アンティーク家具について

読書好きの方必見!実用的に使えるアンティーク本棚の選び方

読書好きの方であれば、本棚はぜひともこだわって選びたいものですよね。自慢の蔵書を引き立ててくれるおしゃれなデザインのアンティーク本棚も魅力的ですが、その前にまずは、アンティークでも実用的に使えるものを、と思うのも当然のことではないでしょうか。
RAFUJU MAGでは、以前にも「おしゃれで実用的なアンティーク本棚の選び方」の記事で本棚の選び方についてご紹介しましたが、今回はとくに、純粋に本を収納するものとしての本棚を考えてみました。たくさん本を収納したいという方にも参考になる内容になっているので、ぜひ目を通してみてくださいね。

実用的に使いたいなら、収納するものに合わせたサイズ選びを

本棚といえば、基本的には本を収納するものですが、とくに実用的に使いたいと思っている方は、「どんな本をどれだけ収納するのか」を明確にしておく必要があります。自分が持っている本(あるいは、これから増えるであろう分も含めて)を全て収納できるだけの容量があるかを、まずは確認しましょう。

可動式が便利!棚の「高さ」を確認

レトロ 本棚

本棚選びの際には、棚の高さの確認は基本中の基本ですよね。
しまいたい本の種類によっても、必要な高さは変わってきます。文庫本なら低くても足りますし、雑誌や写真集、百科事典などの大ぶりのものであれば、それだけの高さが必要になります。しまいたい本の大きさをしっかりと確認しておきましょう。

また、小さな本から大きな事典まで、様々なサイズのものをひとつの本棚に収めたいということもありますよね。その際に便利なのが、棚板の高さ調節が可能なつくりの本棚です。これなら、大きさごとにまとめて収納することができて、見た目にもすっきりとした印象が保てますよ。

意外と盲点。「奥行き」も忘れずに確認

大正ロマン ブックケース

棚の高さの確認はするものの、意外と忘れがちなのが「奥行き」の確認です。
高さと同様に奥行きも、本によってマチマチですよね。オープンタイプの本棚であれば、多少ははみ出しても大丈夫かもしれませんが、やはり見た目の美しさは少し損なわれてしまいます。また、扉付きの本棚(本箱)の場合、ギリギリ扉が閉まらない…なんていう可能性もあるので、気になる方はしっかりと調べておくことをおすすめします。

アンティーク本棚の中には、上段と下段で棚の奥行きのサイズが異なるデザインのものもあるので、そうした本棚を賢く取り入れるのも良いですね。

使い勝手を左右する。扉の有無を確認

続いて確認したいのが、使い勝手を大きく左右する、扉の有無についてです。

保管を重視。「扉付き」

アンティーク 本箱

扉の付いている本棚は、その箱型の姿から「本箱」や「ブックケース」と呼ばれることもあります。
扉がついていることで、本をホコリから守ることができるため、本の「保管」を重視する方におすすめですよ。
一方で、棚の中に湿気がこもりやすいというデメリットもあります。定期的に仲の空気を入れ替えて、カビが生えてしまうのを防止しましょう。
また、開き戸の場合は、扉を開く分のスペースもしっかりと確保しておく必要があります。設置場所もよく考えておく必要がありますね。

取り出しやすさを重視。「扉なし」

頻繁に本を読む方にとっては、本の出し入れが簡単な、扉なしのデザインの方が使い勝手が良いかもしれません。
薄型のすっきりとしたデザインのものが多く、開き扉付きの本箱のように必要以上の場所も取らないので、スペースが限られている方にも嬉しいですね。
扉がない分、棚自体よりも、そこに収納されている中身の方に視線が行きやすいので、お気に入りの絵本や画集、写真集などを飾るのにも向いていますよ。棚全体を見渡すことができ、必要な本の場所がすぐわかるのもポイントです。
ただし、きちんと整理しておかないと、ごちゃごちゃな状態も丸見えになってしまうので、そこだけは注意しておきましょう。

本の収納で注意すること

最後に、実際に使用する上で注意したいことを押さえておきましょう。
気をつけたいのは、「湿気」と「過度な重さ」。アンティークの本棚を長く大切に使っていくためには、このふたつをうまく避ける必要があります。

本箱 アンティーク

ポイントは、「本をぎゅうぎゅうに詰めすぎない」こと。
本を隙間なく詰め込んでしまうと、うまく空気が通らず、次第に湿気が溜まり、そこからカビが発生してしまう恐れがあります。
また、過度に本を収納してしまうと、重みで棚板に“ひずみ”が生じてしまうこともあります。
詰め込みすぎの本棚は、当然、本も取り出しにくくなるため、使い勝手の面からも適度な収納量を心がけたいですね。

アンティーク 本棚」の商品一覧はこちら

アンティーク 本箱・ブックケース」の商品一覧はこちら

最後に

実用的に使える本棚選びのポイントをご紹介しました。いかがでしたか?
大切な本を収納する本棚。ぜひこの記事を参考に、快適に使える一台を見つけてみてください。
次回は、もう少しインテリア面にフォーカスして、空間をおしゃれに彩る本棚の選び方や、ディスプレイのコツなどについてご紹介したいと思います。そちらもぜひお楽しみに。

RECOMMEND ITEMSあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

コメントを残す

*

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP