セール告知

日本で一番あなたのわがままを叶えるアンティーク家具屋

アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

選ばれる理由

オーダー家具

» 全商品一覧を見る

アンティーク家具TOP> アンティークドア・建具> アンティーク引き戸> アンティークラフジュ工房オーダー家具

アンティーク引き戸 / ラフジュ工房オーダー家具

オーダー引き戸は多くの場合、サイズだけが自由に指定でき、デザインに関しては決まったものから選ぶのが一般的です。けれどせっかくオーダー引き戸を作るのであれば、デザインの細部まで自分のこだわりや個性を込めたいものですよね。そんな方はラフジュ工房のオーダー引き戸にご注目!ラフジュ工房ではサイズだけでなくデザイン面でも幅広いご要望にお答えすることができますから、あなたの理想を余すことなく形にすることができますよ。またオーダー引き戸作りには工務店さんや大工さんとの調整が必要なこともありますが、ラフジュ工房であれば業者さんとの直接打ち合わせが可能。そのためお客様は間に入る手間なく安心・楽ちんに引き戸をオーダーメイドすることができるんです。玄関や和室などの室内はもちろんのことクローゼットなどに取り入れて、素敵なお部屋作りにお役立てください!もっと詳しくオーダー引き戸の選び方を知りたいという方は、選び方のポイントをページ下の記事にまとめていますので、そちらもぜひ参考になさってください。

絞り込み商品検索

商品カテゴリ:引き戸
アイテム:指定無し
特徴で絞り込む:ラフジュ工房オーダー家具
高さ:指定無し  幅:指定無し  奥行:指定無し

検索結果

3

商品が見つかりました

3色の商品タイプのマークについて

アンティーク引き戸 / ラフジュ工房オーダー家具

オーダー引き戸は玄関・クローゼットにも。お部屋中をおしゃれ・快適に変身させよう!

引き戸をオーダーしようとしても限られたラインナップからしか選べなかったり、いざ種類を見てみても好みのデザインが無かったり、100%自分好みののオーダー引き戸を実現するのは難しいのかなと感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方も大丈夫。ラフジュ工房のオーダー引き戸なら、ラインナップに無いご要望もきちんと形に。室内・玄関と設置場所を問わず、あなたの理想を叶える引き戸を作成することができます。けれど自由度が高すぎるとどんなデザインにしようか迷ってしまうかもしれませんね。そこでここではオーダー引き戸の人気デザインと、使用シーンに適したオーダー引き戸の選び方をご紹介します。大満足のオーダー引き戸作りのために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オーダー引き戸建具注文の参考に!代表的なデザインをまずチェック

  • 木製の
    オーダー引き戸

    重厚な佇まいで高級感を演出する木製のオーダー引き戸

  • ガラス戸タイプの
    オーダー引き戸

    きらめきと透過性で開放感ある空間を実現するガラスを使ったオーダー引き戸

  • ガラス帯付き
    オーダー引き戸

    明るさも目隠しも叶うガラス帯戸を備えたオーダー引き戸

  • ペイントタイプの
    オーダー引き戸

    お好みのカラーで空間にアクセントを添えるペイントタイプのオーダー引き戸

  • ステンドグラス付きの
    オーダー引き戸

    和洋折衷なムードで魅せるステンドグラスを使ったオーダー引き戸

  • 格子デザインの
    オーダー引き戸

    幾何学的な模様がモダンインテリアにもぴったりな格子を使ったオーダー引き戸

  • 障子戸タイプの
    オーダー引き戸

    障子紙から漏れる柔らかな光が素敵な障子戸タイプのオーダー引き戸

  • 組子風装飾入り
    オーダー引き戸

    情緒あふれる和デザインがムード高める組子風装飾付きオーダー引き戸

人気のガラス製オーダー引き戸選びのポイントは「目隠しの度合い」

オーダーの引き戸で人気の高いデザインと言えば、ガラス製のもの。板戸よりも開放感があり、また光を取り込んで空間に明るさを演出してくれる素敵な建具ですよね。こんなガラス引き戸をオーダーメイドで作成する際にはまず、自分がどれくらい目隠ししたいのかを決めておくのが吉です。ガラスの見通しのよさを楽しみつつもプライバシーにも配慮したい場合には、ガラス面積の狭い帯戸や小窓付き引き戸などがぴったり。他にもガラスの種類を透過性の低いものに変えることで、適度な見えにくさを叶えることもできますね。当店では目隠しできるガラスとして当店オリジナルの文様ガラスや、、他にも全面をふんわりとカモフラージュしてくれるすりガラスをご用意。ご希望いただければオーダー引き戸にお入れすることができますので、気になる方はお気軽にお申し付けください。

オーダー引き戸建具はどうやって選べば?用途別にポイントをご紹介

引き戸をオーダーする際は実用面にも考慮して、作りやデザインを決める必要がありますよね。ここでは人気の「玄関」「室内」「クローゼット」3つの用途別に、それぞれに最適なオーダー引き戸の選び方をご紹介します。

玄関用オーダー引き戸の選び方

オーダー引き戸は扉の開け閉めに場所を取りにくいので、場所をできるだけ有効活用したい玄関にもぴったりですよね。そんな玄関用のオーダー引き戸を選ぶ際には、まず知っておかなければならない大前提があります。それは引き戸は比較的気密性が低いということ。通気性がいいとも言えるのですが、冷暖房の効果が落ちてしまう恐れがあります。「それは困る!」ということであればより気密性の高い開き戸などをオーダーするのがおすすめです。

それども引き戸をオーダーしたいということであれば、次に注目したいのは防犯面です。オーダー引き戸の安全性を高める方法は、機能性の高い鍵を取り付けるなど様々ですが、必ず押さえておきたいのがガラスの面積。ガラスが入った引き戸は玄関に華やかさをもたらしてくれる反面、安全性という点が少しネックになります。防犯面を考慮するならガラスを使わないものを選ぶか、ガラスの面積が小さいもの、他にも鉛のフレームが万が一の侵入を防いでくれるステンドグラスタイプなどがおすすめです。それでは十分な採光が望めない!という場合は、ドアの横に別途窓などを設けるのも一案ですよ。

室内用オーダー引き戸の選び方

室内用のオーダー引き戸選びは制約が少なく、幅広いデザインを候補に入れることができます。演出したい印象を考えつつデザインを決めていきましょう。室内用として特に人気なのがやはりガラス製引き戸。廊下など窓が無く採光の難しい場所にも最適ですし、またリビングなど広い空間の間仕切りに使ってみるのも素敵です。扉とは異なり好みに応じて狭い範囲から広い範囲までカバーできる引き戸だからこそ、アイディア次第でさまざまなお部屋作りを楽しむことができます。ただガラス面が広いと、お子様のいらっしゃるご家庭では安全面が心配になる時もありますよね。そんな時は強化ガラスを入れてオーダーすると、安心してインテリア性も追求できおすすめです。

またデザイン以外にも、室内用のオーダー引き戸には設置面で知っておきたいポイントがあります。まず、引き戸はドアよりも開け閉めに力が必要だということ。さっと閉めただけだと微妙に隙間があいたままだった…なんてこともあります。もう少し楽にオーダー引き戸を開け閉めしたいのであれば、「ソフトクローズ」という部品を付けると便利です。こちらは軽い力で確実に引き戸が閉まるようにしてくれますし、さらに扉がゆっくり閉まるようスピード調整し、指を詰めてしまうなどの事故を防止する効果も期待できる優れものなんです。

もうひとつ注目したいのがオーダー引き戸のレール。レールは床に設けるのが一般的ですが、こうすると思いの外レールにゴミがたまるんですよね。「もっとお掃除を楽にしたい!」そんな場合は「上吊り式」という足元にレールが必要の無い取付け手法を選んでおくと快適ですよ。よかったら参考にしてみてくださいね。

クローゼット用オーダー引き戸の選び方

クローゼットにもこだわりのオーダー引き戸を取り入れれば、毎日の身支度がもっと楽しくなりそうですよね。クローゼット用のオーダー引き戸を作る際特に注目したいのが通気性。もともとオーダー引き戸は作りの特性上、風の通りがある程度確保されているので、放っておいても湿気やニオイがそこまでこもることはありません。しかしより風通しよくしたいということであれば、ルーバーという通気孔を備えたデザインや、透かし彫りなど通気口の代わりになる抜き細工が施された、そんなをデザインを採用するとよさそうです。

引き戸をオーダーするなら押さえておきたい3つの形

オーダーの引き戸には主に3つの取付け方法があることをご存知でしょうか。新築やリフォームで取り入れる際には設置法の選択肢も豊富ですから、自分にとってベストな引き戸をオーダーできるよう、ここで各タイプの概要をきちんと押さえておきましょう。

引き戸の設置タイプは「片引き戸」「引き違い戸」「引き分け戸」のおおよそ3種類に分かれます。「片引き戸」は決まった片側方向に引き戸を動かし開閉するシンプルなタイプです。対して「引き違い戸」は2枚以上の引き戸を左右どちらからもでも自由に開閉できるタイプ、「引き分け戸」2枚以上の引き戸を真ん中から左右に押し出すよう開ける作りをしています。

以上が基本の3つの設置法ですが、「片引き戸」「引き分け戸」の場合はもう少しオプションが選べます。それは通常の引き戸の設置法と「引き込み戸」という設置方法のどちらを選ぶかということ。通常の引き戸はすべての戸を開け放った際でも最低1枚分は引き戸が目に見える形で残ります。一方「引き込み戸」という方法で設置すると引き戸は壁の中にすべて収納され、建具の存在感を極限まで軽くすることができるのです。見た目や使い勝手に考慮しつつ、どれがあなたのお家に最適か吟味してみてくださいね。

いつもの和室もオーダー引き戸でこんなにおしゃれ!インテリア実例3選

オーダー引き戸を取り入れる場所として和室をお考えの方も多いのではないでしょうか。和室は取り入れる引き戸によって、ずいぶんと印象が変わります。ここでは様々なオーダー引き戸を使った和のインテリア例を3つご紹介します。あなたの和室にどんなデザインの引き戸を取り入れるか考える、参考にしてみてくださいね。

  • 色ガラスオーダー引き戸がアクセント、華やかさ香る和室インテリア

    オーダー引き戸を和室に取り入れると言うと、障子戸など和のデザインの引き戸が真っ先に思い浮かぶかもしれません。けれどここはちょっと趣向を変え、こんな風に色ガラスを使ったモダンな1枚を取り入れてみてはいかがでしょう。赤い差し色が入るだけでぱっと空間が華やかになり和洋折衷な印象に。一味違った和室インテリア作りができます。実はこの引き戸の真ん中には普通のクリアガラスではなく、当店オリジナルの文様ガラスをはめ込んでいます。そのため外の景色を楽しみつつも、中が丸見えにならないうれしい効果もあるんですよ。

    色ガラスオーダー引き戸を取り入れたカフェ風和室インテリアはこちら

  • 組子オーダー引き戸で情緒添える、和モダンなダイニングスペース

    オーダーの引き戸を和室の出入り口や仕切りに使いたいこともありますよね。そんな時はこのお部屋のような組子風装飾を使った引き戸もおすすめ。日中は外の光が、夜は照明が組子風装飾を照らすことで陰影が生まれ、なんともムードある雰囲気を作り出してくれるんです。昼夜で全く違った表情を見せてくれるので、和室で過ごす時間がより楽しくなりそうですね。また和室にダイニングテーブルを置く場合であれば、写真のような帯状に組子細工が施されたものも素敵。ちょうど視界に組子細工が入り、食卓がぐんと華やいだ印象になりますよ。

    組子風装飾が目を楽しませる和モダンなダイニングインテリアはこちら

  • オーダー引き戸は桟が物言う、スタイリッシュなリビングインテリア

    オーダー引き戸を取り入れた和室インテリアとしては、このお部屋も参考になるのではないでしょうか。使われているオーダー引き戸はガラスを使ったとてもシンプルなデザイン。けれど木枠の中に走る桟(さん)の形が非常にユニークですよね。こんな風に凝った装飾を使わなくても、桟のデザインにこだわるだけで印象ががらりと変わるのもオーダー引き戸の面白いところです。このお部屋では少しモダンな印象になるよう意識してデザインを決めています。シンプル派さんも桟のデザインを工夫してひと味違う空間を作ってみてはいかがでしょう。

    オーダー引き戸の桟デザインがアクセントの和風リビングコーディネートはこちら

ラフジュ工房のオーダー引き戸だからこそ!アンティーク建具の再現もお受け可能です

ラフジュ工房のオーダー引き戸は限られたラインナップから選ぶだけでなく、ご希望いただければどんなお好みのデザインでも自由に形にできてしまうのが特徴です。そのため普通ではまず困難な売約済アンティーク建具の再現もできてしまうんです!「あのアンティーク引き戸を取り入れたかったのに売れてしまって」「あのアンティーク引き戸のデザインは好きだったんだけど、サイズが合わなくて」そんな悔しい思いをお持ちの方はぜひあきらめずラフジュ工房にご相談ください。一緒に100%理想のオーダー引き戸を叶えていきましょう!

こだわり検索

アイテムから探す

特徴で絞り込む

                             

セール

 

商品タイプで絞り込む

 

国で絞り込む

                 

テイストで絞り込む

                                     

使用シーンで絞り込む

                           

ブランドで絞り込む

                             

素材で絞り込む

                               

家具の色で絞り込む

                 

木の色味で絞り込む

         

価格から探す

サイズから探す(単位:mm)