RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

おしゃれだけどホコリ・油はねが心配。キッチンでの見せる収納活用術

インテリア雑誌やウェブで見かける、おしゃれなキッチン。コンロやシンク周りに調味料やキッチンツールがきれいに並んでいたり、食器やお鍋もオープンシェルフに品よく揃っていたりと、見せる収納が活躍している様子をよく目にします。

でも、素敵だな、とは憧れるものの、ホコリやコンロ周りの油はね、シンク周りの水はねはどうしているんだろう?と素朴な疑問を感じたりもしますよね。

そこで今回の記事では、キッチンでの見せる収納にフォーカスしていきましょう。使いやすさと清潔さの共存が大切になるキッチンならではの、見せる収納の現実とその活用術を検証。キッチンでの、ご自分やご家族に合った見せる収納術が見えてくるはずですよ。

ホコリ・油はね問題の解決がキッチンの見せる収納のカギ

キッチンの見せる収納のコツ 清潔さを保ちたいキッチンで、やっぱり一番気になるのがホコリや油はねの影響。

ぶら下げ収納やオープンシェルフなどの見せる収納では、やはりこれらの被害は避けられません。特にコンロ周りは、油はねとホコリの混じった頑固な汚れがつきやすい場所なので、ものを置くのはできるだけ避けたいところです。

調味料などコンロ周りにあると便利なものを、どうしても見せる収納にしたい場合は、油はねの届かない場所まで離すよう心がけてください。ガラス扉付きの壁掛け収納棚などは、見せる収納をしながらホコリの心配もなくなりますし、壁面の有効活用にもなるのでおすすめですよ。

キッチンで見せる収納のメリットを活かすためには?

キッチンの見せる収納のメリット 清潔さを保つために、キッチンでの見せる収納はやめたほうがいいのかと言うとそんなことはありません。見せる収納のメリットである「どこに何があるのかすぐわかる」、そして「ものの出し入れがしやすい」は、手際よく立ち回りたいキッチンでこそ役立てたいものですよね。

そこで使いやすさアップのためにもおすすめしたいのが、キッチンでも使用頻度の高いもの限定の見せる収納。コンロ周りにおたまやフライ返しのキッチンツールを吊るしたり、まとめてピッチャーに入れておいたり。家族が毎日使う食器類は、オープンシェルフにまとめて収納しておいたり。使用頻度の高いものと言ってもポイントは、「よく使ってそのたびに洗うもの」であることです。

なので、いつも使うけどそのたびに容器を洗ったりしない調味料などは、やっぱりガラス越しの見せる収納に留めておくほうが賢明ですね。

キッチンでもおしゃれに見せる収納が決め手

アンティークうぉーるラック 使いやすさがうれしい見せる収納ですが、ここで肝心なのが「見せる」ということ。ただ「見える」のではなく「見せる」ためには、やっぱり見た目がおしゃれであることが大前提になります。まったく大きさやスタイルの違うキッチンツールや家族の食器が乱雑に並んでいたら、特に狭いキッチンの場合はごちゃごちゃと視覚に騒がしく、余計狭い空間に見えてしまうものです。

見せることを意識して、配置にある程度の統一感を心がけたり、買い足すときは同じブランドのものにするようにしたりするだけで、すっきりとセンス良く見えます。先ほどの壁掛け収納棚に調味料を並べる際も、お揃いの容器に入れてきれいに並べてあげるだけで見違えますよ。

最後に

パッと見てどこに何があるか分かり出し入れしやすい、でもホコリや油はねの心配はしたくない。そんな私たちのちょっとわがままな、キッチンならではの収納の願望をかなえるための見せる収納の活用術、いかがでしたか?

オープンシェルフやぶら下げ式の見せる収納にばかりこだわらず、ガラス越しの見せる収納に切り替えるなどちょっとの工夫も楽しんで、使いやすくておしゃれなキッチンを目指してくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE