RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

可愛いお部屋作り。おしゃれアンティークドアのあるインテリア実例

台所、居間と独立した作りになっていた昔と違い、リビングダイニングなど、オープンな間取りのご家庭が多い現代。その結果、引き戸やドアなどの出番が少なくなっていると言えます。

でも家からドアがまったく消えたわけではなく、むしろ数少ないドアにこだわりを持っているインテリア好きさんが多いようです。

そんなこだわり派さんに人気なのが、アンティークのドア。ガラスが入った窓のあるものが多く、おしゃれなだけでなく、ドアの向こう側の気配も感じられ実用的です。

今回はみなさんのお部屋に合ったドア探しの参考になるような、アンティークドアのあるインテリア実例を見ていきましょう。

レトロガラスきらめく、小さな窓の付いたアンティークドア

レトロガラスドア ちょうど大人の目線あたりに小窓がついたアンティークドア。窓の白い枠組みが、グレイッシュブルーのペイントに映える、穏やかな雰囲気のドアです。

シャビーシックやナチュラルフレンチのお部屋で、さりげないアクセントになってくれそうですね。ダイヤガラスが入った小さな窓なので、ドアの向こうの空気は感じられても、中をのぞかれる心配はありません。

お友達をお家に招くことは多いけど、プライベートの部分はきっちり分けておきたい人におすすめです。

クリアガラスに目隠し、カーテン付きアンティークドア

カーテン付きアンティークドア 上半分がクリアガラスのアンティークドアは、ドア越しに向こうの様子がよく分かるため、子ども部屋などにぴったりです。中の様子が見えてほしくない部屋に使いたかったのに...なんて心配はいりません。

カーテンレールがついた珍しいタイプで、好きな布をカーテンにして取り付けて目隠しができます。ナチュラルアンティークなお部屋には、レース刺繍の施されたリネンなどを、またシャビーシックなお部屋には、リバティなどの小花柄や無地の麻布など、選択肢はさまざま。

普通のアンティークドアとはひと味違うおしゃれが楽しめますよ。

大きな窓が開放感を感じさせるアンティークドア

大きなアンティークドア 半分以上の部分にはめ込まれた、大きなすじガラスの窓が特長のアンティークドア。開放的でドアの向こう側の様子はわかりやすいのに、お互い丸見えではないので、程よいプライバシーが保てます。

アンティークならではのどっしりした厚めのドアは、子ども部屋などでの防音効果も期待できます。真鍮の鍵穴のあるドアノブにも、アンティークらしい味わいを感じます。

白と木目で揃えたダイニングで、さりげない差し色になっていますね。シンプルな作りと合わせやすい色なので、ナチュラルカントリーなどさまざまなインテリアスタイルに対応してくれますよ。

最後に

今回ご紹介したアンティークドアは、ペイントドアが施されたものばかりでしたが、これ以外にももちろん、木味と木目が生かされたものや、大正ロマン感じる色ガラスの入ったものなど、種類は豊富です。

アンティークドア選びの際に、絶対気をつけたいのがドアの大きさ。でもサイズは合わないけど気に入ったものが見つかったら、諦めずにまずは専門家にご相談してみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE