国内外のアンティーク家具が最大20%OFF!

店長がお答え! 新型コロナウィルス対策って何かしているの?

縮小営業・臨時休業のお知らせ

日本で一番あなたのわがままを叶えるアンティーク家具屋

アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

選ばれる理由

リメイク

オーダー家具

家具買取サービス

» 全商品一覧を見る

照明・ランプ・ライト

価格

円 〜

mm 〜 mm

高さ

mm 〜 mm

奥行き

mm 〜 mm

ペンダントライト / ヴィンテージ

306

ヴィンテージスタイルのお部屋をより雰囲気のある空間にしてくれるヴィンテージペンダントライト。
ラフジュ工房では、ベーシックな平笠のものからユニークなデザインのものまで様々なヴィンテージペンダントライトをお取扱いしています。
ヴィンテージペンダントライトは、シェード部分に様々な素材を用いたものが多く、その種類はガラスや木製、アイアン、ホーロー、プラスチックなど多岐に渡ります。カジュアルな雰囲気からシックな雰囲気まで、様々なお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが出来ますよ。クリアガラスのシェードや、シンプルなデザインのものであれば、2・3灯を複数使いするのもおすすめです。また、個性的なデザインの物が多いヴィンテージペンダントライトの中でも、シェードがプラスチック素材で出来た物には特にユニークなデザインのものが多く、レトロな雰囲気を醸し出す存在感のあるインテリアになりますよ。また、インダストリアルな雰囲気が魅力のアイアンやホーロー製のシェードも、ヴィンテージスタイルのお部屋にぴったりです。
シンプルなデザインでエレガントな雰囲気を作ったり、一癖ある素材を選んで個性を楽しんだりと、様々な楽しみ方のあるヴィンテージペンダントライトで、お部屋作りを楽しんでくださいね。

失敗しないヴィンテージペンダントライトの選び方を知りたい方はこちら

3色の商品タイプのマークについて

ペンダントライト / ヴィンテージ

 

 

 

 

 

ダイニングや寝室の照明はヴィンテージペンダントライトで雰囲気を出す

いろいろな天井照明のなかでも、ダイニングや寝室などにはペンダントライトを使う場合が多いでしょう。 部屋の印象をおしゃれにかえたいときには、ヴィンテージのペンダントライトがおすすめ。 設置するだけで雰囲気が変わるヴィンテージは、手軽なインテリアとして人気を集めています。 豊富な種類やデザインがあるヴィンテージは、選ぶ楽しさも存分に味わえるでしょう。

海外ヴィンテージから国産まで種類が豊富

ヴィンテージペンダントライトは空間にアクセントを与え、雰囲気を作るのに適しています。 その種類は豊富で、国産や海外の製品があり、材料や形の違いなどがあるので、それぞれを詳しく解説していきます。

レトロな雰囲気で和室に合う国産ヴィンテージペンダントライトには、シンプルな平笠シェードや和モダンな木製の装飾に囲まれた乳白色のシェードなどがあります。 海外製品には、イギリスやフランス、イタリアのものが多く、おしゃれなデザインやカラーが目を楽しませてくれます。 また、フランス製のヴィンテージペンダントライトの中には、真鍮の枠が多面体のようにガラスをつないでいるものがあります。 店舗に設置すればシックな空間を演出でき、鳥かごのようなデザインが注目を集めることでしょう。

ヴィンテージペンダントライトの材質には、ガラス製のシェードや陶器製、 アイアン製、真鍮製などがあるので、多彩なバリエーションを展開していることが分かるでしょう。 ガラス製のシェードは光を受けて反射する様子が豪華です。縁に丸いガラスの飾りやフリルをあしらったデザインは、淡い色がついている可愛らしいデザインも見られます。 また、陶器のシェードの中には日本を代表する陶磁器ブランドのものもあり、和洋どちらの部屋にも彩りを添えてくれるデザインで人気を博しています。 アイアン製には、イギリスのハンギングタイプがあり、ランタンのようなデザインがおしゃれです。 ヴィンテージペンダントライトは、形もいろいろで、シンプルなものからシャンデリアタイプの豪華な形まで選択の幅が大きいのが特徴です。 どのような部屋にも合わせられる、インテリアのような存在かもしれません。

ヴィンテージペンダントライトはシェードデザインが決め手

ヴィンテージペンダントライトを選ぶときは、シェードの素材やデザインで印象が決まります。 目的に合ったシェードの選び方を覚えておきましょう。和モダンにしたいときは、陽刻ガラスの厚みのある乳白色のシェードがおすすめです。 そのままの形でも、点灯した時に模様も浮き出る模様も、温かみのあるモダンな雰囲気です。 また、上品なオパールガラスも、点灯しないときに日光の加減で変化するシェードの色が楽しめるでしょう。
ナチュラルな雰囲気にしたい場合は、シンプルなガラス球に模様が施されたデザインや、 シェードに淡いイエローの模様があるイギリスヴィンテージなどが向いています。ミルクガラスの柔らかい光もナチュラルな部屋に合うでしょう。 また、北欧モダンにしたいときは、スタイリッシュなホワイトのシェードを幾重にも重ねたデザインや、タッセル付きの可愛いデザインがおすすめです。

サイズや長さバランスも空間演出には欠かせない

ヴィンテージペンダントライトは、コードの長さやシェードの大きさ、形状によって明るさや雰囲気が変わるため、サイズや長さのバランスを取ることも、空間演出には欠かせないポイントです。 そのため、明るさの目安などを覚えておくと設置する際に役立つでしょう。 コードの長さの決め方は、設置する部屋のテーブルの高さを基準にして、テーブル全体を照らすようにすればよいのです。

  • ▲1~2人用のテーブルであれば、テーブルの上から照明まで60~80cmくらいが目安です。明るさは、60Wくらいであれば、テーブル全体を照らすことができるでしょう。

  • ▲ファミリーサイズのテーブルやカウンターテーブルならコードの長さはテーブル上から50~70cmくらいが目安になります。 明るさは、40Wを2か3つくらい配置すると十分でしょう。40Wの照明でも、テーブルの多きさや配灯を工夫すればバランスを取ることができます。

シェードの素材や形状で明るさはこんなに違う

ヴィンテージペンダントライトは、シェードの素材や形状によって照らすことの出来る範囲に違いが出てくることを理解しておくと選びやすいでしょう。 例えばヴィンテージのガラス製ペンダントライトでは、電球の光が拡散して輝くため、部屋全体を明るく照らすことができます。 また、形状によっては、壁に美しい模様が浮かび上がり、幻想的な雰囲気を作り出すものもあります。 現代のガラス製と比較すると、手元も明るいのが特徴です。 またカラーガラスの場合は、シェードの影や色が部屋全体に浮かび上がるので幻想的な空間を演出できるでしょう。 ガラス製のペンダントライトで手元を照らしたい場合には、ミルクガラスで作られたものがおすすめです。 乳白色のミルクガラスが光を柔らかく遮りながらも、手元を明るく照らしてくれますよ。

ガラス以外の素材を使ったものであれば、ヨーロッパ製のビーズを使用したビーズシェードは、独特の光が反射してとても美しい模様が部屋に広がりますよ。 また、リネンなどの布製、またアイアン製のシェードで、電球にシェードがかぶらないタイプのものも、光が拡散して部屋全体を明るくなります。 反対に、ホウロウや陶器は手元を明るく照らしてくれるので、読書やパソコンなどにも対応できるでしょう。 また磁器製のペンダントライトでは、ボーンチャイナが使われたものであれば、光が部屋全体に拡散しながらも、手元の明るさも確保できるのでおすすめです。 そして、ペンダントライトだけでは部屋が暗いと感じる場合は、複数を使用してもおしゃれです。 また、壁掛けタイプやダウンライトなどで明るさを補助する方法もおすすめですよ。