本格ヴィンテージインテリア実例15選。部屋作りのコツを基本から

ヴィンテージインテリアといえば、古いアイアンや古材など、ユーズド感のある家具でコーディネートしたインテリアスタイル。年代物のヴィンテージ家具や雑貨が並んだ部屋は、ラフで自由な雰囲気が心地よく、幅広い層に愛されるユニセックスなインテリアとして人気を集めています。おしゃれな家やカフェなどのスタイルとして定着しているので、きっと憧れている人も多いかもしれませんね。

ただ、ヴィンテージスタイルは、アメリカンヴィンテージスタイルやヨーロッパヴィンテージスタイルなど、いろんな種類があるインテリア。そのため、部屋をヴィンテージスタイルにしようと思ったら、まずはどんなヴィンテージスタイルを目指すかを決めておかないと、コーディネートや家具選びの段階で苦労してしまうことが多いんです。

そこで今回は、ヴィンテージインテリアの実例を見ながら、スタイル別やテーマカラー別の部屋作りのコツ、部屋別のおすすめヴィンテージ家具、雑貨選びまで、もれなくご紹介したいと思います。きっと参考にしたいヴィンテージインテリアが見つかるはずですよ。

それではまずは、ヴィンテージインテリアに共通する基本を押さえていきましょう。

ヴィンテージインテリアとは?特徴や部屋作りの基本を押さえよう

まずは、ヴィンテージインテリアの部屋作りにおける4つのポイントをご紹介します。すべてのヴィンテージインテリアに共通することですので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

ヴィンテージインテリアでは、木や鉄、革などの古い素材感が際立った家具を取り入れる

ヴィンテージ 部屋

ヴィンテージインテリアは、年代物のヴィンテージ家具やヴィンテージ雑貨、もしくはエイジング加工されたヴィンテージ調のアイテムやDIY品などで部屋をコーディネートするスタイル。そのため、使い込まれた味わいが出た古材やアイアン、レザー、ペイントなどの家具や雑貨をたっぷりと取り入れると、部屋がヴィンテージインテリアらしくなります。

ヴィンテージ インテリア とは

もともとインテリア業界では、「アンティーク」が100年以上が経過した古いものに対して使われる言葉なのに対して、「ヴィンテージ」はアンティークよりも年代が新しいけれど古い味わいが出ているものを指す言葉。そのため、ヴィンテージインテリアというと定義が幅広く、使う家具やテイストによって、アメリカンヴィンテージインテリアや北欧ヴィンテージインテリア、英国ヴィンテージインテリアなど、もっと細分化されています。

ヴィンテージ インテリア 特徴

一般的にヴィンテージスタイルというと、メンズライクなテイストのインテリアが主流ですが、これはヴィンテージインテリアの中でも、ブルックリンヴィンテージやインダストリアルヴィンテージに当てはまるもの。実は他にも、シャビーでかわいいフレンチヴィンテージや、高級感のあるモダンヴィンテージなどもあるんです。

冒頭でも触れたとおり、これから部屋のコーディネートを考えたり、欲しい家具を探すにあたっては、自分がヴィンテージインテリアの中でもどのスタイルが好きか把握しておくのが重要です。細かいスタイルが決まれば、より的を絞って効率的に参考例や家具を探すことができますよ。ヴィンテージスタイルの種類については2章で詳しくお伝えしますので、ぜひイメージに近いインテリアスタイルを探してみてくださいね。

賃貸でもヴィンテージ家具を使えば本格的なインテリアに。模様替えだけで部屋は変わる!

部屋 模様替え ヴィンテージ

ヴィンテージインテリアに挑戦したくても、家がマンションやアパートなどの賃貸だと、なかなかそれらしい雰囲気が出せないと思っていませんか?確かに家自体に趣のあるヴィンテージハウスなどに憧れる気持ちもよくわかりますが、たとえ真っ白い壁のモダンな家でも、壁などへのDIYが難しくても、本物のヴィンテージ家具を取り入れるだけで十分本格的なムードになりますよ。

ヴィンテージ 家具 部屋

例えば、私がよくインテリアフォトギャラリー用にコーディネートをしていた部屋も、左のようななんの変哲もない白い壁とフローリングの部屋。でも、右のようにヴィンテージ家具や雑貨を取り入れると、部屋全体が古い味わいに包まれて、ガラリと雰囲気が変わるんですよね。白い壁に家具の古い素材感が引き立つので、モダンさもレトロさも楽しめる空間になります。どんな部屋でもそれぞれのヴィンテージインテリアが楽しめます!ぜひお住いの部屋の特性を生かして、自分らしいヴィンテージスタイルを探ってみてくださいね。

リノベーションや新築でヴィンテージインテリアに挑戦するなら、部屋の壁材や床材、建具にこだわるべし

ヴィンテージ インテリア リノベーション

もし、これからリノベーションや新築の予定があるなら、ぜひ壁材や床材、建具にこだわってみてください。それだけで、よりハイクオリティなヴィンテージインテリアを楽しむことができますよ。
それぞれ人気のものを簡単にまとめると、壁材は特にレンガが人気で、続いてモルタルやペンキ仕上げが人気です。床のフローリングは、ヴィンテージウッドや、オーク・ウォールナットの無垢材など木肌に味があるものを使うのが定番。また、ヘリンボーン貼りなど、貼り方でリズミカルな表情を楽しむ方も多いですよ。建具は、ヴィンテージドアや無垢材製のドア、ペイントドアなどが王道です。

ヴィンテージ ハウス インテリア

壁材や床材、建具などは予算との兼ね合いでどれを優先するか取捨選択が必要になりますが、その中でも建具は新品もヴィンテージ品もそれほど価格が変わらないので、ぜひ本物のヴィンテージ品を使ってみてください。時間をかけて醸し出された味わいは唯一無二の一点もので、オリジナリティの高い家作りに活躍してくれますよ。おすすめのヴィンテージドアについては、5章の最後でご紹介しますので、お楽しみに!

ヴィンテージ雑貨、観葉植物、DIYアイテムを取り入れて部屋のクオリティアップ

ヴィンテージ インテリア 小物

ヴィンテージインテリアは、モダンなインテリアと比べて、インテリア雑貨や小物が多いスタイル。整然としすぎず少しごちゃっとしているくらいの方が、家主の個性が表れた、温度感のある素敵な部屋に見えます。そこでぜひ取り入れたいのが、観葉植物、ヴィンテージ雑貨、DIYアイテムの3つ。ちょっと多いなと思った方は、ぜひ観葉植物だけは必ず取り入れてください。それだけで空間が生き生きとして、古いヴィンテージ家具の味わいがより引き立ちます。

ヴィンテージ インテリア 観葉植物

観葉植物は、自由に好きな種類を取り入れてOKです。どれがいいかわからないという方は、フィカス・ウンベラータ、ユッカ・エレファンティペス、パキラ、ケンチャヤシなどがおすすめ。ヴィンテージスタイルと相性が良く、かつ初心者さんでも育てやすい品種とされています。また、背の高いものや卓上サイズのもの、天井から吊り下げるものなど、部屋に散りばめて取り入れるとよりおしゃれに見えますよ。

ヴィンテージ インテリア 照明

ヴィンテージ雑貨は、照明やポスター、時計などがおすすめです。ミッドセンチュリー期の雑貨や昭和レトロ雑貨などを取り入れると、ヴィンテージらしい風合いがアップしますよ。おすすめの雑貨については6章でより詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ヴィンテージ インテリア diy

DIYアイテムは、ヴィンテージ風の棚を作りつけたり、黒板ボードを飾ったりといったものが人気。インテリアに手作り感が加わって、いいアクセントになります。

スタイル別に部屋作りのコツを深堀り!代表的なヴィンテージインテリア10種類

さて、基本的なポイントを押さえたところで、次はいよいよヴィンテージインテリアのスタイル別に、部屋作りのコツをご紹介したいと思います。ヴィンテージインテリアの代表的な種類は次の10スタイル。好きなテイストを見つけて、ぜひ部屋作りに生かしてみてくださいね。

ニューヨーク・ブルックリン風。アメリカンなヴィンテージインテリア

アメリカン ヴィンテージ な 部屋

まず1つ目は、アメリカンヴィンテージインテリアの1つ、ブルックリン風のヴィンテージインテリア。ブルックリンはニューヨーク市の5区のうちの1つの地区。もともと工場や倉庫が多かったことから、古い工業系の建物の無骨さをそのまま活かしたアパートや店舗が立ち並んでいます。その内装がクールでおしゃれ!ということで話題となり、ブルックリンインテリアとして定着しました。

ニューヨーク ヴィンテージ インテリア

ブルックリン風のヴィンテージインテリアを作るコツは、リノベーションや新築予定なら、レンガ壁や古材の床を取り入れること。家具は、ヴィンテージ家具の中でもエイジング感が強く、黒や茶色などダークトーンの家具でまとめるのがポイントです。特にこの部屋のようなレザーのソファやアイアンラックを取り入れると、ぐっとブルックリンインテリアに近づきますよ。

植物とブルーでリゾート風の部屋に。西海岸風のヴィンテージインテリア

西海岸 ヴィンテージ インテリア

2つ目は、こちらもアメリカンヴィンテージの1つである西海岸風ヴィンテージインテリア。ハワイアンヴィンテージやサーフヴィンテージとも似たインテリアで、海をイメージさせるブルーを部屋のテーマカラーとし、植物や貝殻、星のオブジェなど自然を連想させるディスプレイを楽しみます。別名カリフォルニアテイストとも呼ばれ、まさに海辺のリゾートのような癒しのインテリアです。

ヴィンテージ サーフ インテリア

一般的な西海岸インテリアは、明るい水色を基調としたインテリアが主流ですが、西海岸風ヴィンテージインテリアでは、青〜ネイビーの濃いブルーを取り入れることが多いです。古材と濃いブルーの組み合わせは、開放感のある爽やかさはそのままに、よりメンズライクな雰囲気にまとまるのが魅力。もし、もっとかわいいテイストが好きなら、もちろん水色でまとめてもOKですよ。お好みのブルーを取り入れてみてくださいね。

古材×アイアン家具でメンズライクな部屋に。インダストリアルなヴィンテージインテリア

ヴィンテージ インテリア インダストリアル

続いては、インダストリアルスタイルと呼ばれるヴィンテージインテリア。1つ目のブルックリンスタイルと似ていますが、こちらはアメリカヴィンテージ風の家具だけでなく、日本やヨーロッパなどのインダストリアル系の家具や雑貨も自由に取り入れるのが特徴です。

ヴィンテージ インテリア 実例

インダストリアルとは「工業的な」という意味で、家具でいうと、工場などで業務用として使われていた飾り気のない機能重視の家具のことを指します。インダストリアルなヴィンテージ家具は、使用頻度が高かった家具が多いため、使い込まれた味わいがよく刻まれていて、さらにシンプルなフォルムなだけにその風合いがよく際立っています。そのため、インダストリアル家具を取り入れたヴィンテージインテリアは、ヴィンテージインテリアの中でも1、2位を争う男前なスタイル。粗っぽい無骨さがクセになるインテリアです。

ヴィンテージ 部屋 コーディネート

こちらの部屋は、すべてがインダストリアル系のヴィンテージ家具ではありませんが、棚や照明、テーブルなど要所要所にインダストリアル家具を取り入れ、チェアやソファなどは現代物の家具でコーディネートしています。このようにインダストリアルなヴィンテージインテリアは、ポイント的に取り入れるだけでも、しっかりヴィンテージらしさを醸し出してくれるのがうれしいところ。一気に買い揃えずともそれなりに様になるので、家具はじっくり買い進めたいという方にもおすすめです。

おしゃれなミッドセンチュリー家具が活躍。北欧ヴィンテージインテリア

北欧 ヴィンテージ 部屋

4つ目は、北欧ヴィンテージインテリア。ミッドセンチュリー期のスカンジナビアンデザイン(北欧デザイン)の家具を中心にコーディネートした部屋を指します。デザイナーズチェアなど、名作と呼ばれるヴィンテージ家具を取り入れるのが特に人気です。北欧ヴィンテージインテリアは、アメリカンヴィンテージインテリアと並んで、ヴィンテージテイストの中でもファンが多いインテリアなんですよ。

ヴィンテージ インテリア コーディネート

北欧ヴィンテージスタイルで使われるヴィンテージ家具は、デンマークやスウェーデンなどの北欧諸国だけでなく、実はイギリスやアメリカなどで生まれた家具も多いのが特徴です。例えばこちらは、北欧ヴィンテージ家具とイギリスヴィンテージ家具を組み合わせたシックで大人っぽいヴィンテージインテリア。キャビネットとチェアは北欧ヴィンテージ、テーブルはイギリスヴィンテージです。作られた国が違っても、シンプルな北欧デザインなら相性よくまとまります。

北欧ヴィンテージインテリアは、こちらのようなダークカラーでまとめた男前なスタイルの他、次のようなレトロカラーを取り入れたポップなインテリアも人気ですよ。

ミッドセンチュリー家具をミックスしたレトロポップなヴィンテージインテリア

レトロ ヴィンテージ インテリア

5つ目は、レトロポップなヴィンテージスタイル。ミッドセンチュリー系のカジュアルなレトロ家具を使って作る、賑やかなインテリアです。基本的には、北欧やアメリカなどの海外ヴィンテージ家具を使ったコーディネートが多いですが、日本のシンプルなレトロ家具を組み合わせてもノスタルジックで素敵な雰囲気にまとまりますよ。

ヴィンテージ インテリア雑貨

レトロポップなヴィンテージインテリアを作るコツは、ミッドセンチュリー家具を使うことに加えて、レトロ雑貨をたっぷりと取り入れること。北欧やヨーロッパ、アメリカ、日本など、どの国のレトロ雑貨でもいいので、食器や照明、ポスターなどを取り入れてみましょう。どこか懐かしくも新鮮な、愛嬌たっぷりのインテリアが楽しめますよ。

ヨーロッパ ヴィンテージ インテリア

6つ目は、英国ヴィンテージ家具を取り入れた、ヨーロッパヴィンテージインテリア。英国ヴィンテージ家具というと優雅なデザインのものから北欧スタイルのものまで様々な家具がありますが、ヨーロッパヴィンテージスタイルや英国ヴィンテージスタイルでは、主に優雅でクラシックなヴィンテージ家具を取り入れた部屋を指します。

ヴィンテージ インテリア 英国

ヨーロッパヴィンテージインテリアの部屋作りのコツは、デコラティブすぎない直線的なフォルムの家具を多用しつつ、ソファやダイニングテーブルなどの主役家具でリッチさを演出すること。例えば、ソファならこちらのような上品な柄物のアイテムや、チェスターフィールドソファなどを使うのがおすすめです。さらに、ラグやカーテンなどのインテリアファブリックも異国情緒豊かなものを取り入れると、よりゴージャスな世界観がアップしますよ。

シャビーシックな家具で部屋作り。フレンチヴィンテージインテリア

ヴィンテージ インテリア フレンチ

7つ目は、フランスヴィンテージ家具を使ったフレンチヴィンテージインテリア。フレンチアンティークインテリアとほぼ同じテイストのインテリアです。フレンチヴィンテージインテリアは、白を基調としたフレンチシャビースタイルと、木味の家具を取り入れたフレンチカントリースタイル、ダークな木味の家具をミックスしたクラシックスタイルの大きく3つがあります。白で統一したフレンチインテリアは、よりエレガントで非日常的な美しい世界観が魅力。逆に、木味を取り入れたスタイルは、ほどよくカジュアルさが感じられるのが魅力です。

ヴィンテージ インテリア 白

フレンチヴィンテージの部屋を作るコツは、白いペイント家具を最低1つは取り入れること。どれくらい取り入れるかはお好みでOKですが、白い家具が増えるほど優雅でフェミニンな印象が強くなります。例えばこちらの部屋では、白い家具は食器棚のみで、周りはブラックやブルーグレー、木味のダークブラウンなどの家具でコーディネート。ホワイトの家具が1つだけでも十分フレンチヴィンテージスタイルらしい雰囲気はありつつ、周りのダークトーンの家具たちが部屋に心地よい落ち着きを演出しています。木味の家具をうまく織り交ぜることで、ほどよくリラックスできる空間になりますよ。

シンプルな黒ペイント家具が主役の部屋。カジュアルなヴィンテージインテリア

ヴィンテージ 部屋 画像

8つ目は、ブラックペイントの家具をメインに取り入れた、カジュアルなヴィンテージインテリア。ペイント家具は、木味の家具よりもメンズライクなラフさが感じられるのが魅力。カフェ風スタイルのようなおしゃれで親しみやすい部屋作りができます。

ヴィンテージ シンプル 部屋

カジュアルなヴィンテージインテリアを作るなら、マットなブラックやネイビーペイントの家具を取り入れるのがおすすめ。さらにそこにアイアンレッグのテーブルやスツールなどをプラスすると、よりヴィンテージ感がアップします。この部屋では、イギリスヴィンテージのアーコールチェアをコーディネートして、上品さをプラス。カジュアルでも大人っぽさを感じる部屋になりました。

モダンで高級感のある部屋に。きれいめヴィンテージインテリア

ヴィンテージ インテリア モダン

9つ目は、北欧ヴィンテージ家具とシンプルモダンな現代家具をミックスした、きれいめなヴィンテージインテリア。スタイリッシュな北欧ヴィンテージ家具とモダンな現代家具は相性が良く、お互いの味わいや上質さがミックスされて、インテリアに深みが増すんです。ヴィンテージインテリアの中でも、高級感のあるインテリアが好きな方におすすめなスタイルですよ。

きれい め ヴィンテージ インテリア

ヴィンテージインテリアをきれいめにコーディネートするコツは、モダンな家具とヴィンテージ家具の木の色味を同じトーンで揃えること。そしてヴィンテージ家具の中でもより丁寧にリペアされたアイテムを選ぶことです。これを守れば、ヴィンテージ家具が部屋から浮いてしまう心配はありません。

ヴィンテージ インテリア 販売

ヴィンテージ家具のリペア度合いは、店舗やアイテムによって様々で、左のように必要最低限手を加えるところもあれば、右のように新築の家やインテリアにも馴染むようしっかりと手を入れるところもあります。当店では基本的に家具にしっかりと手を入れる「高品質リペア」を施していますが、古い傷などがむしろ魅力となっているものに関しては、それほど手を加えずに「時代の味そのままに使える」家具として販売しています。きれいめのヴィンテージ家具が欲しいという方は、ぜひ当店の「高品質リペア」と表記しているヴィンテージ家具からお選びください。きっとその美しい仕上がりに驚くはずですよ。

ほどよい甘さのかわいい部屋に。ナチュラルなヴィンテージインテリア

ヴィンテージ インテリア ナチュラル

最後は、淡い色合いのペイント家具を取り入れたナチュラルなヴィンテージインテリア。シャビーなパステルカラーのペイント家具を使って作るレトロなインテリアです。温かで優しいペイントの風合いに癒されますね。

ナチュラル ヴィンテージ 部屋

ナチュラルなヴィンテージインテリアを作るコツは、ペイント家具と素朴な木味の家具を半々くらいの割合で取り入れること。そして、カゴやグリーンなど自然を感じるインテリア小物もたっぷりと活用してみてください。よりナチュラルでリラックスできる雰囲気になりますよ。また、インテリア小物は、ペイント家具の色味と同系色のもので揃えるのがおすすめ。部屋全体に統一感が出て、シンプルでおしゃれな印象にまとまります。

色別に見るヴィンテージインテリア特集。部屋の雰囲気はカラーで決まる!

ヴィンテージインテリアのスタイルをひと通り押さえたところで、次は好きな色からコーディネートを考えたいという方へ、テーマカラー別にヴィンテージインテリア実例をご紹介したいと思います。部屋に使いたい色が決まっていると、自然とインテリアのテイストが定まってくるもの。各色はどんな部屋になるのか押さえておきましょう。人気の5色について紹介します。

白いヴィンテージインテリア。ホワイトの家具でフレンチシャビーな部屋に

ホワイト ヴィンテージ インテリア

白系の家具でコーディネートしたヴィンテージインテリアは、フレンチシャビーなテイストが主流です。白は、清潔感や開放感を感じる色。清らかで生活感を抑えた部屋作りができますよ。

ヴィンテージ シャビー インテリア

一般的に白が多い部屋は、明るすぎて落ち着かなかったり、味気ない印象になるのがデメリットと言われますが、ヴィンテージ家具ならその心配はなし。ヴィンテージ家具の白は、所々くすんでいたり、サビや傷があったりして、ほどよく温度感を感じる心地よいインテリアにまとめることができます。自由に好きなだけ取り入れてみてくださいね。

モノトーンなヴィンテージインテリア。おしゃれなカフェ風の部屋に

モノトーン ヴィンテージ インテリア

モノトーンの家具でコーディネートしたヴィンテージインテリアは、カフェ風のテイストが定番。一般的なモノトーンインテリアはモダンさや緊張感が感じられますが、ヴィンテージスタイルだと黒・白のペイント家具を使ってコーディネートするので、心地よい柔らかさを感じるインテリアにまとまりますよ。

ヴィンテージ 部屋 作り方

また、ヴィンテージインテリアでは、完璧なモノトーンではなく、木味の家具や植物などをミックスするのが王道です。木のブラウンや植物の緑がプラスされることで、リラックスしやすいモノトーンインテリアに仕上がります。

ブルーグレーでまとめたシャビーなヴィンテージインテリア。大人の女性におすすめ

ヴィンテージ インテリア グレー

ヴィンテージインテリアの中でも人気のある、ブルーグレーを取り入れたインテリア。ブルーグレーは、海外インテリアらしいニュアンス感のある色合いで、クールで落ち着いた印象が素敵ですよね。ヴィンテージスタイルだと、こちらのようなフレンチナチュラルなテイストが定番。もう少し暗めのブルーグレーだとメンズライクなテイストにもコーディネートできますよ。

ヴィンテージ 部屋作り

また、ブルーグレーは北欧インテリアとも相性のいい色。部屋の壁をブルーグレーにして、木味の北欧家具や北欧ヴィンテージ家具をコーディネートするのもおしゃれです。爽やかなブルーを基調とした西海岸インテリアとはまた一味違った、影のある素敵なインテリアになりますよ。

ネイビーがメインの男前ヴィンテージインテリア。カジュアルな部屋作りに

ネイビー インテリア ヴィンテージ

ネイビーもヴィンテージインテリアの定番カラー。ネイビーは、アイアンやブリキ、古材などのアイテムと抜群に相性が良く、部屋にカジュアルな雰囲気をプラスすることができます。例えばこちらは、ネイビーの食器棚を取り入れたヴィンテージインテリア例。古材の温かみのある色合いと、ペイントのマットな質感のコントラストが心地よく、ほどよくラフで男前な印象にまとまっています。

ヴィンテージ インテリア ブルー

ネイビーは、ブルーに近い色合いのものほど活発でメンズライクな雰囲気に、ダークトーンに近いほど落ち着いた大人っぽい雰囲気にコーディネートできます。ネイビーの中でもどの色味にするかにこだわると、よりイメージに近い部屋作りができます。

パステルカラーのヴィンテージインテリア。かわいいナチュラル系の部屋に

ヴィンテージ パステル インテリア

パステルカラーの家具でコーディネートしたヴィンテージインテリアは、ナチュラルテイストの優しい雰囲気にまとまります。パステルカラーの家具は、気分を明るく、リラックスさせてくれる癒しのインテリア。一般的にはガーリーなテイストが多いですが、ヴィンテージ家具を使えば、甘すぎない印象にコーディネートすることができますよ。

レトロ ヴィンテージ 部屋

パステルカラーのヴィンテージインテリアをコーディネートする際、木製家具を取り入れる場合は、木の色が明るめのものを選ぶのがおすすめ。ダークな木製家具だと、パステルカラーとのコントラストが強すぎて、せっかくの優しい印象が薄れてしまいます。明るめの色の家具なら、パステルカラーと相性がよく、柔らかさが際立つ部屋にまとまりますよ。

ヴィンテージ インテリア 色

また、パステルカラーは色味によって部屋の印象が変わります。ポイント使いする場合はそれほど色の影響は強くありませんが、広い範囲に使う場合は部屋によって向き不向きがあるので、色の効能までチェックしておくと安心ですよ。

・ブルー系 清潔感や落ち着きを感じる色。水回りや寝室におすすめ。
・グリーン系 ナチュラルで安心感のある色。寝室や書斎、リビングにおすすめ。
・ピンク系 ガーリーで暖かみのある色。女の子っぽい部屋向き。
・オレンジ系 元気で明るい印象。食欲増進や興奮作用があるため、ダイニングやキッチン向き。寝室には不向き。
・黄色系 軽やかで楽しい印象。落ち着いて過ごしたい寝室には不向き。

部屋別!ヴィンテージインテリアを作るコツとおすすめのヴィンテージ家具・ブランド

さて次は、ヴィンテージインテリアにおすすめ家具を具体的にご紹介したいと思います。ヨーロッパや日本など国内外のヴィンテージ家具やブランドが登場しますよ。リビングやダイニングなど部屋別にご紹介しますので、ぜひ気になるところからご覧ください。

ヴィンテージリビングを作るコツとおすすめのヴィンテージ家具

ヴィンテージ インテリア リビング

リビングの家具選びは、まずは中心となるヴィンテージソファから決めていくのがおすすめ。ソファが決まると、ローテーブル、テレビ台、と周りの家具もソファのテイストに合わせて選びやすくなります。ヴィンテージ家具でコーディネートしたリビングは、使い込まれたものならではのラフさが心地よく、見た目にもおしゃれで、人を招くのが楽しみになりそうですね。それではおすすめ品をご紹介します。

ヴィンテージソファ。シンプルなものから個性的なものまで様々

ヴィンテージ インテリア ソファ

ヴィンテージスタイルでは、基本的に黒やブラウンなどのレザーソファや、シンプルな木製フレームのソファを取り入れると間違いありません。ファブリックは、ダークトーンのものだとより男前な雰囲気に、ライトトーンのものだとシンプル・ナチュラルな雰囲気にコーディネートできます。

インテリア アメリカン ヴィンテージ ソファ

レトロポップなミッドセンチュリースタイルなら、個性的なヴィンテージソファを取り入れるのもいいですね。海外のヴィンテージソファだと、遊び心たっぷりのユニークなアイテムが見つかりやすいので、人とは一味違った部屋作りをしたい方におすすめですよ。

ヴィンテージカフェテーブル・ローテーブル。北欧・和製ヴィンテージが主流

ヴィンテージ インテリア 通販

ソファやチェアと組み合わせて使うカフェテーブル。いろんな種類がありますが、まずおすすめなのが北欧スタイルのヴィンテージテーブル。こちらは、イギリスヴィンテージのERCOL(アーコール)社のものです。美しくシンプルに洗練されたフォルムが素敵ですよね。アーコールは、北欧スタイルのヴィンテージ家具の定番ブランドで、テーブル以外にもソファや収納家具など幅広く製作しています。部屋にしっかりと統一感を持たせたい方は、他の家具もアーコールで揃えるのもいいですね。

インテリア ヴィンテージ テーブル

また、もう一つヴィンテージテーブルでおすすめなのが、タイルトップのネストテーブル。こちらは、デンマークのヴィンテージ品で、西洋らしいレトロな模様が印象的な一品です。タイルトップは水気や熱に強いので、コーヒーテーブルにぴったりのアイテム。さらにネストテーブルだと、3つのテーブルをそれぞれチェアやソファサイドに広げて使えるので、人数が多い場合にも使い勝手抜群です。

ヴィンテージ インテリア ショップ

そして、忘れてはいけないのが、和製ヴィンテージのカフェテーブル。日本のヴィンテージテーブルは、シンプルな作りのレトロなアイテムが多く、幅広いヴィンテージインテリアに合わせやすいんですよ。特にアイアンレッグのものは男前インテリアに合わせやすく、空間に馴染みつつも部屋にビターな味わいをプラスしてくれます。

ヴィンテージテレビ台・サイドボード。北欧だけでなく和製ヴィンテージもおすすめ

ヴィンテージ インテリア テレビ台

ヴィンテージリビングで使うテレビ台は、北欧ヴィンテージやアメリがヴィンテージが定番ですが、今回おすすめしたいのは日本のヴィンテージテーブル。というのも、海外ヴィンテージの家具は、テレビ台にちょうどいいローボードサイズの家具が少なく、サイドボードをローボード代わりに使うことがしばしば。でもソファに座ってみるには、サイドボードだとやっぱり少し位置が高いんですよね。それに対して、日本ではもともと床座生活が中心だったので、ヴィンテージ品でもローボードサイズの家具が見つかりやすいんです。日本のヴィンテージローボードは、和風のものだけでなく、こちらのようなシンプルで無骨なデザインのものもあって、ヴィンテージインテリアにまさにぴったりですよ。

ヴィンテージ インテリア ブランド

ローボードではなくサイドボードを探しているという方には、北欧スタイルの直線的なデザインのものがおすすめです。こちらは、イギリスヴィンテージのG-PLANというブランドの家具。G-PLANは、E.Gomme社が1952年に発表したブランドで、洗練されたスタイリッシュなフォルムが特徴です。こちらはG-PLANの中でもDanishシリーズと呼ばれるもので、スクエア型の取っ手が印象的。かっちりとした無機質なデザインが心地よく、男前なヴィンテージスタイルを目指すならぜひ取り入れたいアイテムです。

ヴィンテージダイニングを作るコツとおすすめのヴィンテージ家具

ヴィンテージ インテリア ダイニング

ダイニングをヴィンテージインテリアにするなら、まずはダイニングセット選びから始めていきましょう。ヴィンテージショップでは、ダイニングテーブルと椅子はセットではなく、それぞれで販売されているのが基本です。そのため、それぞれ好きなアイテムを自由に組み合わせて選ぶことができます。どれがいいか迷ってしまう、という方は同じブランドのものを選んだり、なんとなく似たフォルム、素材感のものを選べばOK。そもそもヴィンテージスタイルは、きっちりとせず自由なコーディネートを楽しむインテリアなので、基本的にどう組み合わせても正解です!深く考えすぎず、自分のセンスを信じて選んでみましょう。

それではまずは、おすすめのヴィンテージダイニングテーブルからご紹介します。

ヴィンテージダイニングテーブル。シンプルなウッドテーブルからアイアンテーブルまで幅広い

ヴィンテージ インテリア おすすめ

北欧ヴィンテージやナチュラルヴィンテージ、モダンヴィンテージなどに幅広いヴィンテージインテリアにおすすめなのが、北欧スタイルのヴィンテージテーブル。無駄のないフォルムで空間に馴染みやすく、すっきりとおしゃれなヴィンテージスタイルが楽しめます。また、北欧スタイルのヴィンテージテーブルは、天板が拡張できるエクステンションテーブルが多いのも特徴。人数に応じて天板を広げられるので、人を招く機会が多い家ではとても重宝しますよ。

ウッド ヴィンテージ インテリア

もっと男前なダイニングテーブルが欲しいという方には、こんなアイアンレッグのダイニングテーブルがおすすめです。鉄と木の組み合わせは、男前なヴィンテージインテリアの黄金コンビ。インダストリアル感のある無骨さがたまりません。

アイアンレッグのテーブルは、天板やフレームの厚みや素材感によって表情が全く変わるのもおもしろいところ。例えばこちらの2つも、同じアイアンテーブルでも全くテイストが違っていて、左はきれいめなヴィンテージインテリアに、右はジャンクなヴィンテージインテリアに似合いそうですよね。ここまで違うのは極端な例ですが、ヴィンテージテーブルは1つ1つ違った魅力があるので、選ぶ際は細部までじっくりと見比べてみてくださいね。

ヴィンテージ椅子。テーブルと同じテイストで揃えるとすっきりまとまる

ヴィンテージ インテリア 椅子

次は、ヴィンテージ椅子のおすすめ品を見ていきましょう。先にお話ししたとおり、ダイニングテーブルとチェアは好きな組み合わせで選んでもらってOKですが、スタイルによってはおすすめの組み合わせもあります。
例えば、シンプルテイストのヴィンテージインテリアでは、テーブルと椅子どちらもミッドセンチュリー系のすっきりとしたアイテムで揃えるのがおすすめ。テーブルは同じブランドのもので揃えるか、木肌が似た色、素材のもので選ぶといいですよ。

ヴィンテージ 部屋 インダストリアル

インダストリアルテイストのヴィンテージインテリアであれば、アイアンレッグのテーブルとチェアで揃えると、すっきりとおしゃれにまとまります。ただ、インダストリアルテイストの場合は、チェアは全く同じもので揃えなくてもOK。アイアンレッグの中でも色違いや形違いなどでコーディネートすると、気取らない居心地のよい雰囲気にまとまりますよ。

ヴィンテージ インテリア 可愛い

さらに、レトロポップなヴィンテージスタイルなど、もっとカジュアルなヴィンテージインテリアが好きなら、椅子はすべてバラバラのものにしてみましょう。ラフにスツールをミックスしてもいいですね。賑やかで個性的なヴィンテージスタイルに仕上がります。

ヴィンテージスツール。アイアンレッグや革製座面のアイテムを取り入れよう

ヴィンテージ スツール インテリア

ヴィンテージインテリアで、ダイニングカウンター用のチェアとして人気なのが、ヴィンテージスツール。ヴィンテージスツールは、アイアンレッグや革座面のものなどヴィンテージインテリアにぴったりのアイテムが多く、背もたれがない分すっきりと部屋に取り入れられるのがメリット。お客様を招く際にも、予備の椅子としてや荷物置きとしてなど、万能に活躍してくれますよ。

ヴィンテージラック・棚。アイアンラックや木製ヴィンテージキャビネットが人気

ヴィンテージ インテリア 棚

ダイニングテーブル周りのコーディネートが決まったら、次は収納家具について検討していきましょう。インダストリアルなヴィンテージスタイルにおすすめなのは、アイアンラックやメタルキャビネット。無骨でラフな雰囲気がおしゃれで、男前な部屋作りに活躍します。

ヴィンテージ インテリア ラック

こちらのアイアンラックは、実は当店で製作しているヴィンテージ風のアイテム。ヴィンテージ家具に詳しいリペア職人が製作している家具なので、本格的なヴィンテージらしい風合いに仕上がっています。ヴィンテージ風のアイテムは、本物のヴィンテージ家具と違ってサイズや棚板の色合いなどがオーダーできるのがメリット。ヴィンテージ家具でイメージに合うものが見つからなければ、オーダーメイドで注文するのもおすすめですよ。

インテリア 男 ヴィンテージ

ミッドセンチュリーなヴィンテージスタイルには、こちらのような木製ヴィンテージキャビネットがおすすめ。木のぬくもりが感じられつつも、スタイリッシュでメンズライクなデザインが素敵ですよね。

1ldk インテリア ヴィンテージ

他にもルームディバイダーと呼ばれる、こんな部屋の間仕切り用家具もありますよ。裏側も美しく仕上げられていて、両側からラックとして使えます。ダイニングキッチンやリビングダイニングなどにぴったりの家具です。

ヴィンテージベッドルームを作るコツとおすすめのヴィンテージ家具

インテリア ヴィンテージ ベッドルーム

ベッドルームをヴィンテージスタイルでコーディネートするなら、できればまずはベッドをヴィンテージ品にするのがおすすめ。ただ、ベッドは流通数が少なく、タイミングが悪いと探すのに苦労するかもしれません。お急ぎの場合は、ベッドはヴィンテージ風のもので我慢して、収納家具で本格的なヴィンテージアイテムを取り入れるのも一つの手ですよ。それでは、それぞれおすすめのアイテムをご紹介します。

ヴィンテージベッド。アイアンフレームとウッドフレームのものが人気

ヴィンテージ インテリア ベッド

ヴィンテージインテリアでは、ベッドはアイアンフレームとウッドフレームのものが人気です。特にアイアンフレームは、幅広いヴィンテージインテリアに合わせやすく、コーディネート次第で男前インテリアからエレガントインテリアまで色々なテイストを楽しめますよ。

ヴィンテージ 部屋 一人暮らし

アイアンフレームのヴィンテージベッドは、海外ヴィンテージだけでなく、和製ヴィンテージのものも人気です。和製ヴィンテージは海外ヴィンテージよりもコンパクトなサイズ感なので、圧迫感なく取り入れやすいのがメリット。ただ、現代の規格サイズのマットレスではサイズが合わないものもあるので、その場合はマットレスをオーダーメイドする必要があります。購入する際は事前にサイズをよく確認しておきましょう。
ちなみに、小さめのベッドを持っている私の友人は、マットレス代わりに布団を敷いて、端を少し折り畳んで使っていました。意外と見た目に違和感がなく、言われないとわからなかったので、オーダーはちょっと…という方はそんな方法もおすすめです。

ヴィンテージ 部屋 ベッド

木製のヴィンテージベッドは、北欧スタイルのシンプルなベッドと、和製ヴィンテージのレトロなベッドが人気です。アイアンベッドよりも温かみがあって、ナチュラルな優しい雰囲気にコーディネートできます。北欧デザインのベッドは現行品でも多数ありますが、大きな違いはその木肌の質感。北欧ヴィンテージベッドは、チーク材など良質な木材が使われたものが多く、時間をかけてツヤのある深い色合いに変化しています。新しいベッドにはない、ヴィンテージ品ならではの魅力です。

ヴィンテージチェスト。北欧ヴィンテージや英国ヴィンテージが王道

ヴィンテージ チェスト インテリア

次は寝室向きのヴィンテージスタイルの収納家具を見ていきましょう。寝室には、洋服収納用のチェストや小物収納用のサイドチェストが欲しいところ。ヴィンテージチェストだと、上2つのような北欧スタイルのヴィンテージチェストと、下2つのようなイギリスヴィンテージのクラシカルなチェストが人気です。北欧スタイルのヴィンテージチェストは、幅広いヴィンテージスタイルに、クラシカルなヴィンテージチェストはヨーロッパヴィンテージスタイルにおすすめですよ。

ヴィンテージ インテリア 男前

もっとメンズライクなチェストが欲しければ、和製ヴィンテージのブラックペイントのチェストもおすすめ。ヴィンテージチェストは意外とアイアンやスチール製のものが少ないんですが、ブラックペイントのアイテムなら、男前なヴィンテージインテリアと相性ぴったり。カジュアルで心地いい雰囲気を作り出してくれますよ。

ヴィンテージ和室を作るコツとおすすめのヴィンテージ家具

ヴィンテージ インテリア 和室

ヴィンテージインテリアに挑戦したいけど、部屋が和室…という場合は、ぜひ思い切って北欧スタイルのヴィンテージ家具を取り入れるのがおすすめ。シンプルな北欧スタイルのヴィンテージ家具なら、意外にも畳や和風の建具などとも相性が良く、和と北欧がミックスされたモダンなインテリアが楽しめるんです。それでは早速、おすすめのアイテムをご紹介します。

和室に似合うシンプルなヴィンテージソファ・ローテーブル

ヴィンテージ 部屋 ソファ

まず和室に取り入れたいのが、北欧スタイルのシンプルなヴィンテージソファ。ファブリックは畳にマッチしやすい、青〜グリーン系や、黄色〜オレンジ系のものがおすすめです。昔ながらの和風の空間に調和しつつ、モダンで新鮮な印象をプラスしてくれますよ。ソファと合わせてローテーブルも取り入れるなら、同じ北欧スタイルのものでコーディネートするとより洗練された雰囲気になります。特にソファとローテーブルや脚の形や色に着目して、似たものを選ぶと失敗しませんよ。

和室におすすめな北欧ヴィンテージサイドボード・チェスト

ヴィンテージ インテリア コツ

和室に置くテレビ台やサイドボードも、北欧スタイルのヴィンテージ家具から探しましょう。こちらもソファと木の色味を揃えて選ぶと、相性よくまとまりますよ。また、北欧スタイルのヴィンテージサイドボードは横幅が大きいものが多いので、和室がコンパクトな場合は、ヴィンテージチェストの方がサイズ感がちょうどいい場合も。引き出し収納でも問題なければ、ぜひヴィンテージチェストも含めてお探しください。

ヴィンテージワンルームを作るコツと1人暮らしにおすすめのヴィンテージ家具

ヴィンテージ インテリア 一人暮らし

ヴィンテージスタイルに憧れていても、ワンルームや1人暮らしの場合は、部屋に対して家具のサイズが大きすぎたり、価格が高すぎたり、なかなか手が出ないこともありますよね。

そこでおすすめなのが、家具を和製ヴィンテージのレトロ家具に絞って探すこと。和製ヴィンテージ家具は、日本人の体格やコンパクトな住宅事情に合わせて作られているので、海外ヴィンテージ家具や現代物の家具よりもサイズが小ぶりなものが多いんです。昭和期に作られた「昭和レトロ家具」と呼ばれるアイテムから探すと、シンプルでちょうど良いサイズ感のものが見つかりやすいですよ。

ヴィンテージ インテリア ワンルーム

また、和製ヴィンテージ品は、海外ヴィンテージ品と比べて輸送費などが抑えられているので、価格も割安なのもうれしいポイント。ソファやベッドなどワンルームを占領しがちな大型家具は、ぜひ和製ヴィンテージ家具から探すことをおすすめします。

ヴィンテージオフィスを作るコツとおすすめのヴィンテージ家具

ヴィンテージ インテリア メンズ

オフィスやワークスペースをヴィンテージスタイルにするなら、ヴィンテージデスクとチェア選びが肝。長い時間を過ごすデスクとチェアは、見た目でも使い勝手でも妥協できません。ヴィンテージデスクは、シンプルなものから個性的なものまで幅広くありますので、ぜひどんな風に使うか、どんな空間にしたいか、よく想像しながら選んでみてくださいね。

ヴィンテージデスク。ミッドセンチュリーデザインの机が根強い人気

ヴィンテージ 机 インテリア

ヴィンテージインテリアで最も定番なのは、ミッドセンチュリーデザインのヴィンテージデスク。しっかりとした収納力があり、天板も広々としたものが多く、美しく洗練された飽きのこないデザインです。今回おすすめしたいのは、こちらの2つ。直線的でスタイリッシュな両袖机と、個性的な曲線を描くキドニーデスク。キドニーとはなんと腎臓のことで、天板の形が腎臓に似ていることから名付けられました。どちらもシンプルで機能的ですが、どこか遊び心を感じさせるデザイン。オリジナリティのあるワークスペース作りにぴったりです。

ヴィンテージ インテリア オフィス

ヴィンテージデスクは、北欧スタイルの他にインダストリアルスタイルやクラシカルなヨーロッパヴィンテージスタイルに合うものもありますよ。左のメタルデスクは、1960年頃に作られたドイツのヴィンテージ品。無駄のないスタイリッシュなデザインに、メタリックなボディというなんとも男前なアイテムです。右のデスクは、イギリスヴィンテージの両袖机。どっしりとした重厚感があって、高級感のあるクラシックなヴィンテージインテリアを楽しむことができます。

ヴィンテージデスクチェア。クッション座面のものがおすすめ

ヴィンテージ インテリア コーデ

オフィスやワークスペースで使うチェアは、クッション座面のヴィンテージチェアから選びましょう。そして、すっきりとした集中できる空間にするためにも、チェアはデスクと同じ素材感、色味のものを選ぶのがおすすめです。アームの有無はお好みですが、アームが前に飛び出ているものは、天板とぶつかってしまうこともあるので、要注意。天板とぶつからない高さのものを選ぶか、ハーフアームやアームレスのものを選びましょう。

ヴィンテージ玄関を作るコツとおすすめのヴィンテージドア

ヴィンテージ インテリア ドア

リノベーションや新築で玄関や部屋をヴィンテージスタイルにするなら、ヴィンテージドアを取り入れると一段と本格的になります。ヴィンテージドアで人気なのは、こちらのような木製のクラシックなドアや、ペイントのシャビーなドア。上質な佇まいがヴィンテージインテリアのいいアクセントになってくれます。もう少しかわいいヴィンテージスタイルが好きなら、ステンドグラス入りのドアもおすすめです。

ヴィンテージ リメイク インテリア

ヴィンテージドアは、サイズ調整やガラスの入替え、パーツ交換、ペイント塗装など各種リメイクが可能です。また、玄関にヴィンテージドアを取り入れたい場合は、古い鍵は防犯上問題があるため、必ず新品の鍵を取り付ける必要があります。当店ではオプションメニューとして鍵の交換や取り付けも承っていますので、ぜひご購入の際にご相談ください。

ご覧いただいたヴィンテージ家具は、ラフジュ工房の通販サイトで販売中です。すべて1点ものですので、気になるものがあればぜひお早めにご検討ください。

ヴィンテージな部屋に欠かせないインテリア雑貨5選

おしゃれなヴィンテージインテリアには、味のあるヴィンテージ雑貨が欠かせません。ヴィンテージ雑貨はたとえ小さなものでも存在感があって、部屋の雰囲気をぐっと高めてくれます。今回は、私がインテリアのスタイリングをしてきた中で、ヴィンテージインテリアのクオリティをアップする必須アイテムを5つ厳選しました。ぜひヴィンテージ家具と合わせて取り入れてみてくださいね。

ヴィンテージ照明で部屋をムーディに演出

ヴィンテージ インテリア ライト

ヴィンテージインテリアでぜひとも取り入れたいのが、ヴィンテージ照明。おしゃれなシェードはそのままに、ソケットや配線などは新品に交換されているので、新品と同じように実用的に使えますよ。今回はおすすめのペンダントライトと、テーブルライトをご紹介します。

ヴィンテージペンダントライト

ヴィンテージ 部屋 照明

ヴィンテージペンダントライトは、金属のシャビーな質感やミッドセンチュリーらしいユニークなデザインが楽しめるアイテムを取り入れるのがおすすめ。ヴィンテージらしい味わいが詰まっていて、部屋が一段とノスタルジックな雰囲気になりますよ。ヴィンテージ照明は、海外ヴィンテージ品だけでなく、日本のヴィンテージ品も素敵な風合いのあるものが多いので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。ちなみに、画像の4つは左下以外はすべて日本のヴィンテージ品です。

おしゃれ インテリア ヴィンテージ

また、照明を取り付ける際は、邪魔にならない程度に少し低めに取り付けましょう。個性的なデザインが部屋の中でより引き立って、インテリアのおしゃれなアクセントとして活躍してくれますよ。

ヴィンテージテーブルライト・デスクライト

ヴィンテージ インテリア シンプル

ヴィンテージのテーブルライトやデスクライトで特に人気なのは、こちらのようなメンズライクなライト。シンプルで無機質な佇まいが印象的で、幅広いヴィンテージスタイルに合わせやすいアイテムです。

クラシック ヴィンテージ インテリア

ヨーロッパヴィンテージスタイルなど高級感のあるヴィンテージスタイルでは、こちらのようなクラシカルなアイテムをがおすすめ。シンプルめのクラシックなアイテムなら、ヴィンテージインテリアに合わせやすく、上品さをプラスすることができますよ。

ヴィンテージキリム(ラグ)で部屋に手仕事のぬくもりをプラス

ヴィンテージ インテリア ラグ

ラグは、照明と同じくおしゃれなヴィンテージインテリアに欠かせない存在。ぜひこだわって、手仕事感の残るヴィンテージラグを取り入れたいところです。

ヴィンテージ インテリア キリム

ラグでおすすめなのは、オールドキリムと呼ばれるトルコ産の手織りのヴィンテージ布。人や動物、自然など身近なものをモチーフとした柄が描かれていて、それぞれのモチーフは家族の幸運を願っていたり、不幸を遠ざけるお守りであったり、作り手のたくさんの思いが込められているんですよ。キリムは今でも生産し続けられていますが、オールドキリムは現行品にはない珍しい柄があったり、使い込まれた味が出ていたり、ヴィンテージ品ならではの魅力がたっぷり。ぜひ、お気に入りの1点を見つけたいですね。

ヴィンテージボックス(木箱・トランク)で部屋をおしゃれに整理整頓

インテリア ヴィンテージ ボックス

ヴィンテージインテリアでは、お気に入りの雑貨を見せて収納しつつ、テイストに合わない日用品などはうまく隠して収納することが大切です。そこでぜひ取り入れたいのが、ヴィンテージの収納ボックス。ヴィンテージ雑貨は、木箱やトランクなど箱型のものがたくさんあるので、サイズ違でいくつか持っておくと、部屋がすっきりとおしゃれに片付きます。

ヴィンテージ インテリア 箱

特にヴィンテージトランクは収納力に長けていて、見た目もインダストリアルなヴィンテージインテリアにぴったり。部屋に無造作に置いておくだけでいい存在感を出してくれますよ。収納だけでなく、テーブルや飾り台代わりとしても使えます。

ヴィンテージポスターやフレームで部屋をデコレーション

ヴィンテージ インテリア ポスター

自分の部屋を見回していると、大抵は壁にぽっかりと空いたスペースがあるはず。ヴィンテージインテリアでは、そんな壁の余白を作りすぎず、ポスターやステッカー、黒板ボードなどをディスプレイするのが定番です。自由に好きなものを飾ると、住み手の個性やこだわりが感じられて、より素敵な部屋になりますよ。

ヴィンテージ フレーム インテリア

ヴィンテージ雑貨でおすすめなのは、こちらのようなヴィンテージもののポスターや昭和レトロな看板など。また、ヴィンテージのフレームのみも販売されているので、お手持ちの絵や写真をヴィンテージのフレームに入れて飾るのも素敵です。ぜひ、自由にデコレーションを楽しんでみてくださいね。

レトロなヴィンテージ時計でよりノスタルジックな部屋に

ヴィンテージ インテリア 時計

ポスターと同じく、壁面ディスプレイに活躍するのが、ヴィンテージ時計。ヴィンテージ時計は、今ではなかなか見ないレトロで個性的なデザインのものがたくさんあって、見比べるだけでも楽しいもの。お気に入りを見つけたら、ぜひとも部屋に取り入れたいところです。

ヴィンテージインテリアで特におすすめなのは、ミッドセンチュリー期の時計や、昭和レトロな時計。もしくは、ヨーロッパヴィンテージスタイルが好きなら、クラシックな振り子時計もいいですね。ノスタルジックな文字盤や針が刻む音が、部屋に深い味わいをプラスしてくれます。

ご紹介したヴィンテージ雑貨は、ラフジュ工房の通販サイトで販売中です。ご紹介した以外にもたくさんのアイテムがありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

最後に

ヴィンテージインテリアは、何十年と経ったスタイルですが、いつの時代も普遍的に愛されてきたインテリア。部屋には作り手と住み手のこだわりがたっぷりと詰まっていて、ぬくもりや心地よさを感じます。これからヴィンテージインテリアに挑戦するみなさんも、今回ご紹介した部屋を参考に、自分らしいヴィンテージインテリアを楽しんでみてくださいね。もっとヴィンテージインテリア例が見たいという方は、ぜひインテリアフォトギャラリーもご覧ください。

ページの先頭へ