RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

収納にも便利。アンティーク家具で叶えるアイランドキッチンカウンター

マイホームを建てる時、キッチンのリフォームをする時。

最近選ぶ人も増えてきた、海外のキッチンのようなおしゃれなアイランドキッチンカウンター。ダイニング・リビングにいる家族の様子が目に入りやすいだけでなく、アイランド周りに自然と人を寄せつける魅力もあります。

でも借家住まいの今の現実は、家族に背中を向けて作業を進めるI型キッチン。家族とのコミュニケーションが取りづらいだけでなく、収納や作業スペース不足が悩み、と言う人もずいぶんいるようです。

そんな方たちに今回は、アンティーク家具で叶えるアイランドカウンターのあるキッチンづくりのご提案です。アイランドカウンターならではの使いやすさや、収納・作業台としてなどの利用目的も考慮した、アイランドに適したアンティーク家具の選び方を考えていきますよ。

対面式と同じ?アイランドキッチンカウンターとは

アイランドキッチンカウンターとは いまいち違いが分かりづらい、アイランドカウンターと普通の対面式カウンター。

アイランドとはその名の通り「島」のこと。なので、壁付きのキッチンカウンターとは違い、島のように完全に独立した状態でキッチン空間に置かれたカウンターのことを指します。

四方どこからでも使えるので、お子さんにお手伝いしてもらいながらお料理をすすめるときなど便利ですね。自然とキッチン内の動線も柔軟になるので、壁付けのカウンターよりも狭いキッチンでの使いやすさは上です。

ただ注意したいのが、アイランドの配置。あまり壁に近づけすぎると、結局そのちょっとしたスペースに物を置いてしまって、いつの間にか「島」ではなくなってしまうこともあるので注意してくださいね。

具体的な収納目的によってアンティーク家具を選ぶ

収納付きアイランドキッチン いくら定期的に要らないものを処分しても、調理器具や食器、乾物に調味料などキッチンで必要なものはたくさんあります。そこでいくらあっても困ることがないのが収納スペース。

収納目的でアンティーク家具をアイランドとして使用する場合、まず何を収納するのかある程度明確にしましょう。それに応じて、隠す収納がいいか見せる収納がいいか、見せる場合も、完全にオープンにするかガラス戸越しかと、選択肢がいろいろあります。

また前面をキッチン側に、背面をダイニング側に向けて配置する場合、アンティーク家具の背面はあまり見栄えがしないことも。背面にダイニングテーブルを隣接させて目隠しをしたり、スペースに余裕があるのであれば、少し大きめの両面使いができる家具を選んだりと、ただ収納スペースを増やす以上のことまで考えると、インテリアへの貢献度もアップしますよ。

どこからでも使える作業台としてのアイランド

アンティークキッチン作業台 具材を切って、調理して、盛り付けして。収納スペース同様、キッチンではいくらあっても困らない作業スペースもアイランドカウンターで補えます。

さきほどお話ししたように、四方どこからでも使えるので作業効率が上がるのもうれしいところ。使う人の身長にも寄りますが、80~90cmのアンティーク家具が、女性が作業するにはちょうど良い高さです。

また作業台として使う場合は、食べ物のシミや水はね、輪染みが問題になるので、天板にきちんとウレタン塗装が施してあるアンティーク家具を選ぶと、安心して使い続けられますよ。

キッチンの目隠し役も。アイランドを間仕切りに

カウンターキッチンの目隠し 収納や作業台など実用面での役割に加えてアイランドは、ダイニング・リビングとの間仕切り役として、視覚的なキッチン空間の定義もしてくれます。

その際、どうしても生活感が出てしまうキッチンの目隠しの役目もしてほしいのであれば、作業台よりも高めの100~110cm程度のアンティーク家具を選ぶといいですよ。作業には向いていませんが、この程度の高さならお料理中に具材を一時的に置いておいたりなど、まだまだ天板上を活用できます。

作業がしやすい高さで目隠し効果もほしい、とちょっとわがままな願望のある人は、作業台に合った高さの家具を選んだうえで、アンティーク木箱や小引き出しで部分的な目隠しを演出するのがおすすめです。

最後に

アンティーク家具を使ったアイランドカウンターのあるキッチンづくり、いかがでしたか?他のカウンターと違い、四方どこからでも使える上に、キッチン内の動線にも変化が現れるので、思った以上にキッチンの使い勝手も変わってきます。

今回お話ししたポイントを参考に、「わが家のキッチンにはどうだろう?」とまずは思い描いてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE