RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

小さな悩みも解決。玄関におしゃれと便利さをプラスするインテリア

家の中で一番使うところは、キッチン?リビング?ダイニング?

毎日使っているはずなのに、ついつい忘れられてしまいがちなところが他にもありますよね。そうです、玄関です。

玄関はスペースも限られていて、インテリアにこだわるというのがなかなか難しいところではあります。でも、家族にとってもお客様にとっても、家を出るとき、入るとき、最初と最後に目にする結構重要な場所だと思うのです。
そんな玄関を気持ちよく、使いやすくする方法って何かないでしょうか。

そこで今回は、使い勝手のよさにこだわった、玄関インテリアの便利なアイディアをご紹介したいと思います。

暗い中で探すのは大変、玄関照明のスイッチ

玄関の照明アイディア 夜、家族で一番に帰ってきたとき、玄関照明のスイッチを探してソロリソロリと手さぐりで動いた経験がある方、意外と多いのではないかと思います。

外灯や月明かりでは見えない場所にスイッチがあるお家、あるいは靴を脱がないとスイッチに届かない玄関って、少なくないようです。確かに、玄関照明のスイッチって、家の中から点ける場合と、帰宅して外から点ける場合と両方あって、その中間点を探すのって難しいですよね。

もしもそんなお悩みをお持ちなら、玄関に照明を一つ追加するのはいかがでしょう。
壁掛け照明を取り付けたり、シューズボックスの上などにデスクスタンドを置いたりするのも良いですよね。玄関スペースに余裕があるのなら、フロアスタンドのライトを置くのも雰囲気が出ておしゃれです。

デザインも豊富な照明であれば、お家の雰囲気に合うものをじっくり選べるはずです。でも、新しくつけた照明のスイッチは、外から帰ってもすぐわかる場所に置くことを忘れないでくださいね。

玄関を定位置にすると便利なもの

玄関に置いておくと便利な物って意外と多いと思いませんか?大きなものも、小さなものも、限られたスペースだけれど置いておきたい物がありますよね。

出掛ける時に慌てないための「鍵」置き場

アンティーク壁掛け飾り棚 一度靴を履いてしまってから、「あ!鍵がない」と気づいてしまったことがある方も多いはず。玄関に鍵の定位置を決めておけば、靴を脱いで取りに戻ったり、出掛ける直前にバタバタと慌てずに済みますね。

トレーに入れたり、小さな壁掛けフックに鍵を掛けたり。ただ、ご家族が多くて鍵の数が多いというご家庭では、トレーに入れておくだけだと、鍵どうしが絡まって自分のだけを取り出すのに苦労されるとか。

ちょっとおしゃれな玄関にしたいなら、壁掛け棚に掛けるというのはいかがでしょう。例えば、素敵な小物と一緒に並べれば、鍵の生活感をうまく隠してくれるはずですよ。

あったら便利な「コート」掛け

アンティーク壁掛けフック これからの季節、コートやマフラー、あるいは帽子と、身につけるものが増えていきます。

映画や雑誌で海外のお家を見ると、玄関にコート掛けが置いてあって、家族もお客様もそこで上着を脱いだり着たりしています。毎日使うコートを玄関に置いておけば、出かける時もスムーズ、帰ってきてもサッと掛けるだけで片付け完了です。

他に、雨や雪の日に、お子さんのレインコートを掛けておくという使い方も。濡れたものを家の中まで持ち込まずに済んで嬉しいですよね。

玄関に便利さとおしゃれをプラス、スツール

玄関にアンティークスツール スツールって、玄関にあると本当に便利なんです。

靴ひもを結んだりするとき、あるいは冬に向けて、ブーツを履く機会も多くなり、ちょっと座る場所が欲しいと思うことってあるんじゃないでしょうか。

古くからある日本家屋だと、玄関から室内に上がる「上がり框(かまち)」が、そこに腰かけて靴を履くのにちょうどよい高さに造られています。でも、新しいお家だと、低めに造られていて、出入りは楽だけど、腰かけるにはちょっと高さが...ということも多いんですよね。

そんな時、玄関でもじゃまにならない、小さめのスツールを置いてみるのはいかがでしょうか。靴を履くときだけでなく、買い物から帰ってきたときなどに、一時的な荷物置きとして使うというのも便利です。デザインや、座面のファブリックなどにこだわれば、玄関のちょっとおしゃれなワンポイントにもなりますよ。

便利さだけでなく、もう一歩踏み込んだ素敵な玄関インテリアにするコツについては「玄関をすっきり素敵に。小さなおもてなしで変わるインテリアのコツ」もぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に

家で一番使っているところなのに、ついつい後回しにしてしまいがちな玄関インテリア。 使いやすくするためのアイディアはまだまだ他にもありそうです。 新しい発見があったらまた記事にしてみたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

関連記事

筆者のご紹介

赤津ちひろ

これまで全く異なる業界で働いてきたが、数年前からものづくりの素晴らしさに魅了され、思い切って転職、入社。職人たちの技術や工夫、気の利いた遊びにはいつも感心するばかり。壊れないように、使いやすいように、飽きないように…人びとの暮らしにあわせて丁寧につくられた家具、雑貨、日用品などすべての「もの」たちを、魅力いっぱいにご紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE