お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

コムバックチェアとは

コムバックチェアは、イギリス発祥の伝統的な木製の椅子「ウィンザーチェア」の一種。背もたれが「櫛(コーム)型」に見えることに由来します。17世紀に確立されたスタイルといわれ、ウィンザーチェアの中でも最も古い形式として知られています。軽くて丈夫、安価に生産ができるなど、その優れた実用性およびデザイン性で世界的に愛用されている椅子です。

コムバックチェアの特徴

コムバックチェアは、その名の通り櫛(コーム)のような形をした背もたれが特徴的です。笠木と呼ばれる背もたれのトップと、縦に伸びた軸棒が組み合わさって構成されています。なお、これはウィンザーチェアに共通していることではありますが、軸棒や脚部のパーツが厚く作られた座面に直接つなぎ合わせられていることも特徴の一つです。

また、コムバックチェアは現在までに多様な派生デザインが生み出されています。17世紀に登場した「スティックバックチェア」を原形に、19世紀にかけて、ファンバックチェア、フィルドバックチェア、スピンドルバックチェア、ゴールドスミスチェア、スティックバックチェア、エックスバックチェア、ラスバックチェアなどが生まれました。その時代に流行したデザインが反映され、芸術性を凝らした華やかなデザインや、反対に洗練された簡素なデザインが繰り返し登場。コムバックチェアは、長い歴史の中で多様な変化を重ねてきた家具ともいえます。

なお、以下の記事ではコムバックチェアの派生デザインについて詳しく紹介しています。もっと詳しく知りたい!という方は、こちらもぜひご覧ください。

⇒『アンティークでも人気のウィンザーチェアとは?厳選デザイン16選』はこちら

彫刻等の装飾

コムバックチェアは、ウィンザーチェアの種類の中でも比較的装飾性が低く、豪華な装飾はあまり見られません。しかし、時代によってはコムバックチェアに分類される椅子にも、精巧な彫刻や曲線的な加工などが見られることがあります。コムバックチェアから派生したデザインの一つ、「フィルドバックチェア」には背板にフィドル(バイオリン)のモチーフが取り入れられています。これは当時流行した「クイーンアンチェア」という花瓶のモチーフがデザインされた椅子に影響されて作られたものだとされ、上流階級の間で流行しました。

また、19世紀前半に登場した「スピンドルバックチェア」には、軸棒や脚部に糸巻きのようなデザインが施されています。背もたれの笠木には彫刻が施されるなど、エレガントさが意識されました。そのほか、壺、花瓶、十字架、王冠、プリンスオブウェールズ(王室紋章)などのモチーフがあしらわれることもあり、緻密な彫刻であればあるほど高価なものとなりました。

⇒ラフジュ工房の「スピンドルバックチェア」の商品はこちら

笠木、貫、脚の形状

コムバックチェアの笠木には、直線や曲線、波型、耳付き型などの形状があります。貫の形状には、H形や中棒2本のダブルH型、牛角(カウホーン)型、X型、前後左右で囲うボックス型などが用いられました。そして脚の形状には、ストラットレッグ(丸棒脚)、バラスターレッグ、猫脚などがあります。ちなみに、脚の広がり方には生産国で違いが見られ、イギリス製の脚の広がり方と比べると、アメリカはやや広めに接合されています。

材料

コムバックチェアに使われた木材には、ビーチ(ブナ)、アッシュ(タモ)、ユー(イチイ)、エルム(ニレ)などがあります。アメリカではメープル、ヒッコリー、オーク(ナラ)、ポプラ、パインなども使われました。

コムバックチェアの歴史


コムバックチェアのルーツは、17世紀後半頃のイギリス中南部で誕生したウィンザーチェアにあります。一般庶民にとって家具は大変高価なものだった当時、庶民の彼らは上流階級が使う家具を真似て自ら作りました。そこで生まれたウィンザーチェアの初期デザインが、コムバックチェアだったのです。コムバックチェアは、軽量で丈夫、そのうえ安価で生産できたため、瞬く間に普及し、上流階級にも伝わるほど人気を博します。

18世紀末には、ウィンザーチェアの派生デザイン「ボウバックタイプ(弓のように湾曲したデザイン)」に押され一時衰退しますが、19世紀前半に「スピンドルチェア(スピンドルバックウィンザー)」のデザインが登場したことで見事復活。定番のデザインとして定着したのでした。

ところが、復活したのも束の間、産業革命の影響による工業化の勢いに押され再び陰を落とします。パイプ椅子の登場によりコムバックチェアはおろか、ウィンザーチェアのような木製製品は衰退してしまうのです。また、手工芸製品だったために市場で圧倒的に不利になってしまったことも要因でした。

しかしその後、アーコール社による技術革新によって、ウィンザーチェアは工業化に見事成功します。また、本来持っていた頑丈で美しく座り心地や価格に優れた設計が見直され、近代家具の製法や意匠にも多大な影響を与えていきます。20世紀を迎えると、ウィンザーチェアに影響を受けた北欧諸国のデザイナー家具が黄金期を迎えたことや、日本でも西洋家具がもてはやされたこともあり、コムバックチェアは世界中で脚光を浴びました。

やがて20世紀半ばになると、今度は科学技術の革新によってプラスチックなどの家具が台頭。その影響でウィンザーチェアなどの木製家具は再び衰退しますが、家具業界のプロモーションなどにより繰り返し再評価されてきました。その結果、今やコムバックチェアは流行に左右されない定番デザインの家具として人気を確立し、多くの有名デザイナーや大手家具メーカーが製作しています。

幾度の衰退の危機を乗り越えたコムバックチェアは、家具のデザイン史を築き上げてきた象徴として、今なお世界中から愛される存在となりました。

世界に影響をもたらしたコムバックチェア

アメリカン・ウィンザーチェア

18世紀前半のアメリカでは、ウィンザーチェアの生産が始まります。18世紀後半になると、欧州に輸出するほどの一大産業にまで発展するように。製造開始したばかりの当初は、イギリス製品を模倣することから始まりましたが、次第に現地事情に合わせたデザインが生み出されます。ボウバックとの折衷型や、「ボストンロッカー」と呼ばれたロッキングチェア型を生むなど、アメリカ独自の「アメリカン・ウィンザーチェアの文化が形成されました。

北欧や日本での人気に支えられたウィンザーチェア

先にも触れた通り、20世紀後半のイギリスでは、パイプ椅子等の普及によりコムバックチェアの需要は下がり始めていました。しかしこの一方で、北欧諸国や日本では、イギリスのウィンザー家具が持つ実用性と芸術性が注目され、新たに意匠や製品を創造する「リデザイン」の動きを生み出します。北欧諸国では著名デザイナーによる優れた製品が数多く創作され、今に継承されるデザインがいくつも生み出されました。

また、日本でも1930年代に始まった用の美を尊ぶ「民芸運動」と結びつき、多くの椅子が模造されます。手工芸に優れた日本の家具作りは、技術はもとより品質や価格にも優れ、やがて海外へも輸出されるほどに成長。日本の生活様式はどんどん西洋式になり、一般家庭や店舗に普及していきます。コムバックチェアも例外なく人気を博し、輸出産業が衰えたあとも定番品として存続しました。

イギリスで生まれたコムバックチェアは、こうして歴史の発展とともに西洋諸国だけでなく日本などのアジア圏にも広まり、ライフスタイルに大きな変化をもたらしたのでした。

関連記事

お買い物はこちら