RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

長方形?円形?使う人数とサイズで選ぶダイニングテーブルの選び方

結婚を機にダブルベッドを購入したり、ようやくリビングのソファを真剣に選んでみたり。家族が増えるのは、住まいだけではなく家具を見直すタイミングにもなりますよね。

そんなライフスタイルの変化に合わせて新しく購入する家具の一つが、毎日に使うダイニングテーブルです。

家族で食事や会話を交わす、家の中心であるダイニング。そんな場に寄り添うダイニングテーブルは、デザインやサイズ、材質にこだわりを持って選びたいものです。

数ある選ぶポイントの中で、今回注目するのは「天板の形」。配置スペースと使いやすさの面を考慮した、形別のダイニングテーブルの選び方をご紹介していきます。

定番の形である「長方形」や「円形」などそれぞれに合った、使うのに適した人数やサイズについてもお伝えするので、購入を迷っている方は要チェックですよ。

ダイニングテーブルを選ぶときは、まず必要なサイズを求める

ダイニングテーブルのサイズ選び 形を選ぶ前に、まずはご家庭に必要なテーブルのサイズを考えましょう。

食事をするときに必要な1人分のスペースは、だいたい幅60cm・奥行40cmが目安だと言われています。これに家族の人数をかけると、最低限必要なサイズを知ることができます。自宅でパーティーなどを開くことが多い場合は、必要な広さより少し大きめのものを選ぶといいですよ。

必要なサイズを知っていただけたところで、次はそれぞれの形について詳しくご紹介していきます。

2人で使うのにちょうどいい正方形のダイニングテーブル

正方形の鉄脚テーブル シンメトリーなデザインが目を引くのが、正方形のダイニングテーブル。

主に2人用のものをよく目にしますが、使いやすさを考えるのであれば、一辺が75cm程度あるものを選んでおくと良いでしょう。また正方形のテーブルは、壁に付けて使うことができるので、無駄なスペースを生むこともありませんよ。

ただ正方形のテーブルは、座れる人数に限りがあることも確かです。来客時は、ある程度人数に融通がきくセンターテーブルを囲んだ方がいいかもしれませんね。

大人数で座れる長方形のダイニングテーブル

アンティーク作業台テーブル ダイニングテーブルの定番である長方形のテーブル。「迷ったらとりあえず長方形にする」という方も多いのではないでしょうか。 長方形のタイプの場合、4人がきちんと座れるベストな寸法は幅120cm・奥行き80㎝のサイズが理想だと言われています。また、サイズも2人用の小さめのものから、6人以上でも使える大型のものまで幅広くありますよ。

ふだんは長辺に座るのが基本ですが、来客時にはいわゆるお誕生日席も使うことができます。基本は壁と平行に置くことが多いので、余分なスペースを作らずに配置が自ずと決まりやすい形とも言えるでしょう。

全員の顔を見ながら話せる円形のダイニングテーブル

円形のダイニングテーブル 丸っこいフォルムが可愛らしく、柔らかく優しい雰囲気を演出してくれる円形のダイニングテーブル。4人家族で円形のテーブルを使うとしたら、直径が90cm~110cmぐらいのものがおすすめです。

この形の魅力は、全員の表情を見ながら会話が楽しめるところ。椅子同士の間にスペースがあるので、一人一人がゆったりと座ることができます。

また円形のテーブルは角がないので、テーブル周りの移動がスムーズにできる利点もあります。丸い形なので、お子さんがぶつかっても、怪我をする危険が少ないのも嬉しいところです。

ただ椅子を各方向に引き出す分、他の形よりも設置に広いスペースが必要になりますよ。

楕円形のダイニングテーブルは大人数向き

楕円形ダイニングテーブル 「優しい雰囲気を出しつつ、大人数で使えるテーブルがほしい」という方におすすめなのが楕円形のダイニングテーブルです。

家族4人で使うのであれば、幅120cm・奥行き80㎝以上あると便利です。さらに来客時のことを考えるとしたら、180~200cmぐらいあるとゆとりを持って過ごせそうです。

そんな楕円形のテーブルのメリットは、円形と同じくお互いの表情を見ながら話せるところ。また角がないので、座る場所の自由度が高いのも特徴です。ただ位置を自由に選べるとはいえ、脚部分が邪魔になることがあるので気をつけてくださいね。

最後に

ダイニングテーブルはコストやサイズのことも考えて、慎重に選びたい家具です。現状に合わせて形を選ぶのはもちろん、家族が増えた時のことを見据えて少し大きめのものを選んでみてもいいかもしれません。

ダイニングテーブルを囲んで家族団欒のシーンが思い描ける、そんな一台に出会えるといいですね。

関連記事

筆者のご紹介

稲越彩佳

学生時代は新潟で彫刻について学び、自身の手を使ったものづくりの楽しさや魅力に触れた。この経験から、日本の古い家具や手仕事の良さに気付き、その魅力に引き寄せられていった。やがてこの思いを人々と共有したいと思うようになり、茨城の地にたどりつき入社。日々の生活の中で活きるインテリアのコーディネートや、ものづくりの魅力についてお伝えしていきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE