーたちによって、新技術を応用した、機能的で美しい家具の数々が生み出されました。終戦直後で家具の需要が拡大していたことも後押しし、ミッドセンチュリーインテリアは瞬く間に流行。アメリカだけでなく、ヨーロッパ諸国や日本などへも広がりました。

どんなミッドセンチュリーデザインが好み?お気に入りのスタイルを見つけよう

ミッドセンチュリー家具はアメリカのイメージが強い方が多いかもしれませんが、実はアメリカ以外でもさまざまな家具が作られています。モダンデザインという点は共通していますが、作られた国やメーカーによって少しずつ異なるデザインが楽しめますよ。
例えば、北欧デザインのミッドセンチュリー家具は、木味を生かしたシンプル・ナチュラルな家具が豊富。1950年代にハンス・J・ウェグナーやアルネ・ヤコブセンなどのデザイナーを中心に、木の特性を生かした美しい家具が多く作られました。

また、イギリスのミッドセンチュリー家具は、北欧デザインの影響を受けた美しい木製のモダン家具が多数あります。ベースの作りがよく似ており、そこに個性やシャープさが加わった印象です。

日本のミッドセンチュリー家具は、天童木工のバタフライスツールや低座イス、カリモク家具のソファなどが有名。成形合板や曲げ木を生かしたスタイリッシュな家具が作られ、今でも人気を誇っています。
ミッドセンチュリーインテリアは、どの家具をミックスしても相性よくコーディネートできますが、家具探しをする際は気になる国やデザイナーごとにリサーチしてみると、見落としなく探せますよ。ミッドセンチュリー家具は、有名どころの家具以外にもおしゃれで上質なアイテムがたくさんありますので、ぜひじっくり探してみてくださいね。

ミッドセンチュリー家具はアンティーク・ヴィンテージ品がおすすめ!その魅力とは?

ミッドセンチュリー家具は、今でも同じデザインの新品が販売されているものもありますが、当時もののアンティーク・ヴィンテージ品は新品に負けじと高い人気を誇ります。なぜ、古いユーズド品でも人気があるのかというと、その理由は、時代に問わない普遍的なデザインとお手頃な価格、希少価値の高さによるところが大きいです。
ミッドセンチュリー家具は、流行に左右されない美しいデザインと上質な作りが特徴。チーク材やローズウッド材などの高級材を使って、丁寧に作り込まれたものが多く、古いものならではの味わいも素敵なんですよね。さらに一流の作り・デザインなのに、中古ならではのお得な価格で手に入るのも大きなポイント。一点ものという希少価値もあって、高い人気を誇っています。
また、イームズチェアなど、ミッドセンチュリー期の名作家具は、コレクターズ品としての価値が絶大。実用的でないジャンク品でも、その希少価値から高値で取引されているんです。ミッドセンチュリー家具のコアなファンの方は、こちらも要チェックですよ。
このようにミッドセンチュリー家具は、新品と中古・ヴィンテージ品、それぞれに魅力がありますので、ぜひ自分に合う方を検討してみてくださいね。

ミッドセンチュリーインテリアに人気の本格アンティーク・中古ブランド

さて続いては、ミッドセンチュリー家具の中でも、特に高い人気を誇っているアンティーク・中古家具ブランドをご紹介します。ぜひ、家具探しの参考にしてみてくださいね。

  • G-PLAN(ジープラン):イギリス生まれの大人気ヴィンテージ家具ブランド

    ジープランは、イギリスのE.Gomme社が1953年に発表したモダン家具ブランド。ミッドセンチュリー期に発売されたヴィンテージ家具は、北欧デザインに影響を受けたシンプル・スタイリッシュな佇まいで、現在でも高い人気を誇っています。シリーズによってデザインが幅広く、黒い塗装と真鍮金具がアクセントになったシャープなデザインの「BBシリーズ」や、丸みのあるユニークな取っ手が特徴の「フレスコシリーズ」などがありますよ。特にBBシリーズは高級感があって人気です。

  • Nathan(ネイサン):キラリと個性が光る!イギリスのミッドセンチュリー家具

    ネイサンもイギリスでスタートしたモダン家具ブランド。ジープランと同じく、北欧デザインに影響を受けたデザインですが、シンプルすぎず、個性の光るデザインが特徴的です。ほんのりデコラティブで退屈させないデザインで、おしゃれで居心地のいいインテリアが楽しめますよ。

  • Yanger(ヤンガー):マイナーだけど要チェック!北欧スタイルのミッドセンチュリー家具ブランド

    ヤンガー社も先にご紹介した2つと同じく、イギリス生まれ・北欧スタイルのミッドセンチュリー家具ブランド。日本ではかなりマイナーなブランドですが、細部までこだわった美しいデザインで、ミッドセンチュリー家具ファンの間で注目を集めています。

  • FRITZ HANSEN(フリッツハンセン):北欧モダン家具を代表する超人気ブランド

    フリッツ・ハンセン社は、デンマーク生まれの家具メーカー。アルネ・ヤコブセンがデザインした、セブンチェアやアリンコチェア、エッグチェアなどが特に有名です。フリッツ・ハンセンのヴィンテージ家具には、他にも、北欧デザインらしい木のぬくもりを感じる美しいチェアが多数あるので、ぜひお見逃しなく。

  • GETAMA(ゲタマ):ハンス・J・ウェグナーの上質なソファ・チェアが多数

    ゲタマ社もデンマークで創業した家具メーカー。当初はマットレスメーカーとして創業したため、ヴィンテージ品はソファやチェアなどが豊富です。モダンデザインの巨匠であるハンス・J・ウェグナーと多くの家具を開発した歴史があり、それらの家具は今でも世界的に注目を集めています。

  • Herman Miller(ハーマンミラー):アメリカの老舗モダン家具ブランド

    ハーマンミラーは、ミッドセンチュリーデザインを牽引したアメリカを代表するモダン家具ブランド。チャールズ&レイ・イームズ夫妻や、ジョージ・ネルソン、アレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチなど、数々の著名なデザイナーを迎え、モダンインテリア史に残る名作を生み出しました。ミッドセンチュリー家具の中でもデザイナーズ家具が好きな方は必見のメーカーです。

  • KNOLL(ノル):アメリカの一流モダン家具ブランド

    ノル社は、アメリカで創業したミッドセンチュリー家具を代表する一流家具ブランド。ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェアや、マルセル・ブロイヤーのワシリーチェアなど、モダンデザインの先駆けとなった名作家具を多数販売しています。アメリカのモダン家具が好きなら要チェックです。

  • Cassina(カッシーナ):ル・コルビュジエなどの名作モダン家具を復刻

    カッシーナは、イタリアの一流モダン家具メーカー。モダンデザインの名作家具をイ・マエストリ(I MAESTRI)コレクションとして復刻生産しています。ル・コルビュジエやチャールズ・レニー・マッキントッシュなど巨匠デザイナーが手掛けた作品がありますよ。これらはミッドセンチュリー期よりも前にデザインされたものですが、ミッドセンチュリーに通じる先進的な家具として熱烈に支持されています。

ミッドセンチュリー・モダンな部屋の作り方!おしゃれなインテリアを楽しむコツをとは?

ミッドセンチュリースタイルの家具は、先のご紹介したとおり、意外と幅広いデザインがありますよね。個性的な家具もあって、上手にコーディネートできるか不安…という方も多いかもしれません。そこで続いては、ミッドセンチュリースタイルの部屋づくりという視点から、家具選びのコツをご紹介したいと思います!次のポイントを心に留めつつ家具選びをすると、失敗なくコーディネートできますよ。よければ、参考にしてみてくださいね。

  • ポイント1:飴色のミッドセンチュリー家具をベースにコーディネート

    ミッドセンチュリーインテリアでは、飴色の木味のヴィンテージ家具をベースにコーディネートするのが基本です。レトロで味のあるおしゃれな空間づくりができますよ。
    北欧スタイルのような、よりシンプルですっきりとしたインテリアが好きな方は、より明るい木味のミッドセンチュリー家具を取り入れるのもおすすめ。レトロと言うよりは、よりモダンでナチュラルな雰囲気ただよう、マイルドなミッドセンチュリースタイルが楽しめます。

  • ポイント2:ヴィンテージカラーをインテリアのアクセントに

    ミッドセンチュリー家具は、気分をパッと明るくするようなビビットなカラーの家具が多く作られています。ミッドセンチュリーインテリアでは、これらの家具をバランスよく取り入れるのが大事なポイント。ポップなカラーの家具はどれも印象的で心惹かれてしまいますが、部屋に取り入れるのは2色くらいにしておくのがベストです。色味が多すぎると、雑多で落ち着かない印象になってしまいます。色を絞って部屋のアクセントとして取り入れる方が、その家具の魅力がぐんと際立って、おしゃれでスタイリッシュな空間にまとまりますよ。

  • ポイント3:ミッドセンチュリーデザインのおしゃれなヴィンテージ照明・小物をプラス

    ミッドセンチュリーインテリアでは、同じ頃に作られたヴィンテージ照明や雑貨などを取り入れると、さらに本格的な部屋づくりができます。ヴィンテージ雑貨も家具と同じく、新たな素材やデザインを追求したユニークなアイテムが多く、部屋を賑やかにおしゃれに演出してくれますよ。特に取り入れるのにおすすめなのは、ヴィンテージスタンドライトやペンダントライト、ミラー、ポスター、ラグなど。壁や床など含めて、部屋を隅々までミッドセンチュリーらしさを意識してコーディネートすることで、その世界観を色濃く引き出せます。

ミッドセンチュリースタイルのアンティーク・ヴィンテージ家具を使ったインテリア実例

最後に、ミッドセンチュリースタイルのアンティーク・ヴィンテージ家具を取り入れたインテリア実例をご紹介します。ぜひ、部屋づくりの参考にしてみてくださいね。

  • ミッドセンチュリーなヴィンテージ家具でコーディネート!味わい深いリビングインテリア

    こちらは、イギリスや北欧、日本のミッドセンチュリー家具でコーディネートした、リビングのインテリア例。テーブル類がイギリス製、サイドボードなどの収納家具が北欧製、ソファやチェアが日本製です。飴色の木味に変化したチーク材製のヴィンテージ家具と、ブラックレザーのヴィンテージソファを使って、上質で味わい深い空間に。インテリアアクセントにグリーンをプラスして、居心地の良さも抜群です。ミッドセンチュリー家具は、違う国で作られたものでもテイストが似ているので、こちらのように統一感のあるコーディネートができますよ。

    ミッドセンチュリーなヴィンテージ家具を取り入れた、味わい深いリビングのインテリア例はこちら

  • 北欧とイギリスのミッドセンチュリー家具でつくる、シックなヴィンテージダイニング

    こちらは、北欧とイギリスのミッドセンチュリー家具でコーディネートした、シックなヴィンテージダイニング。見せる収納が楽しめる北欧ヴィンテージのカップボードを使って、レトロでおしゃれなインテリアを楽しんでいます。
    ダイニングテーブルに使っているのは、イギリスヴィンテージのゲートレッグテーブル。片方ずつ脚を閉じて天板を折りたたむことができ、空間をフレキシブルに活用できますよ。ダイニングチェアは、北欧ヴィンテージのもの。ミニマムで軽やかなデザインで、椅子の出し入れが楽にできます。背もたれまでクッション付きで、座り心地も文句なしです。

    北欧とイギリスのミッドセンチュリー家具でつくる、シックなヴィンテージダイニングのインテリア例はこちら

  • モダンなミッドセンチュリー家具を使った、高級感たっぷりのおしゃれなリビング

    こちらは、北欧製のミッドセンチュリー家具とアメリカのノル(KNOLL)社のソファを使った、ラグジュアリーなリビングのインテリア例。家具をブラウンカラーで統一し、シックで落ち着いた雰囲気を演出しています。ミッドセンチュリー家具は、こちらのようにモダンなインテリアブランドとも相性よくコーディネートできるのがうれしいですね。
    センターテーブルに使っているのは、北欧ヴィンテージのネストテーブル。ネストテーブルは、入れ子式に収まるテーブルのことです。2〜3つのテーブルを手の届きやすい位置にレイアウトできるので、大きなソファと組みわせて使うのに便利ですよ。

    モダンなミッドセンチュリー家具を使った、高級感たっぷりなリビングのインテリア例はこちら

  • ミッドセンチュリー家具とモダン家具を織り交ぜた、スタイリッシュなリビングダイニング

    こちらは、北欧のミッドセンチュリー家具と、モダンインテリアブランド「カッシーナ」の家具でコーディネートしたリビングのインテリア例。テレビボードとダイニングチェアがカッシーナ社製のものです。木製のヴィンテージ家具を組み合わせることで、モダンな空間に温かみや味わいがプラスされています。
    この部屋で使ったソファとローテーブルは、アルミフレームとローズウッド材を使った、高級感のあるシャープなデザイン。モダンなサイドボードやオーディオ機器などとも相性抜群です。おしゃれにくつろげるリビング空間になりました。

    ミッドセンチュリー家具とモダン家具を織り交ぜたリビングダイニングのインテリア例はこちら

  • ミッドセンチュリー家具とジャパンヴィンテージ家具をミックス!レトロポップなリビングダイニング

    こちらは、ヨーロッパのミッドセンチュリー家具とジャパンヴィンテージ家具をミックスした、リビングダイニングのインテリア例。ダイニングチェアが北欧ヴィンテージ品、本棚がイギリスアンティーク品、その他がジャパンヴィンテージ品です。レトロポップなヴィンテージ家具をたっぷりと取り入れて、賑やかで楽しいインテリアに。ヴィンテージカラーの食器棚やソファがおしゃれなアクセントになっています。

    ミッドセンチュリー家具とジャパンヴィンテージ家具をミックスしたリビングダイニングのインテリア例はこちら

ミッドセンチュリーなアンティーク・ヴィンテージ家具で、おしゃれで心地良い暮らしを楽しもう!

ミッドセンチュリーなアンティーク・ヴィンテージ家具は、現代のモダン家具の先駆けとなったおしゃれなアイテムが豊富です。上質なデザインのものがお手頃な価格で手に入りますので、ぜひ活用してみてくださいね。
当店のミッドセンチュリー家具は、ヴィンテージ品や中古品が中心ですが、実生活でストレスなく心地よく使えるよう、しっかりメンテナンスしています。現代物の家具と同じように末長く使えますので、安心してご利用ください。
また、当店では販売中の家具をご希望に沿ってリメイクする「カスタム・オーダーサービス」を受け付けています。椅子やソファの張地をお好きな布に張り替えたり、棚を好きなカラーに塗装したり、どんな加工も歓迎です。「もっとこうだったらいいのにな」という部分があれば、お気軽にご相談ください。過去のカスタム・オーダー家具実例のページで、これまでのリメイク事例を紹介していますので、気になる方はこちらも見てみてくださいね。


店舗・ショップの情報はこちら