RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

ナチュラルな天板が魅力!古材の特徴とおすすめアンティークテーブル

木製の家具を選ぶ人が求めるのは、やはり「ぬくもり」。最近では、家具を新調する場合でも敢えて「古材」を使用したものを購入する人が増えてきています。

古びた質感とやさしい風合いが一番の魅力ですが、これから実際に長く"暮らしの家具"として使っていく上でのメリットは何でしょうか?

今回は古材の特徴をお話ししながら、インテリアにナチュラルに馴染む、古材を天板に使用したおすすめのアンティークテーブルをご紹介します。

新材よりも古材は丈夫

古材鉄脚テーブル 古材とは、定義では築50年以上経過、もしくは昭和25年以前に建築された民家から取り出された木材のことを指します。

"中古の木材"とは言っても、実は強度は全く心配が無いのです。むしろ長い時間をかけて自然乾燥したものほど丈夫だと言われています。長い年月をかけて引っ張り・圧縮強度が増していくので、一朝一夕では古びた味わいとともにその強度も作り出すことができません。

このように、無骨な鉄脚テーブルに古材を活用すると、無機質な中にほど良い温かさをプラスし、ダイニングにカジュアルに取り入れることができますよ。

長く使うほどに強度が増す

古材のナチュラルテーブル 実は、戦後に安価で扱いやすい強制乾燥材が普及したため、長い年月をかけて自然乾燥した国産の古材はほとんど使われなくなりました。

強制乾燥材は反りや割れが少なく、加工する際に扱いやすいメリットがありますが、その名の通り短時間で強制的に高温乾燥させるため、木が本来持つ弾力性や艶は失われます。また、耐震性も年々劣化していき、家具の寿命は短くなってしまいます。

目先の安さと雰囲気か、もしくは風合いと質が両方揃っているものか、どちらが丈夫で良いものなのかははっきりしていますよね。

エレガントなターンドレッグを基調としたアンティークダイニングテーブルでも、天板に古材が使われているだけでこんなにナチュラルな雰囲気にまとまりますよ。

何より風情があり、味わい深い

古材アンティークのシンプルテーブル 所々についたキズ、深みのある木の色は1、2年で生まれるものではありません。大工さんの刻んだ鑿(のみ)の跡や、木組みする際の穴など、木材の歴史を感じてさらに愛着が湧きますよね。

また、古材を使った家具は経年変化でヒビや割れが発生することがありますが、それは木の性質上で普通に起こることであり、強度上は問題ありません。

シンプルな家具が好きな方も、古材を使ったアンティークテーブルを選ぶだけで空間に深みを出すことが出来ますよ。

最後に

古材は風合いだけでなく、強度が高い木材だったのですね。長い年月を経たからこそ高まる質の良さが、お分かりいただけたと思います。

古いから丈夫さが心配だなんて思っていたあなたも、これで安心ですね。空間に趣をプラスしてくれる古材のダイニングテーブルを、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE