お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

キャプテンチェアとは

キャプテンチェア(キャプテンズチェア)とは、イギリス発祥の木製椅子「ウィンザーチェア」から派生した椅子の一つ。上から見たときにU字型になっている背もたれが特徴です。19世紀頃にイギリスからアメリカへ伝わり、丈夫さや使い勝手の良さ、デザイン性の高さから非常に人気を博しました。また、イギリスでは社交場や官公庁の喫煙室で度々使われたことから「スモーカーズボウ」とも呼ばれています。アンティークチェアの象徴的な存在として、現在でも世界的な人気を誇るデザインです。

キャプテンチェアの特徴

ウィンザーチェアの構造をベースに、笠木とひじ掛けが一体化したU字型の背もたれを有しているのが特徴です。

脚部の形状

キャプテンチェアの脚部は、ウィンザーチェアとほとんど同様の形状を有します。貫(ぬき)の種類には、くびれや輪・玉加工が施された「バラスター棒」と呼ばれる軸棒を用いたH型や、2本用いたダブルH型、前後左右で囲うボックス型などがあります。また、八の字の脚も特徴の一つで、アメリカのキャプテンチェアはイギリスのそれに比べ、広めに作られる傾向があります。

材料

キャプテンチェアに使われた木材には、ビーチ(ブナ)、アッシュ(タモ)、ユー(イチイ)、エルム(ニレ)などがあげられます。ちなみにアメリカでは、メープル、ヒッコリー、オーク(ナラ)、ポプラ、パインなども使われました。

デザインの種類

ウィンザーチェアから派生したデザインとして生まれたキャプテンチェアですが、時代が進むにつれて、さらにバリエーションが増えていきます。ソファのように革張りされたものや、座面が回転するタイプなどが次々に生まれました。また、日本においては民芸家具文化の隆盛を支えた存在としても知られ、西洋の文化を織り交ぜた日本独自のキャプテンチェアとして進化してきました。

キャプテンチェアの歴史

キャプテンチェアのはじまり

キャプテンチェアの歴史は、18世紀後半頃のイギリスではじまります。すでに大衆化していた椅子、ウィンザーチェアから派生したデザインの一つとして生まれました。U字型の背もたれを有したこの椅子は、イギリスでは社交場や官公庁の喫煙室で使われていたことから「スモーカーズボウ」の名で親しまれました。19世紀に入るとアメリカにも伝わり、アメリカ国内では蒸気船の船長室で使われたことから「キャプテンチェア」の名で親しまれるようになったとされています。

ウィンザーチェアについてもっと詳しく知りたい方は、以下のページもご覧ください。

⇒RAFUJU MAG 辞典『ウィンザーチェア』ページはこちら

日本でのキャプテンチェア


20世紀に入ると、キャプテンチェアは日本にも伝わります。当時、民芸運動が盛んだった日本は、洋家具文化にも高い関心を持っていたこともあり、全国各地でウィンザーチェアがこぞって模造されます。なかでもキャプテンチェアは洋家具を象徴する椅子として、日本国内で特に人気を博しました。キャプテンチェアをはじめとする洋家具文化の影響は、日本における家具製作現場はもちろん、国民のライフスタイルにまで及び、西洋化を加速させるきっかけにもなりました。

関連記事

お買い物はこちら