RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

ダメージこそ魅力!ジャンクな金属素材のヴィンテージ雑貨に注目

古いもの、傷んだものを集めた「ジャンクスタイル」って、なんだかすごくかっこいいんですよね。

あらためて言うまでもないかもしれませんが、ジャンク(Junk)とは本来 "ガラクタ" を意味する言葉。一見するとガラクタのようなものをアレンジして自分らしさを出せるところが魅力です。

ジャンクスタイルのポイントはちょっとさびれたヴィンテージ雑貨の使い方。キズのついた木材、色あせた布や革など、ジャンク感を出すための素材は数多くありますが、無骨さを演出するアイテムといえばなんといっても金属素材ではないでしょうか。

今回は、ジャンクスタイルによく使われる金属製ヴィンテージ雑貨の、ダメージの特徴に注目してみます。目指すジャンクスタイルにあう雑貨選びに迷っている方には、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

自然なサビがかっこいい!鉄(アイアン)製品

アンティークミルク缶 鉄の特徴は、その重さとどっしりとした安定感。丈夫な鉄は、ちょっと叩いたり落としたくらいで形が変わることはありません。あえて言うなら、金属製の雑貨の中でもいちばん男性的な素材かもしれません。

そんな鉄のジャンクなダメージ感は、なんといってもサビ。無垢の鉄であれば、空気に触れているだけでも錆びてきます。でもそのサビこそが、時を経たヴィンテージの証。そしてジャンクな鉄製アイテムの魅力でもあります。ジャンクがお好きな方は、鉄をわざと錆びさせる "サビ加工" を施して味を出すほど。サビのザラザラ感や、ますます朽ちていく様子を楽しみたいのであれば、鉄製の雑貨がおすすめです。

凹んだところに愛着が湧く、アルミ製品

アンティークアルミシェード アルミはその軽さと柔らかさが特徴の金属です。そして、鉄とは違ってとても錆びにくいのもまた特徴です。

アルミの錆びにくさの理由は空気に触れているだけで、表面を保護して腐食を防ぐ "被膜" を作る力をもっているから。その被膜をわざとつける "アルマイト" 加工が施されたアルミ製品もたくさんあります。軽くて丈夫なアルマイト製品は少し前まで学校給食の食器として使われていたり、今も昔も登山やアウトドア雑貨として使われていますよね。

なかなか錆びることのないアルミですが、落としたりぶつけたりするとすぐにペコリと凹みます。その凹みが、まさにヴィンテージアルミ雑貨のジャンク感。歪んだ形に、ジャンク好きな心がくすぐられてしまいます。

鈍くなる色の変化を楽しむ、真鍮製品

真鍮製アンティークランタン 新しい時は黄金のように輝く、真鍮。真鍮が時を経て変化するのは、その色です。

銅と亜鉛の合金である真鍮は、手で触れたり、空気にさらされることで褐色に変化し、次第に枯れた茶色になっていきます。丁寧に磨くと輝きをキープして高級感のあるアンティークとして楽しむこともできますが、ジャンク好きならすっかり輝きを失った鈍い枯れ色にこそ魅力を感じるというものです。

ジャンクな雰囲気を出す金属というと、どうしてもグレーやシルバー系の無機質な色味が多い中、ヴィンテージ真鍮雑貨の褐色は温かみをプラスしてくれます。そして、古びた中に気品さえ感じるような、真鍮ならではの大人なジャンクスタイルを演出してくれることでしょう。

きれいな色もジャンクなサビも楽しめる、ホーロー製品

アンティークホーローブレッド缶 ホーローは、鉄などの金属の表面に、サビ防止としてガラス質の釉薬を焼き付けたもの。カラフルなガラス質で覆われたホーローはポップで可愛らしく、腐食や汚れにも強いのが特徴です。

傷みにくいガラス質に覆われたホーローはジャンクにならなさそうな素材...かと思いきや、そんなこともありません。使い込まれたヴィンテージのホーロー雑貨には、ぶつけて表面のガラスがはがれたり、そこから表面に出た金属が錆びついたりして、いい感じにジャンクになったものがたくさんあるんです。

ジャンクスタイルのかっこいい雰囲気を壊さずに可愛らしさを出せるのは、ポップなガラス質と古びた金属のコラボレーション、ヴィンテージホーローならではの魅力ですね。

最後に

一見するとガラクタのようなものの中に魅力を見出すジャンクスタイル。サビ、凹み、変色...ダメージに注目してみても、それぞれの金属にそれぞれの魅力がありますね。目指しているスタイルに合いそうなジャンクテイストはあったでしょうか。

この他にもブリキ、トタン、銅などジャンクスタイルをかっこよく演出してくれる金属素材はたくさんあります。お好みのダメージ感に合うヴィンテージ雑貨で、細部にまでこだわった自分らしいジャンクスタイルを楽しんでくださいね!

関連記事

筆者のご紹介

赤津ちひろ

これまで全く異なる業界で働いてきたが、数年前からものづくりの素晴らしさに魅了され、思い切って転職、入社。職人たちの技術や工夫、気の利いた遊びにはいつも感心するばかり。壊れないように、使いやすいように、飽きないように…人びとの暮らしにあわせて丁寧につくられた家具、雑貨、日用品などすべての「もの」たちを、魅力いっぱいにご紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE