RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

機能的なダイニングテーブル。伸縮式を選ぶメリット・デメリット

どんな家具でも購入前にはいろいろと悩むものですが、食器棚など大きくて簡単に買い替えできない家具を決める時には、特に慎重になりますよね。

ダイニングの主役とも言える、ダイニングテーブルもそんな家具のひとつ。生活の必需家具と言えるようになって、スタイルや色合いだけでなく、引き出し付きなど機能面でも選択肢が豊富になった分、総合的に見て決めなくちゃ、とより慎重になっている人もいるでしょう。

そんなダイニングテーブル選びの際、機能面を気にする人が検討に入れることが多いのが、伸縮式のダイニングテーブル。
北欧ヴィンテージのエクステンションテーブルやイギリスアンティークのドローリーフテーブルなど、当店でも扱うことの多いアンティークタイプについて、以前のMAGの記事でもご紹介しました。

「でも結局のところ、伸縮式はわが家に合ってるのかな?」そんな声にお応えして今回は、伸縮式ダイニングテーブルのメリット・デメリットをまとめてみました。

サイズ調整できる伸縮式ダイニングテーブルのメリット

伸縮式ダイニングテーブルの、誰もが認める特長と言えば、天板サイズを調整できること。2人掛けテーブルが一瞬で、4人掛けにも6人掛けサイズにも変身します。

ではダイニング空間の中で、また生活の中で、このサイズ調整がもたらしてくれるメリットとは何でしょう?

家族の人数や空間に合わせて長く愛用できる

北欧ヴィンテージバタフライテーブル 「今は夫婦二人だけど、そろそろ子どもも...。」 「今は社宅住まいだけど、もうすぐマイホームを建てる予定!」

そんなふうに、今はもちろん使える、でも家族の人数が変わったり、住む家が変わったりしても対応可能なのが、サイズ調整可能な伸縮式テーブルのいいところです。サイズを理由に気に入っていたテーブルを手放す必要がないので、長く愛用し続けられますね。

使い続けることを前提に買うなら、少しくらい高くても作りのしっかりしたものを選んでください。そしてインテリアの趣味が変わってもテーブルクロスなどで対応できるよう、シンプルなデザインのものを選ぶといいですよ。

ホームパーティーが好きな来客の多い家でも便利

北欧ヴィンテージエクステンションテーブル 「家族や友人を呼んでホームパーティーをするのが好き!」

そんなご家族にも、必要な座席数に合わせて大きさを調整できる、伸縮式テーブルが役立ちます。ただ知っておきたいのが、「伸縮式」とひとことで言っても、エクステンションテーブルのようにリーフ(自在板)が天板下に隠れているものや、バタフライテーブルのように普段はリーフが横にぶら下がっている状態のものなど、構造がいろいろあります。

頻繁に伸縮させるから、自在板のセットがしやすいもの、パーティーのサイズに応じて数段階伸縮できるものなど、伸縮の構造にもしっかり注意して選びましょう。

サイズ調整が原因の伸長式テーブルのデメリット

大きさの調整ができて使い勝手が広がることは、いいことばかりのように思えますが、実はちょっとしたデメリットも生んでしまいます。

来客用のイスは普段どうする?

アンティークベンチの活用例 たとえば、来客用として普段から伸縮して使う機会が多いご家庭では、来客用の椅子を普段どうしたらいいのかが課題になります。普通のダイニングチェアでは置き場所ばかり取り、邪魔になってしまいます。

代わりに、折りたたみ式のおしゃれなアンティークチェアやスタッキングチェアを用意しておくといいですよ。また、普段は部屋の片隅でグリーンを飾っているスツールや、飾り台として使っているベンチで対応することもできますね。

テーブルを選ぶ段階で予備の座席についても考えておくと、あとあと悩む必要がなくなります。

テーブルを広げたら脚が邪魔に?

レトロなバタフライテーブル ダイニングテーブル購入の際に、イスと合わせて忘れずに確認しておきたいのが、伸縮式テーブルの脚です。

テーブルを広げた時の天板のサイズだけでなく、その時の脚の位置が実はとても大切なんですよ。たとえばバタフライテーブルは、リーフを固定するために、脚を横にグイッと広げなくてはなりません。

この脚が邪魔にならないように座席をセットすると、必要な座席数が確保できなかったり。また座席数を確保しようとすると、誰かが脚をまたいだ状態で座らなくてはならなかったり。脚のせいでくつろげないテーブルになってしまったら、せっかくの伸縮機能がもったいないですよね。

いざ使ってみたら意外に不便...とならないよう、自在板を広げる前・後の脚の位置も要チェック項目に入れておきましょう。

最後に

長く使い続けられて、来客にも対応できる!といいことばかりかと思ったら、来客用のイスやテーブル脚のことなど、ちょっとしたデメリットもある伸長式のダイニングテーブル。

「でもやっぱり便利!」や「もうちょっと考えたほうが良さそう...。」など、機能的なダイニングテーブル選びの参考になりましたか?文中でもお伝えした通り、いろいろな構造の伸長式テーブルがあるので、その点ももう一度確認してみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE