お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

ゴールドスミスチェアとは

ゴールドスミスチェアとは、イギリスの伝統的な木製椅子「ウィンザーチェア」の一種。 18世紀に活躍した劇作家、オリヴァー・ゴールドスミスが愛用した椅子をモデルにして作られたことに由来します。後ろに傾斜した座面やハイバックの背もたれが特徴的で、均整のとれた姿や合理的な設計は、近代における椅子製作現場に大きな影響を与えました。

ゴールドスミスチェアの特徴

ゴールドスミスチェアは、ウィンザーチェアの一種「コムバックチェア」の構造をベースしたもので、後ろに傾斜したハイバックの背もたれを有しているのが特徴です。

「コムバックチェア」について、以下でも解説しています。こちらもぜひご覧ください。

⇒RAFUJU MAG 辞典「コムバックチェア」のページはこちら

笠木

ゴールドスミスチェアの笠木は、背に合わせて前後に湾曲しています。また、デザインによっては、笠木の両端には半円・耳状の突起が付けたものもあります。

座面

ゴールドスミスチェアの座面は、それまでのウィンザーチェアが半円形だったことに対し、ほぼ円形に近い形をしています。座面の後部にはダブテールと呼ばれる突起が張り出し、さらにそこからブレイシングスティックと呼ばれる2本の補助背棒が放射状に伸びています。ちなみにウィンザーチェアは、斜めに取りつけられた座面が特徴の一つですが、これはゴールドスミスチェアから用いられた技術だとされています。

ゴールドスミスチェアの脚部には、シンプルな棒状のほか、挽物装飾(ロクロを回して木を加工すること)が施されたデザインがあります。また、デザインや家具メーカーによっては、座面に傾斜をつけるため、前後2本ずつで角度を変えて取り付けられたものもあります。

貫(ぬき)

貫の形状は、基本的にH型をしています。前後の脚の間に左右1本ずつと、それらを真ん中で繋いだ1本で構成されています。

材料

ゴールドスミスチェアに使われた木材には、ビーチ(ブナ)、エルム(ニレ)、オークなどがあげられます。また、座面にはエルム材を、そのほかの部分はビーチ材を用いるなど、パーツによって使い分けもされました。

ゴールドスミスチェアの歴史


ゴールドスミスチェアのルーツは、18世紀のイギリスで活躍した一人の劇作家が愛用したウィンザーチェアにあります。彼の名は、オリヴァー・ゴールドスミス(1730-1774年)。彼は、肘かけがついたウィンザーチェアを愛用していました。このウィンザーチェアを彼がいつ頃入手したのかは定かではありませんが、1700~1760年代に作られた椅子だと見られています。彼が1774年に亡くなるまで長らく愛用していたとされ、彼の死後このウィンザーチェアは、遺品としてしばらく友人が所有していました。

その後、友人や親族らの手に渡ったあと、子孫の妻がヴィクトリア&アルバート美術館へ寄贈。以降このウィンザーチェアは、「オリヴァー・ゴールドスミス・ウィンザーチェア」として広く知られるようになったのでした。

そして彼の死から約200年近い歳月を経た20世紀半ば、イギリスの家具メーカーであるアーコール社は「オリヴァー・ゴールドスミス・ウィンザーチェア」をモデルにした椅子を製作。この椅子こそがのちにベストセラーを誇る、「ゴールドスミスチェア」でした。ゴールドスミスチェアは広く親しまれ、やがて日本でも「アーコール社の椅子といえば『ゴールドスミスチェア』」と言われるほどの象徴的な存在になりました。

ゴールドスミスチェアが誇る洗練されたデザインと完成度の高さは、イギリス国内のみならず、北欧諸国やアメリカ、日本の家具メーカーやデザイナーに大きな影響を与え、今に続いています。現在、オリヴァー・ゴールドスミスが亡くなってから約250年の歳月を経ちますが、彼の名とゴールドスミスチェアの人気は、これからも決して衰えることはないでしょう。

ゴールドスミスチェアを日本に広めたアーコール社の存在

日本でも「ゴールドスミスチェア」はとても人気な椅子ですが、その名が広く知れ渡ったのは、アーコール(Ercol)社による功績が最も大きいでしょう。

アーコール社がゴールドスミスチェアを製作したのは、1960~1970年代のこと。軽やかな印象のウィンザーチェアをベースに、ゴールドスミスチェア特有のダイナミックな背もたれが合わさった斬新な姿で、その後アーコール社を黄金期にまで導いたベストセラー商品となったのでした。

また、アーコール社の本場イギリスから遠く離れたところに住む日本人にとっても、アーコール社のゴールドスミスチェア新鮮なものに映りました。アーコール社を筆頭にモダン家具のリバイバルブームがたびたび繰り返された影響もあり、その知名度は一気に上昇。近年では雑誌やメディアがこぞって取り上げるなど、不動の人気を誇っています。ちなみにアーコール社の人気の背景には、日本の住宅は木造建築が主流であったことや、ゆえにインテリアの相性がよかったことも理由にあげられ、日本人にとって非常に親しみやすかったことが多くの支持を集めた理由ともいえるでしょう。

以下のページでは、アーコール(ERCOL)社について詳しく解説しています。もっと深く知りたい!という方はぜひこちらもご覧ください。

⇒「ERCOLってどんなブランド?」のページはこちら

関連記事

お買い物はこちら