RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

棚付きで収納も便利!キッチンで役立つアンティークサイドテーブル

キッチンに何かとあると便利なのがちょっとした「置き台」になるようなもの。食材置きにしたり、盛り付けの際にお皿を載せたり。そういう少しの場所を確保できるだけでもキッチンの使いやすさは全然違うんですよね。

そんなシーンでもスペースを取らずに手軽で人気なのが、キッチンワゴンやサイドテーブル。実はアンティークでもおしゃれで使いやすいものがあるんですよ。

今回は、収納のこともきちんと考えた棚付きのアンティークサイドテーブルに注目!棚板の高さの違いによる便利な使い方をご紹介していきます。

カトラリー類の収納に便利な、低めの棚付きタイプ

棚付きアンティークサイドテーブル このように棚板の高さが低めの場合、やはり浅い物の収納に適しています。カトラリー類や紅茶の茶葉などを収納しておくなら、バスケットトレイなどを活用して片付けておくのがいいでしょう。

また、サイドテーブルは壁ぎわに置く際にもちょうど良い奥行がメリットです。木製のシンプルなアンティークテーブルは、部屋の雰囲気に合わせて柔軟に溶け込んでくれますよ。

インダストリアルなデザインのキャスターワゴン

工業系キャスターワゴン すぐに移動できる機能性を重視したいなら、脚にキャスターが付いたワゴンタイプのものがおすすめです。似ているもので、工具を入れておけるトレイが付いた工業系のワゴンも人気ですが、こんな古い病院で使われていたアンティークも中にはあります。

他のサイドテーブルと違うのは、ガラスの天板。強度が十分にあるかどうか不安な方もいらっしゃると思いますが、ガラスやビンを投げるように雑に置いたりしない限り、料理を盛り付けたり何か物を並べる程度の使用では支障はありません。

スタイリッシュなステンレスキッチンにはもちろん、アンティークペイントのおかげで木製のナチュラルキッチンにも違和感なく取り入れられそうですね。

壁付けで使うのに適した、台形型のアンティークサイドテーブル

台形型サイドテーブル 壁付けで使うのが決まっている方は、あとはもっと安定感を重視してみませんか?末広がりのフォルムで、作業台をどっしり支えてくれるのが、この珍しい台形タイプ。これだけの柱の強さと棚の高さがあれば、保存食が入ったストッカーやビンも気にせず並べておけますね。

ただし、ここ数年注目されているキッチンのワークスペースとして椅子などとの併用を考えている場合は、棚付きなので脚がしまいにくいかもしれません。収納量を重視するか、ワークスペースを重視するか、きちんと検討するのがおすすめですよ。

便利な活用術!ウォールラックとの合わせ使い

アンティークサイドテーブルの使い方 キッチンの家具・家電の隙間におさまることが多いサイドテーブルは、なかなか大きいものは取り入れられないので、いかに効率良くスペースを確保するのが決め手になります。そんな時に合わせ使いで活躍してくれるのがウォールラック。壁の空いているスペースを有効活用することができます。

ただ、それほど大ぶりではないのでキッチンまわりの小物の整理を得意としますが、細かい調理道具や調味料の置き場が出来るだけでも、キッチン作業の動きやすさが変わります。

写真のように扉無しの飾り棚タイプがハードルが高いようであれば、扉付きで目隠しがきちんとできるウォールラックもあるので、ご自分で使いやすいものを選ぶのがいいと思いますよ。

最後に

限られたスペースにスッとおさまり、そして他のアイテムとの合わせ使いでグッと便利になるアンティークサイドテーブルの活用術、お分かりいただけましたか?

サイドテーブルを選ぶ際に意識する点は、「天板の使い道」と「棚に置きたいもの」を明確にすること。この2つを意識するだけで、おしゃれでもちゃんと役に立つアンティークサイドテーブルを取り入れることができますよ。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE