RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

ローボードコーディネートを変身!レトロな木製アンティークテレビ台

無機質で味気ない印象になりがちなテレビまわりの対策として、木のぬくもりがあるアンティークをテレビ台に取り入れたいと思う方も多いですよね。

しかし検索しても、なかなか当てはまるものにたどり着かないのが現実。"アンティーク調"のものや、扉が無いオープンタイプだったりと、探すと出てくるのはワンパターンなものばかり。テレビは多くの家に置かれている主要家電でありながら、おしゃれなローボードを見つけるのは案外難しいんですよね。

今回は、痒いところに手を届かせるべく、テレビボードにもちゃんと使えるレトロな木製アンティークをピックアップしてみました!使いやすさを考慮し、今回は2つのタイプに分けておすすめのアンティークテレビ台をご紹介していきますよ。

安定感・収納重視型のチェストタイプ

チェストタイプのテレビ台のメリットは、何より収納を備えているところ。リビングの収納を少しでも増やしたい方や、どっしりとした安定感を重視する方はこのタイプがおすすめでしょう。

デッキ・DVDなど何でも入る衣装箪笥ローボード

アンティーク衣装箪笥ローボード 余裕のある横幅・奥行・深さで、小物やかさばるものも選ばず収納できるのが、古くに使われていたアンティーク衣装箪笥。機能的に使えるための仕切り板はありませんが、ボックスやトレイなどの手軽に手に入るアイテムを使えば、分類収納も簡単です。

木の深みや装飾性などから重厚な印象のある和箪笥は、低い目線に置けばその安定感を発揮してくれます。このように金具や引手がシンプルなものなら渋さが主張しすぎずに、レトロやモダンなコーディネートに幅広く使うことができますよ。

ただし、テレビボードにアンティークを取り入れる際の注意点として、デッキなどを収納する際は、背面にコードを通すための穴開けが必要です。壁沿いでの使用が多いので、前から見ただけではそれほど気にならないかもしれませんが、念のため頭に入れておきましょう。

箪笥としては珍しい、縦で仕切られたこんなタイプも

和箪笥テレビボード 箪笥では珍しい、このような変わり型のものもアンティークにはあります。シンプルな金具がレトロで、和家具ならではの凛々しさがありつつもカジュアルに取り入れられるところが魅力です。横2列に並んだ引き出しには、ブランケットなどのかさばるものと、こまごました生活雑貨を分けて収納ができます。

写真を見て、ローボードにしてはちょっと低い?と思った方もいるかもしれませんが、実は目線の下に画面がある方が疲れにくいのです。床座りでテレビを見ることが多い人は、高くても30cm台が良いそうですよ。参考にしてみてくださいね。

柔軟性・部屋を広く見せるテーブル&台タイプ

台タイプ、つまり脚付きのテレビボードの一番のメリットは、重量感を軽減できること。家具の下に隙間を作ることで床の面積を増やし、部屋を広く見せることができると言われています。

浮かせることで重量感を減らせるアンティークベンチ

アンティークベンチ お次はアンティークベンチをテレビ台にしたアイデア。

テレビ幅よりも余裕を持って選べば、このように飾り台を兼ねることもできます。デッキもお気に入りのインテリアで馴染ませれば、存在感を隠せますね。また、床置きの雑貨が掃除の際に邪魔になる方は、雰囲気を壊さないホーロートレイなどを活用するのがおすすめです。

テレビに合わせた奥行にだけ気をつけて選べば、安定感も問題無く取り入れられますよ。

机下のスペースも活かせるアンティーク文机

20150320-4.jpg 床座の書斎机としても人気のアンティーク文机は、実はテレビボードとしても申し分無く使えます。引き出しの中にはリビングまわりで使う生活雑貨などもしまっておけるので、何かと便利なんですよ。

そして、天板下のもったいないスペースは、収納に活かすのも一つのアイデアです。竹かごや古いお菓子屋さんで使われていた木製の番重などが相性が良いですが、シンプルな文机ならこんなカラフルな運搬ボックスなんかも組み合わせられます。

このように単行本などを入れる場合は、天板下は最低21cmあるものがいいでしょう。木家具には無い工業的な質感が、空間に変化を作り出してくれていますね。

最後に

視点を変えるだけで、おしゃれでかつ使いやすい様々なアンティークローボードがある事がお分かりいただけたと思います。収納を重視するか、インテリアとしての柔軟性を重視するかは、あなたの求めること次第です。

今回ご紹介したことをヒントに、とっておきの木製テレビ台を選んでみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE