お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

ウィンザーチェアとは

ウィンザーチェアとは、17世紀後半にイギリスの地方で庶民のあいだで生まれたカントリーチェア(民芸椅子)のこと。木製の座面に脚や背もたれのパーツが直接接合されているのが特徴です。「ウィンザーチェア」の名は、背もたれの軸棒をウィンザー地方で作られていたことや、ウィンザー城の方から運ばれたことなどが由来しています。また、ウィンザーチェアは、使いやすく丈夫なうえ、大量生産がしやすかったため、公共施設や学校、市役所などでも使われました。また、その使いやすさが上流階級の間でも人気を集め、庶民から上流階級へ伝わった珍しい家具としても知られています。

ウィンザーチェアの特徴とは?

ウィンザーチェアの特徴は、大きくわけて3つあります。一つ目は、背もたれの背棒や脚のパーツが座面に直接取り付けられていること。二つ目は、脚が八の字に開いていること。そして三つ目が、木製の厚い座面が「座繰り」というお尻の形に加工されていることです。製作された年代や国籍によって多少の違いはあれ、基本的にはこの3つがウィンザーチェアのもつ特徴です。

種類

ウィンザーチェアの種類は、大きくわけると、最も古い形である「コムバック」、弓のような曲木加工が特徴の「ボウバック」、縦の軸棒がなく横に軸を付けただけの「スクロールバック」の3種類あります。これらを主軸として発展し、用途別や装飾デザインなど、多様なスタイルへ発展していきました。

コムバックチェア

「コムバックチェア」とは、その名の通り背もたれが櫛(コーム)のような形をしたウィンザーチェアのことを指します。笠木と呼ばれる背もたれのトップから、縦の軸棒が伸びたデザインが特徴です。17世紀ごろにこのスタイルが確立されたとされ、最も古い形のウィンザーチェアであると考えられています。

その他、コムバックチェアから派生したデザインとして、ファンバックチェア、フィルドバックチェア、スピンドルバックチェア、ゴールドスミスチェア、スティックバックチェア、エックスバックチェア、ラスバックチェアなどがあげられます。

ボウバックチェア

「ボウバックチェア」とは、背もたれの棒軸を曲木の背枠で囲んだウィンザーチェアのことを指します。背枠の曲木が、弓(ボウ)を引いた時のような形に見えることから、ボウバックチェアと呼ばれるようになりました。ボウバックチェアは18世紀半ばごろに登場し、それまで主流だったコムバックチェアよりも耐久性が高く、また部品も少なく安価で生産することができたため、コムバックチェアに変わり人気を博しました。

また、19世紀に入るとボウバックチェアから派生したデザインのウィンザーチェアが続々と登場し、ホイールバックチェア、ローバックチェア、フープバックチェア、クエーカーチェアなど、装飾性の高いウィンザーチェアが生まれました。

スクロールバックチェア


「スクロールバックチェア」とは、縦の棒軸が無く横木が付けられただけのごくシンプルなデザインのウィンザーチェアのことを指します。トップの笠木とサイド2本の背枠、その間を横木が支えるというものです。背枠の頭頂部に渦巻き状の装飾が施されていることから、スクロールバックチェアと名付けられました。極めてシンプルなデザインゆえに、重ねられるタイプのデザインも登場するなど、教育施設など数が必要な場所で重宝されました。

このほか、スクールチェア、ラダーバックチェアが、スクロールバックチェアから派生したウィンザーチェアとされています。

材料

ウィンザーチェアに使われた木材は多岐にわたり、ビーチ(ブナ)、アッシュ(タモ)、ユー(イチイ)、エルム(ニレ)などが使われました。また、アメリカではメープル、ヒッコリー、オーク(ナラ)、ポプラ、パインなども使われました。

彫刻

ウィンザーチェアの背もたれには、バイオリン、花瓶、十字架、王冠形のほか、時代が進むにつれ、さまざまな意匠が施されました。また、笠木の形には直線や曲線のほか、波形、耳付などがあります。ちなみにアメリカでは、笠木に植物のモチーフを入れることもあったようです。

脚や貫(ぬき)の形状

貫の形状にはオーソドックスなH形や、クロスさせたX型、前後左右で囲うボックス型などがあり、脚の形状にはストラットレッグと呼ばれる丸棒脚、カブリオールレッグといった猫脚などがあります。また、前にも触れた通り、ウィンザーチェアは脚部が八の字型に形成されていることも特徴の一つです。

ウィンザーチェアの歴史

16世紀:上流階級への憧れからはじまった

ウィンザーチェアの歴史は古く、16世紀のイギリスに始まります。当時のイギリスでは、装飾が施された家具は上流階級のみが持つことができる高価なアイテムでした。当然、庶民にとっては、とても手の届かない憧れのアイテム。そんな上流階級が使う家具を見よう見まねで作り始めたのが、ウィンザーチェアの原点でした。庶民は農作業や手仕事のかたわら家具作りに勤しみ、そんな暮らしの中で生まれたのが、「スツールウィズバック」と呼ばれる作業用チェアでした。3本脚のスツールに座面を繰り抜いて背もたれ用の板を差し込むという、非常に簡素なもので、これこそがウィンザーチェアの原型とされています。

17世紀:コムバックチェアの登場

やがて17世紀になると、「ダービーシャーチェア」と呼ばれた背もたれに華やかな装飾が施された椅子が登場します。元来の「スツールウィズバック」の構造と、新たに登場した「ダービーシャーチェア」の意匠を掛け合わせて生まれたのが、「ウィンザーチェア」でした。

その後、17世紀後半頃になると、半円の座にスティック状の背棒と脚が付いた「スティックバックチェア」が誕生。これを原型にした櫛型の背もたれで知られる「コムバックチェア」に発展していきます。

18世紀:ボウバックチェアの登場


18世紀半ばになるとオーストリアから曲木の技術が伝わり、「ボウバックチェア」が誕生。弓の形を模した見事な曲線美は、たちまち人気となり、ウィンザーチェアの主流デザインとなっていきました。また、同じころには、コムバックのデザインが進化した扇形の「ファンバック」も登場するなど、ウィンザーチェアのデザインが多様になっていきました。

19世紀:多様なデザインが次々に登場

19世紀に入ると、座り心地が良くて丈夫、さらに安価なウィンザーチェアは、学校や市役所、公共施設などにも使われはじめます。また、その評判は上流階級のあいだにも伝わりほど、ウィンザーチェアの人気は広く知れ渡り、さまざまな場所で重宝されるようになりました。人気に伴って子ども向けのチャイルドチェアや背もたれを低くしたローバックチェアなど、多様な形やデザインが生まれていき、イギリス国民の生活に深く根付いていきます。

20世紀:衰退と再評価

しかし、20世紀に入ると戦争による人手不足や職人の高齢化のほか、社会的な近代化の動きの影響もあり、ウィンザーチェアをはじめ木製の椅子は衰退の一途をたどるように。パイプ椅子などの工業製品が主力を握るようになり、ウィンザーチェアはついに幻の椅子とも呼ばれるほどまでに、姿を消してしまったのです。

すっかり影を落としてしまったウィンザーチェアでしたが、イギリスの家具メーカー、アーコール(ERCOL)社による再興のおかげで、再び脚光を浴びることになります。アーコール社は、イギリス伝統のウィンザーチェアをもう一度復活させるために、曲木の加工の機械化を実現し、大量生産できる体制を確立していったのです。アーコール社には、著名なデザイナーが在籍していたこともあり、ウィンザーチェアの知名度は民芸家具にとどまらず、名作アイテムへとつながっていきます。

その後、世界的なモダニズム運動の影響や北欧家具ブームなど、木製家具の流行が復活し、ウィンザーチェアはその代表的な椅子の一つとして見事復活を成し遂げました。現在のウィンザーチェアは、イギリス伝統の椅子として不動の人気を確立しているほか、20世紀半ばに作られたものがヴィンテージ家具として高く評価されるなど、今なお世界的に注目を集める存在となっています。

現在も不動の人気を誇るウィンザーチェア

誕生からおよそ500年以上も経つウィンザーチェアは、イギリスをはじめ、欧州やアメリカ、日本にも広まっていき、今や世界中で愛される存在です。その人気はアンティーク家具市場にも深く根付いており、年代や国籍別、デザイナー、家具メーカーごとに幅広いジャンルに分類され、非常に奥深いものになっています。

ウィンザーチェアといえば、アーコール社

その中でも鉄板なのが、やはりアーコール社のウィンザーチェア。前にも触れた通り、ウィンザーチェアの窮地を救った家具ブランドで知られ、今に続く不動の人気を確立させた存在です。特に看板商品の一つ、「ゴールドスミスチェア」は、シンプルな形状ながらも、ダイナミックな曲木の背もたれが唯一無二の存在感を引き立てます。無垢材ならではのナチュラルな質感はどんなお部屋にもなじみやすく、心地よい座り心地を提供してくれます。

⇒ラフジュ工房のアーコール(ERCOL)チェアはこちら

和洋折衷が美しい日本のウィンザーチェア

日本にウィンザーチェアがもたらされたのは1930年ごろのこと。その後全国に広まっていた民芸運動の波に乗るように、日本の職人がこぞってウィンザーチェアを作りはじめました。現在でも、松本民芸家具や飛騨産業、柏木工、高山ウッドワークスなど、日本の大手家具メーカーが販売。深い色味や艶感が持ち味の、日本ならではのウィンザーチェアを作り続けています。

⇒ラフジュ工房の和製ウィンザーチェアはこちら

関連記事

お買い物はこちら