RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

和モダンや大正ロマンなお部屋に!おすすめアンティーク建具

和室がないお家も多くなっている現代ですが、レトロモダンや和モダンのインテリアで今どきの「和」を楽しむ人も増えています。でも...

「和モダンを目指したのに、和な感じが上手に出ていない。」
「大正ロマンな雰囲気にお部屋をまとめたはずなのに、なにかちょっと違う気がする。」

そんな悩み、もしかしたらアンティークの建具で解決できるかもしれません。
インテリアの締めとなる、戸や扉。アンティークのものは、純和風な雰囲気よりも、どこか親しみを感じる昭和レトロのものや、和洋折衷なデザインがおもしろい大正ロマンを感じるものが多く揃っています。

どんなアンティーク建具があるのか、早速覗いてみましょう。

すがすがしい姿のアンティーク格子戸

20140909-1.jpg 定期的に並んだ木材の仕切りの付いている、格子戸。組子のような凝ったつくりではありませんが、細かい桟が並んだ姿は、すがすがしさを覚えます。

アンティークのものが比較的手に入りやすい格子戸ですが、格子裏に施されたガラスや腰板の木目など、細かいところにも着目すると、長く楽しめる良いものが見つかりますよ。

大正ロマンな格子デザインが魅力の、アンティークガラス戸

20140909-2.jpg 格子の中にガラスが組み込まれた、ガラス戸。格子のデザインが、シンプルだけど大正ロマンを感じさせるちょっとユニークなものは、和モダンやレトロモダンなお部屋にぴったりです。

半透明のレトロガラスが、降り注ぐ日差しを和らげてくれます。なかでもこんなふうに、いろいろな種類のレトロガラスが組み合わされたアンティークガラス戸は、見つけたら見逃したくない一品です。

アールデコな鮮やか色ガラス入りの、アンティークガラス戸

20140909-3.jpg 同じ大正ロマンなガラス戸でも、アールデコの影響が強く感じられるのが、色ガラス入りのガラス戸。青や緑、黄色に赤と言った原色の鮮やかな色が、建具だけでなく、インテリア全体にアクセントを加えてくれます。

こちらのガラス戸の場合、色ガラス以外にも、レトロなモールガラスとクリアガラスも組み込まれています。別々のガラスを通して見える風景を楽しむのも、アンティークガラス戸の魅力ですね。

壁に立てかけるだけでも様になる、アンティーク欄間

20140909-4.jpg
小さな木材を組み合わせて模様を描き出す、緻密な組子細工のものが多く見られる、アンティークの欄間。職人の技が生みだす、麻の葉や胡麻、割菱などの美しい伝統模様を、お部屋のアートとして楽しむのもおすすめです。

手頃な大きさなので、壁に飾ったり、床に置いて壁に立てかけた後ろにランプを置いて照明にしたりと、どんどんインテリアに生かしたいですね。

最後に

昭和レトロや大正モダンな魅力満載のアンティーク建具、いかがでしたか。木の温かみが存分に活かされた格子戸や欄間、ダイヤガラスや色ガラスなどさまざまなレトロガラスが楽しめるガラス戸など、インテリアの締めを、きっちりこなしてくれそうなものばかりですよね。

一期一会の出会いを大切に、アンティーク建具探しをしてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE