アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

オーダー

» 全商品一覧を見る

シーリングライト / ヴィンテージ

ラフジュ工房では、シェードで電球全体が覆われているものを「シーリングライト」としてご紹介しています。机の上などをポイントで照らすのに適したペンダントライト型と、お部屋全体を明るくする効果のあるシーリングタイプのものがあります。
ヴィンテージシーリングライトは装飾は控えめでありながらも、シェード自体ががユニークシルエットのものが多いのが特徴です。そのため、個性的なデザインながらもすっきりとした雰囲気で、北欧テイストやレトロ、インダストリアルなど、様々なテイストのヴィンテージスタイルにマッチしますよ。
天井への取り付け部分は配線そのままのものと、引っかけシーリング型のものがあります。配線そのままの照明は取り付け工事が必要です。気に入ったお品がありましたらご購入前に必ず取り付け部分を各商品ページでご確認下さいませ。

絞り込み商品検索

商品カテゴリ:シーリングライト
アイテム:指定無し
テイストで絞り込む:ヴィンテージ
高さ:指定無し  幅:指定無し  奥行:指定無し

検索結果

45

商品が見つかりました

3色の商品タイプのマークについて

シーリングライト / ヴィンテージ

ヴィンテージシーリングライトを選ぶとこんなメリットがある

ヴィンテージシーリングライトは、設置するだけで部屋の雰囲気がおしゃれになります。電球全体が囲われたデザインのヴィンテージシーリングライトは、光が柔らかく広がり、お部屋を自然な明るさに導いてくれます。 ここでは、ヴィンテージのさまざまな種類や設置するメリット、選び方を解説していきます。

ヴィンテージシーリングライトの種類

ヴィンテージシーリングライトには、どのような種類があるのかをご紹介します。 ヴィンテージシーリングライトの素材の種類は、スチールやガラスが中心になっています。 スチールは自由なデザインが可能で、シンプルにもなり装飾で華やかにも仕上げることができるのが特徴でしょう。 ガラスは、カットの方法で反射光を効果的に利用でき、豪華な演出を施すことができます。 ヴィンテージシーリングライトのデザインには、シャンデリアタイプや複数のガラスカバーが取り付けられたタイプなどがあります。 イタリア製のシャンデリアタイプには、花や蝶をモチーフにしたデザインもあり、カットが美しいクリスタルボウルを下げた豪華なものがあります。 宝石にも例えられるシャンデリアタイプは、安全性にも配慮されていると定評のあるブランドが製作したもので、その存在感で部屋をグレードアップしてくれること間違いありません。 また、取り付け方法で分けると、天井に直接取り付けるタイプ、引っ掛けて取り付けるタイプの2種類があります。 ヴィンテージシーリングは天井に直接つけるタイプは珍しいので、引っ掛けるタイプが主流になっています。

ヴィンテージシーリングライトのメリット

ヴィンテージシーリングライトを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。 1つ目は、シャンデリアのような装飾や美しいデザインのシーリングライトを、灯りを固定した状態で楽しめることでしょう。 風に揺らぐこともないので気にならず、安定感もあります。 2つ目には、シーリングライトは天井に直接設置し照明の位置が高くなるため、明るさの範囲が広がるというメリットがあります。 ペンダントライトのように、ライト本体の設置位置が低いものは、ライト上部は暗くなりがちです。 部屋が明るいことで、住む人の気分も明るくなる効果があるでしょう。 3つ目のメリットとして、ヴィンテージシーリングライトの光は、明るすぎて目が疲れる、眩しいといったこともありません。 部屋に設置してみると、光に温もりがあるヴィンテージならではの良さを認識できることでしょう。 ヴィンテージシーリングライトで、味わいのある明るさを体感することをおすすめします。 1つ設置すれば、ほかの部屋もヴィンテージシーリングライトで統一したくなるかもしれません。

設置する空間に合わせたヴィンテージシーリングライトの選び方のポイント

ヴィンテージシーリングライトは、設置する空間に合わせて選ぶといいでしょう。 たとえば、リビングにつけるのであれば、大きめのものを選ぶことをおすすめします。 部屋が広いとシーリングライトの存在感が小さくなりがちなので、ある程度の大きさがあった方が、ヴィンテージの良さをアピールできます。 もし、壁面に補助照明を使うときは、メインになるシーリングライトとのバランスを考慮して選ぶといいでしょう。 ヴィンテージシーリングライトを玄関に設置する場合は、隣接する廊下の照明とのバランスを考えるのも大事です。 違和感を覚えないよう、統一性のあるコンテンツに基づくデザインを選びましょう。 同じように、廊下の照明も玄関とのバランスを見ることが大切です。 また、寝室も部屋のサイズに適したシーリングライトを選ぶようにするのがポイントです。 ヴィンテージのデザインが効果的に発揮され、豪華な雰囲気や落ち着いた雰囲気などイメージに合った部屋作りができるでしょう。

こだわり検索

アイテムから探す

特徴で絞り込む

                       

セール

 

商品タイプで絞り込む

 

国で絞り込む

                 

テイストで絞り込む

                                     

使用シーンで絞り込む

                           

ブランドで絞り込む

                             

素材で絞り込む

                               

家具の色で絞り込む

                 

木の色味で絞り込む

         

価格から探す

サイズから探す(単位:mm)