アンティーク家具について

和レトロ×ヴィンテージが決め手!男のおしゃれなアンティーク部屋作り

家具にこだわること。それは女性だけでなく男性でももちろん同じですよね。
「アンティーク家具は好きだけど、どうしたらかっこよく取り入れられるのか分からない!」と頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。目指すところは、スタイリッシュなくつろぎ部屋。家具を多く置かなくても、おしゃれにまとまるのが理想です。
そんなインテリア選びに迷える男性のために、和レトロとヴィンテージを調和させたアンティークの部屋作りをご紹介!今回は家の中でもリビングの家具に着目して、男部屋にぴったりのシンプルで柔軟に使えるアンティークを、ピックアップしてみましたよ。

カジュアルで使いやすいビニールレザーのソファ

アンティークのビニールレザーソファ
リビングインテリアで真っ先に思い出すものと言えば、ソファ。ちょっと背伸びをしてでもソファには気合いを入れたい男性も多いのではないでしょうか。
部屋の印象に大きく影響する布地の素材や色は、誰もが重要視するポイントですが、カジュアルに取り入れられる定番といえば、ビニールレザーのソファ。合わせ方によってシックにもレトロにも表情を変えるインテリアとして、男性にはぴったりのソファです。
特にブラックは部屋のまとめ役になりやすいカラーで、木家具と一緒に置かれた空間ではその効果がはっきりと分かります。
また、脚部分が金属でできたソファチェアでも、和の家具と相性良くマッチします。このように古い家屋には多かった格子戸などがあるお家でも大丈夫。和の伝統様式に見える直線的な要素と、モダンでスタイリッシュなインテリアは実はバランスが取りやすいんですよ。

昭和レトロ×鉄脚のモダンなテレビボードで趣を

昭和レトロのローボード
背が低いローボードは、目立たせようとするのではなく引き締めのために選ぶのがいいと思います。
ソファの正面にあることが多いローボードは、自然といつも視界に入るもの。落ち着きのある色味で安定感をもたらすものがおすすめです。
でもここでちょっと遊びごころをプラスできるのがアンティークのいいところ。レトロガラスを使った昭和レトロなローボードは、シンプルでもさりげなく印象的なインテリアとして引き立ちます。また、模様入りの結霜ガラスやダイヤガラスなどを選べば、無機質な雰囲気のDVDデッキなども目隠しが可能です。
北欧家具など、ミッドセンチュリースタイルと和を合わせるなら、このような鉄脚付きの物も相性が良いですよ。

ビンテージの木製トランクはジャンクな雰囲気のセンターテーブルに

木製トランク
飾る目的で使うイメージが強いトランクですが、実はおしゃれさと実用面がきちんと叶うインテリアなのです。フタを開ければたっぷり収納があるトランク。なにかと収納が足りないリビングでは、それを活かさない手は無いですよね。
鉄脚を付けてセンターテーブルにリメイクしたことで、掃除もしやすくヴィンテージ感が増したインテリアに変身しました。直接床置きしないことで床暖房などの部屋でも家具を傷める心配はありません。
USビンテージなどの金具が少ないシンプルなものなら、ちょっと部屋の好みが変わっても、いろんなコーディネートに柔軟に対応できますよ。

どんな色合いの空間にも馴染む白いガラスの平笠照明

アンティーク平笠照明
リビングの雰囲気を左右する照明は、アクセントになるものを選びたいという方もきっと多いはず。シンプルでまとめる分、ちょっと個性的なものを選ぶのももちろんOKですが、ここは定番を押さえておきたいと思うあなたには、アンティークの白い平笠照明がおすすめです。合わせやすいデザインのおかげで、長年万能に活躍してくれるはずです。
ただし、吊り下げ照明の役割は、あくまで照明下部分を中心に照らすもの。部屋全体を照らすものには向いていないので、スタンドライトなどと一緒に使って光量を確保するのを心がけてくださいね。

最後に

スタイリッシュなだけではなく、どこか馴染みやすさを感じる要素をプラスするのがポイント。和の家具とヴィンテージインテリアをミックスさせた、味のあるアンティークの男部屋を、今回はご紹介していきました。
このコツを踏まえれば、リビングだけでなくダイニングなどでも和レトロな部屋作りを楽しめますよ。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP