アンティーク家具 ラフジュ工房

  • ご相談・お問い合わせ用ダイヤル

    0294-70-3154

  • ご注文ダイヤル

    0294-70-3730

電話受付:10:00〜17:00 定休日:土・日・祝

送料無料のお知らせ

帯戸・板戸

帯戸は、民家で間仕切りとして使われていたもので、中央に幅の広い横桟が入ったもののことを指します。
部屋の端から端までを渡す壁のような役目をすることから、何枚かの揃いにになっていることが多く、
お部屋の壁にもなるため、上等の建具とされていたようです。それを裏付けるように、揃いの帯戸は並ぶととても迫力がありますよ。
ラフジュ工房でも、4枚セットのものは人気がありすぐ売約済みになることもありますから、ご検討の場合にはチェックして頂きたいです。
帯戸には全面が木のものと、中央がガラスになっているものがあります。
ガラスのものだと、部屋と部屋を完全に分けることなく、光もガラス戸程通さないほどほどの距離感を作ることができますよ。
ガラスで当時のものをそのまま残しているものは当店でも珍しく、今となっては手に入らないようなアンティークガラス特有の柄や色のものも
ありますので注目してみて下さいね。

絞り込み商品検索

商品カテゴリ:帯戸・板戸
アイテム:指定無し
その他条件:指定無し
高さ:指定無し  幅:指定無し  奥行:指定無し

検索結果

562

商品が見つかりました

検索結果


現在ではリノベーション住宅や賃貸の改装時に、取り払えるドアや建具は取り除いて、大きな空間を作る方法が主流となっていますよね。
それによって、帯戸のような「壁」となる建具はあまり用いられない傾向にありますが、冬の寒いときなどに取り付けて、
暖房効果を上げられるように、鴨井と敷居を残しておくのもいいかもしれませんよね。
それになんといっても、年月を重ねたアンティーク帯戸が持つ木目は、壁紙等には無い雰囲気と味があります。
お部屋の大きさに合わせて一枚からでも購入でるので、上質の仕切り・壁としても、帯戸を検討されてみてはいかがでしょうか。
四季がはっきりしているため昔から季節とうまく付き合ってきた日本の住宅にならって、季節や状況によって部屋の大きさを変えられる、
日本ならではの建具を活用してみてはいかがでしょうか。

こだわり検索

アイテムから探す

国で絞り込む

                 

家具タイプで絞り込む

                                       

使用シーンで絞り込む

                           

ブランドで絞り込む

                             

素材で絞り込む

                               

特徴で絞り込む

           

家具の色で絞り込む

                 

木の色味で絞り込む

         

価格から探す

サイズから探す(単位:mm)