お買い物こちら

キーワード検索

コラム

埼玉のオススメのアンティークショップ19選

「最近アンティークやヴィンテージをお部屋に取り入れたくて、試しにいろんなものを見てみたいな。でもどういうお店が近くにあるんだろう?」

「いつも同じショップで買ってるけど、ほかにもお店があるなら行ってみたい。」

そんなアンティーク初心者の方や、自分の知らない新しいお店をお探しの方におすすめしたい、埼玉県のアンティークショップをエリア別でご紹介します!

埼玉県のアンティークショップは、豪勢な装いのヨーロピアンアンティークなどよりも、ナチュラルなフレンチカントリーや古家具、北欧家具の方を扱っている印象があります。

東京の大都会から少し離れた、自然を豊かに感じられる土地柄によるものなんでしょうか。

店舗情報も掲載しているので、気になったお店があったら足を運んでみてください。

※2022/11/15時点の情報です。実際の情報と異なる場合もあるので、詳細は店舗HPなどでお確かめのうえ来店をお願いします。

アンティーク家具

西部エリア<飯能市・東松山市>

REFACTORY antiques(リファクトリーアンティークス) 飯能市

 

リファクトリーアンティークスは、まずお店の外観がおしゃれです!

真っ白い扉に、シンプルな線で描かれた工場のマークとショップ名がすごくスタイリッシュでかっこいい。

開店時間になると真っ白なハンガードアを横に大きく開いて来店する方を待っています。

天気のいい日には内側のドアも一緒に開け放ってとても開放的なんですよ!

というのも、オーナーの渡邊さんが「屋内外の隔たりをなくしたインテリア」を信条にしているので、お店も内と外を隔てないおおらかなつくりになっているんですね。

誘われるように中へ入ると、ナチュラルモダンなアンティーク家具たちがたくさん並んでいました。

普段の生活シーンを想像させるようなインテリアになっているので、店内のアイテムを眺めていると、自分ならどう使おうかな~と想像が膨らんじゃいます。

変わった組み合わせのディスプレイには、あ、こういう組み合わせでもいけるんだと、ちょっとしたアイデアももらえたり。

インテリアグリーンやフラワーも趣味良く飾られているのが、自然が身近にある豊かな生活を想わせてくれて素敵なんですよ。

自分の部屋でもこのお店みたいにセンス良くグリーンを飾りたいな、と感じたら、オーナーはインテリアグリーンにも詳しいので飾り方のアドバイスがいただけるかもしれません!

グリーンを取り入れた温もりのあるリビングダイニングを目指している方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

REFACTORY antiques(@refactory_antiques)がシェアした投稿

営業時間 11:00~18:00
定休日 日曜~木曜
所在地 〒357-0063 埼玉県飯能市飯能302-2 Map
TEL 042-978-5653


Bellbet Warehouse(ベルベット ウェアハウス) 東松山市

 

お店の前に立つと、関係者以外立ち入り禁止?と思ってしまうほど倉庫そのままの形で腰が引けてしまいますが、正真正銘アンティークショップです!

ウェアハウスの名の通り、オンラインショップの倉庫としての役割もあるので見た目は二の次なんでしょうね。
ちなみに東京の吉祥寺には「Bellbet 吉祥寺ショールーム」があって、また一味違うBellbetの魅力を味わうことができますよ。

中にはぎっしりと家具が陳列されていて、圧巻です。大きなスチールラックの上下にも、椅子がずらーっと並べられています。

置かれている家具を見ると北欧ヴィンテージが中心のようですね。

どれもミッドセンチュリーらしいモダンなデザインですが、木製の柔らかい雰囲気のものや、部分的にスチールをつかったシャープなものなど、量を生かして多彩なデザインが揃っています。椅子に使われているファブリックも、チェック柄やストライプ柄などかわいいものがたくさん!

インダストリアルアイテムも豊富です。アイテムの中でも人気なランプは武骨過ぎないデザインが多くて、北欧デザインとのミックスにもはまってくれそうなものばかり。

家具の方では、オランダのインダストリアルファニチャーも置いてあって、オランダ特有のパキッとした色使いは、北欧デザインの中でもカラフルな色使いを好む人に刺さりそうなデザインです。

北欧インテリアをベースにして、ちょっと一癖を加えたい人にオススメのアンティークショップですよ。

キッズスペースもあるので、小さいお子さんと一緒に来店しても安心ですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bellbet Warehouse(@bellbetwarehouse)がシェアした投稿

営業時間 11:00~19:00
定休日 第2/第4 水曜日・木曜日
所在地 〒355-0036 埼玉県東松山市下野本1356 Map
TEL  0493-23-9705


artique saitama(アーティーク サイタマ) 東松山市

 

ショップのドアや窓枠は白一色でフランスっぽいテイスト。その塗装がところどころはがれているのがシャビーな味わいです!

外観のイメージそのままに、店内にもシャビーな質感の家具が並んでいます。

家具のデザインは素朴なフレンチカントリーを思わせるもので、2つの要素が合わさると、フランスの温かな田舎というイメージがより強まります。

シンプルなリネンの布が棚の上に重ねて置いてあったり、リネン製の洋服も飾ってあったりして穏やかな暮らしの雰囲気が伝わってきますね。

お店にある白いポットで紅茶を淹れて、ほっと一息。なんて光景憧れます。

フランスでは“ブロカント“と呼ばれる古道具の蚤の市も良く開催されていて、こういった生活の面影が残っている暮らしの道具がよく売られているんですよね。

物を大切に使い続けるヨーロッパ文化らしい催しで素敵です。

こうしたフランスの質素ながらも温かみのある暮らし方に共感を覚える人も少なくないのではないでしょうか。

フランス人のシンプルな暮らし方に憧れて、そういうインテリアを取り入れたい!という方には素敵な出会いのあるショップだと思いますよ。

 

営業時間 12:00~18:00
定休日 水曜・木曜
所在地 〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1-11-14 Map
TEL  0493-59-8469


北欧家具tanuki(ホクオウカグ タヌキ) 東松山市

 

ガラス張りのショップの前にちょこんと置かれた白い看板に、味のあるタッチで「tanuki」の文字とタヌキの絵が書かれています。

たぬきってことは和家具でも扱っているのかな、と中に入ってみると予想に反して目の前には北欧ヴィンテージの数々が!

なんでタヌキなんでしょう?オーナーによると、タヌキは再生の象徴である金の精霊と呼ばれていて、家具を再生するお仕事に合っているからと付けた名前なんだそうです。

お店の北欧家具はどれも品質が良くて、ミッドセンチュリー期の有名デザイナーが手掛けた名作も多く並んでいるので見ごたえがあります。

ファネットチェアの脚が真ん中にかけてぷくっと膨らんだ形状なんか、印象に残りますよね。

広い店内には様々なダイニングテーブルやチェア、チェストなどが展示されていますが、実はショップの奥にはもっとたくさんの数の家具が置いてあります!

ショップの奥は倉庫につながっていて、まだ修復前の商品が並んでいるんです。チェストやソファなど比較的大きいものはこっちの方にあったんですね。

憧れの北欧スタイルを叶えるであれば、たくさんのアイテムが揃うこのショップはチェックしてもらいたいです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hokuokagu_tanuki(@hokuokagu_tanuki)がシェアした投稿

営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜 (火曜~木曜 アポイントメント制で来店可)
所在地 〒355-0077 埼玉県東松山市上唐子1083 Map
TEL  0493-81-4642


北部エリア<熊谷市・深谷市>

金子古家具店(カネココカグテン) 熊谷市

 

どこか昭和の面影が残る建物、たぶん昔は理髪店だったんじゃないでしょうか。

いまはアンティークショップとして生まれ変わって、オーニングの部分に乗せられたトタンの庇が色とりどりでかわいいです。

店内に並んでいる古家具には、経年してはがれた塗装や、キズなど、長い間使われていた跡が残っていて味わい深いです。

それに、造りが質素なものが多いので、庶民の生活を思わせるような親しみやすさがあるんですよね。

幼稚園で使われていた椅子や、図工の授業の時に座る簡素な椅子など、子供の頃を思い出す懐かしいものもあって、昭和世代のみならず、平成世代にも通じる昔の情緒であふれています!

こうした素朴な木製家具の中に、ちょっとくすんだ色のカラフルなアイテムも顔をのぞかせています。

この発色の抑えられた感じが昭和のレトロポップらしい色合いですよね。

素朴な昭和レトロでまとめたインテリアに織り交ぜると、より小洒落た印象を持たせてくれます。

さまざまな昭和の香りが漂うアイテムがひしめき合っているので、自分の好みのテイストに合うお気に入りを探してみてください。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

金子古家具店(@nettco)がシェアした投稿

営業時間 11:00~17:00
定休日 月曜
所在地 〒360-0231 埼玉県熊谷市妻沼1431-1 Map
TEL  090-9100-8371


アンティークサムズコレクション 深谷市

 

株式会社里神楽という会社のアンティークショップで、主に国内アンティークやアジアを中心としたアンティークを集めています。

店内は全体的に華やかな雰囲気を感じます。それというのも置かれている和家具や小物には、透かし彫りや象嵌、蒔絵、染付や印判など、凝った装飾で彩ったものが多いからなんですね。

さらに韓国のアンティークである李朝家具も多く扱われていることがより華やかさを生んでいるのだと思います。

李朝家具は和風インテリアとも親和性の高いデザインが多いですが、中でもソバンと呼ばれる一人用の膳は、和製アンティークとも、西洋アンティークとも違うデザインで面白いですよね!

例えば床座中心の和風インテリアをつくっている方にはロココ調の猫脚は遠い存在に思えますが、 “虎脚”のソバンであれば、それに近いデザインを取り入れることができたり。

他にも箪笥や引き出しなど様々な家具を扱っているので李朝家具好きの方にはオススメですよ。

高級感のある和風インテリアを目指している方や、李朝家具を生活に取り入れてみたい方はぜひ訪れてみてください。

 

営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜・第2/第4水曜
所在地 〒366-0051 埼玉県深谷市上柴町東5-13-2 Map
TEL 048-574-5984

 

李朝箪笥であれば、当店ラフジュ工房でも取り扱いがありますよ。

数に限りがあるので、入荷のタイミングを見逃さずにチェックしてください!

ラフジュ工房で扱っている李朝箪笥はコチラ

 


中央エリア<和光市・新座市・上尾市>

Wormhole Furniture(ワームホール ファニチャー) 和光市

 

小道に入って奥に進んだ先の行き止まり、右を向いて見えるプレハブ倉庫のような建物がワームホールファニチャーです。

プレハブ倉庫特有の無機質な空間に、白を基調とした内装になっていて、そこだけ聞くとちょっと冷たそうな印象を受けますよね。

でも扱っている家具が、明るく淡い色調のもの、質感の柔らかそうなもので揃えられていて、それが加わると静かで穏やかな空間へと印象が変わっているのが、改めてインテリアの面白さを感じます!

そうした家具はフランスやドイツ、日本のアンティークからオーナーがセレクトしてきたものだそうです。

中でも籐製の家具や小物もたくさん扱っているのが印象的で、籐で作られたチェアのしなやかな曲線や、籐を編んだ隙間から感じる涼やかさは、木とはまた違う自然の美しさを感じますね。

それと、箪笥や棚はフランス製にしても日本製にしても涼やかなガラス戸を使ったものが多くて、“涼やかさ”にもさまざまな種類があることを発見して楽しいです。

フランスアンティークらしい優美なろくろ脚を持ったテーブルも塗装をはがしたナチュラル仕上げのものが多いので、ナチュラルで美しいデザインに惹かれる方にはとても楽しいショップだと思いますよ。

 

営業時間 13:00 〜18:00 (月、火、金)11:00 〜18:00 (土、日)
定休日 水曜・木曜
所在地 〒351-0113 埼玉県和光市中央2-9-4 Map
TEL  080-3006-8401


時代屋のびる 新座市

 

広い敷地の奥にそびえている大きな倉庫、入り口までもが大きくて圧倒されてしまいます。

中に入るとさらに圧倒されるのが、集められた建具の量です!

時代屋のびるでは、特に日本製の建具の品揃えに力を入れていて、ショップの1階と2階を使って膨大な量を保管しています。

ここまでの量があると、建具好きに対して色んな方面からアプローチできる品ぞろえになっていますよ!

例えば、立体的な彫刻が施された欄間や、美しい紋様が浮かぶ組子の書院戸、鶴や植物、唐子などの板絵が描かれた板戸など、お部屋にディスプレイするだけでも映えるデザイン的な建具。

重量のある建具では蔵戸も種類が豊富で、金具を前面にあしらった重々しいデザインから格子になったもの、一枚板のシンプルなものまで揃っています。

それよりモダンなデザインとなると、色ガラスを所々にはめ込んだレトロなガラス戸や、ステンドグラスのアンティークドアなどもあるので、帰るころにはお気に入りの建具が一つは見つかっていること間違いなしです!

ショップが少し見つけづらい場所にあるので、来店の際には道に迷わないように気を付けてくださいね。

 

営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
所在地 〒352-0017 埼玉県新座市菅沢1-7-32 ※やさか引越センター敷地内 Map
TEL  048-482-2060


RITA brocante(リタ・ブロカント) 上尾市

 

郊外の住宅街の中でひと際大きな敷地と倉庫を備えたアンティークショップがリタブロカントです。

普段はオンラインショップの倉庫として使っているのですが、土曜日だけはお店として開放されているんですよ。

店内は吹き抜けになっているので、2階に置かれた家具まで見渡すことができます。

フランスらしいエレガントな彫や波打つモールディングが美しいカップボードに、装飾の少ないシンプルなチェストまで。

優雅なフランスアンティーク家具と、素朴な味わいのフレンチカントリー家具が肩を並べているのに、お互いの存在感を打ち消すことなく馴染んでいます。

一般的な印象としては、フランスアンティークの存在感にフレンチカントリーが負けてしまいそうなイメージだったので意外です。

柔らかい印象のパイン材でつくられていたり、塗装が剥離されていたりと、デザインが優雅でも全体を見ると温かみを感じる家具になっているからでしょうか。

「気取らない古家具」をコンセプトとしているリタブロカントの色が感じ取れますね。

土曜日はどうしても来られないという人でも、平日に来店予約を取ることもできますよ!まずは電話やInstagramのDMからお問合せしてみてください。

 

営業時間 11:00~17:00 (平日 10;00~18:00)
定休日 日曜~金曜 (平日アポイントメント制で来店可)
所在地 〒362-0059 埼玉県上尾市平方3129 Map
TEL  080-6515-0802


東部エリア<三郷市>

古録展(コロクテン)三郷市

 

こちらのアンティークショップは、「朝日自動車販売株式会社」がという自動車販売会社が営んでいる古家具のお店なので、同じ敷地内で自動車販売と古家具屋を運営していらっしゃいます。

一見すると入っていいのか迷いますが、敷地の中をのぞくと古録展の看板が立っている建物にはちゃんと和家具の姿が見えています!

家具の姿は、実用性に足りるメンテナンスを施しながらも、経年を感じる風合いを残したものが少なくないです。

こうした時代の跡が残る家具は古い物好きにはたまらないですよね。

飾り金具や美しい木目が美しい時代箪笥や、木味のある水屋箪笥など、表情の違う和家具がたくさんあるので、それぞれ独自の古さを楽しめます。

文机やちゃぶ台も多く扱っているので、床座の和風インテリアを集めている方にも役立つ商品展開になっていますよ。

何よりも、一番うれしいポイントはお値段が安いことです!

これほしいな、と思えば手の届くようなお値段ばかりなので、箪笥類は高価すぎて諦めていたという方でも手に入れるチャンスがありますよ。

和風アンティークのトータルコーディネートを目指している方は、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

営業時間 10:00~16:00
定休日 火曜
所在地 〒341-0004 埼玉県三郷市上彦名513-3 Map
TEL  048-958-9100


アンティーク雑貨

西部エリア<川越市・狭山市>

SUNDAY GARAGE(サンデー ガレージ) 川越市

 

知る人ぞ知る魅惑のアンティークショップ、サンデーガレージ。

パーティーかのように電飾を飾り付けた店先には、店内からあふれ出たインテリアグリーンとアンティーク品が置かれています。

ガレージの大きな入り口を抜ければそこはさながらワンダーランドです!

あらゆる場所に張り出した枯れ木や、一面に張り巡らしたグリーンが店内を鬱蒼とさせています。そんな場所にアンティークアイテムが詰め込まれているんですから、ほかにはない独特な世界観をつくっています。

見ていると目が回りそうなほど膨大な数のアンティーク品は、国を超えて幅広い種類のアイテムが集められています。

お皿一つとっても、白地に綺麗な花柄が描かれたアンティークプレートや、乙女心をくすぐるレースプレート、ファイヤーキングのぷっくりとしたスナックプレート、古伊万里を思わせる印判皿に、オールドノリタケなど国際色豊かな取り揃えです。

その統一感のなさが、余計に店内の奇天烈さを強めていて、いつまでも見ていて飽きません!

お値段も抑えられているので、場所を取らない小ぶりなものからアンティークを取り入れたいという方にもおすすめのショップです。

ひとつ注意点を挙げると、店内の通路も駐車場も少し狭い作りになっているので、事故が起こらないように気を付けてお楽しみください。

 

営業時間 12:00~19:00
定休日 火曜・水曜・第1/木曜
所在地 〒350-0013 埼玉県川越市渋井830-5 Map
TEL  049-265-5315


古江戸川越屋 川越市

 

江戸時代の蔵造りの町並みが残る”小江戸川越一番街商店街”の一画に店を構えたアンティークショップです。

人気観光地の中にある気軽に入れるお土産屋さんといった風体で、売られている品も安価なものばかりです!

特に昭和レトロを感じる品物が多く集められていて、昭和アイドルのジャケットや、レコードなどは昭和世代に青春を過ごした方々には胸に迫るものがあるんじゃないでしょうか。

それ以外にも、ベーゴマやトンボ玉など子供のころの遊びに使った懐かしい物。ペコちゃんなどのヴィンテージトイに、どこの家庭にもあった黒電話やレトロかわいい赤電話なども。

曲者だと、兜も置いてあって面白い品揃えです。

そういったエンタメ色の強いヴィンテージばかりかと思えば、糸引き車や織物に使う杼という道具もあって、民芸館などに飾られているような民具も実際に手にできます。

ご夫婦で当時の話に花を咲かせるもよし、子供に昔の楽しいおもちゃを買ってあげるもよし、家族みんなで楽しいショップになっていますよ!

 

営業時間 11:00~18:00
定休日 無休
所在地 〒350-0063 埼玉県川越市幸町9-2 Map
TEL  049-257-5262


PiENi KöTA(ピエニコタ) 川越市

 

住宅街の中にある一軒家の前に”pienikota open”と手書きされた看板が置いてあって、これがショップの目印になっています。

小さな森のような庭に入って、柵に沿って進んだ先にある白い扉の小屋がアンティークショップのピエニコタです。

近づくとコーヒーのいい香りが鼻をくすぐってきます。

実は、ピエニコタはただの古道具屋ではなくて、アンティークに囲まれた空間でおいしいコーヒーとケーキが楽しめるカフェでもあるんです!

お店の中には古家具や古道具でいっぱいになっていて、素朴な味わいの棚やケースを使って古道具がディスプレイされています。

双眼鏡は優雅で高級感のある見た目が素敵ですし、ドイツ製のレタースケールはクラシックなデザインと仕掛けにアンティーク好きの心をくすぐられます。

このように、暮らしの中の実用品を中心に集められているので、ギミックが楽しいものも多いんです。

現代を暮らす中ではすれ違いもしない、別の国、別の時間を生きた道具と出会わせてくれる素敵な場所になっています。

 

ほっとするひと時を過ごしながら、自分の肌に合う一品をじっくり探してみてはいかがでしょうか。

お店は不定期でOPENするので、HPかInstagramで月の予定をチェックしてから来店してくださいね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

PiENi KöTA(@pienikota)がシェアした投稿

営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休 (詳細はHPの予定表から確認)
所在地 〒350-0826 埼玉県川越市上寺山476-5 Map
TEL  090-4169-6925


Jack’s Mart(ジャックス マート) 狭山市

 

新狭山駅前の通りを5分ほどまっすぐ歩いていくと、エイジングの効いた古材と黒いペイントのコントラストが渋い外観のショップが目を惹きます。

お店の大きい窓からはアメリカ式の派手な看板や、様々なキャラクターのヴィンテージトイが並んでいて、通りがかるマニアのツボをぐいぐいと刺激してきますね。

アメリカらしい大胆なデザインが店の中でひしめいていて、にぎやかな雰囲気です。

看板も、ロードサインだけではなくアメリカで親しまれているファストフードの看板もたくさん置いてあるので、その筋のマニアでなくてもテンションが上がってしまう品揃えで楽しいです!

でもこういう場所には、一般人にはそうとわからないお宝が眠っていたりするんですよね。ここがヴィンテージの面白いところです。

ヴィンテージトイやサイン以外にも、ペンキ缶やガス管、缶詰の空き缶なんて変わったコレクションも置いてあります。

お店のコレクションを見ているとつい一つだけと買ってしまいますが、ひとつだと家に置いても味気なくてまた買ってしまう、なんてことからコレクターが生まれていくんですよね。

アメリカンヴィンテージの雰囲気を演出するにはもってこいの品ばかり揃っているので、近くに来た時には要チェックのお店です!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jack’s Mart(@jacks_mart)がシェアした投稿

営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜
所在地 〒350-1331 埼玉県狭山市新狭山2-10-16 Map
TEL  0429-07-5820


北部エリア<熊谷市>

雑貨とちや 熊谷市

 

とちやは印判皿に特化したショップなので、今まで紹介したアンティークショップとは少し毛色が違いますね。

その品揃えが特に素晴らしいので紹介させていただきます。

印判皿や染付皿の数は常時1000種類以上を揃えていて、それぞれが作成された時代も幕末から昭和初期まで様々!

全国規模で印判皿を探すにしても、まずはとちやに行けば間違いがないでしょう。

印判皿ひとつとっても、形から図柄、色味まで全く違うんですね。

印判皿と言われて思い浮かぶスタンダードな柄から、唐物趣味を感じる柄、ポップでかわいらしい絵柄、ちょっと奇をてらったデザインまで、ひとつずつ手に取ってまじまじと眺めてしまいます。

金継ぎのできる割れた皿なんかも置いていて、専門店だからこそ思いつくマニア向けサービスが面白いです。

元々印判皿が好きな方はもちろん、そうでない方でも楽しめると思いますので、近くに来ることがあれば立ち寄ってみてください!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

雑貨とちや(@zakka_tochiya)がシェアした投稿

営業時間 11:00~17:00
定休日 月曜・木曜
所在地 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾145-1 Map
TEL  080-5545-0393


中央エリア<さいたま市>

Rytas(リータス) さいたま市

 

大宮駅の東口から歩いて10分。ガラス張りのお店の中は色とりどりの花に囲まれて、かわいらしい雑貨が並んでいるのが見えます。

花の色に負けじと、鮮やかな色彩の雑貨がたくさんあって華やかな店内です。

オーナーがヨーロッパや北欧の国々を旅してまわった道中、心惹かれた古いものたちを集めて回ってリータスに飾っているそうですよ。

違う国々から集まってきたハンドメイドの人形はひとつひとつが違う表情を持っていて、その違いを見るだけでも楽しいです。

テーブルウェアの種類も豊富で、子供用の童話チックな図柄から大人の女性に似合う優美な花柄のデザインまで揃っています。

花柄と一口に言っても、その内容は小ぶりで大人しい柄から全面に大きく描かれた大胆な柄まで様々。

それなのに雰囲気にそぐわないものが一つもないのは、どれも柔らかいタッチで描かれていることが共通しているからでしょうか。

こんな風にお店に共通した雰囲気を外さないところがセレクトショップのいいところですよね。

他にも、思わず手に取ってしまうような小さな雑貨類がたくさん置いてあるので、旅の思い出を分けてもらうような気持ちで色々と見てしまいます。

温かみのあるデザインが好きな方なら心癒されること間違いなしのショップです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

rytas(@rytas_rytas)がシェアした投稿

営業時間 12:00~18:00
定休日 月曜・火曜
所在地 〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-38 Map
TEL  048-778-8424


DJANGO FRANGE(ジャンゴ フランジ) さいたま市

 

次に紹介するのは変わり種のアンティークショップです!

シンプルな白い外観のお店ですが、中の様子をのぞくとシンプルさとはかけ離れたユニークなものが並んでいます。

このショップに並んでいるのは日本の古家具や古道具。そして、廃材やアンティーク品を使ってオーナー自らが制作している現代アート作品です。

経年した素材でつくったジャンクな雰囲気が古家具とマッチしています。

インダストリアルな雰囲気を纏ったオブジェも多いので、古家具以外にも古材やインダストリアルを取り入れているお部屋なら、存在が変に浮いてしまうこともなさそうですよ。

かなりユニークなアート作品ばかりで、一つ置くだけで部屋の雰囲気を変えてしまう存在感があります。

インテリアとアート作品の組み合わせだと、絵画や掛け軸などの美術品がぱっと思いつきやすいですが、こうした現代アート作品を取り入れると個性ある仕上がりになりますよね!

今のインテリアにマンネリを感じている人なら、ひとつの解決策を探しにお店をのぞいてみるのはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJANGO FRANGE(@django.frange)がシェアした投稿

営業時間 11:00~19:00
定休日 木曜
所在地 〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-143-3 Map
TEL  048-715-1679


Free Style Antiques(フリー スタイル アンティークス) さいたま市

 

その名の通り、特定のスタイルに捉われずに世界各国のアンティーク雑貨を集めているアンティークショップです。

なので、クラシカルなラジオがあるかと思えば、日本の古道具が置いてあり、壁を見るとアメリカンな看板のキャラクターと目が合ったりと何でもありな店内になっています!

用途に対しても様々なタイプのものがあり、オブジェやヴィンテージトイなどディスプレイして楽しむものや、万年筆、ZIPPO、ヴィンテージ時計などコレクションや実用品として楽しむものまで幅広いです。

特にアンティークジュエリーは豊富なので、身に装うアンティーク品を探している方にもオススメですよ。

こうしたアンティーク品が500円均一や、1000~3000円の均一品が一か所にまとめられているエリアも用意してあって、値段を気にせずに吟味できるのがうれしいです。

固定観念に縛られず、世界各国のアンティークから本当に自分の琴線に触れるものを探せる楽しいショップになっています!

 

営業時間 10:30~18:30
定休日 無休
所在地 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-16-17 Map
TEL  048-799-3525

 

RECOMMEND ITEMSあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

お買い物はこちら