RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

レトロ照明をお部屋に!アンティークのおすすめペンダントライト

ダイニングテーブルの上に浮かぶ様子は、まるで小惑星のよう。天井から吊り下げられた「ペンダントライト」は、そのやさしい光が何より一番の魅力です。

照明としての役割はともかく、ペンダントライトはインテリア性においても、とても重要視されていますよね。シンプルな家具を配置する代わりに、吊り下げ照明でアクセントをつけるのは、メリハリあるコーディネートの基本とも言えます。

やわらかな雰囲気でありながら、彩りを楽しく取り入れることができる照明、あなたも始めませんか?

個性で差をつけるレトロなペンダントライトなら、やっぱりアンティーク!古いフォルムにも愛着が湧いてくる、風合いが豊かなおすすめ照明を、ピックアップしてみましたよ。

ペンダントライトを使うなら、間接照明の合わせ使いはマスト

ペンダントライト ペンダントライトがよく使われる場所といえば、やっぱりダイニングテーブルの上ですよね。食卓の範囲内なら照らすことができるのですが、元々広範囲を照らすのにはあまり向いていないのです。

賃貸アパートなどには特によく見かけますが、一つの部屋に対してシーリング(取付け部分)が一つしかないことも稀ではないですよね。一室一灯にこだわりすぎず、スタンドライトなどを使って上手な室内ライティングを心がけましょう。

また、部屋全体の光量は、あえて不均等にします。部屋に明暗が生まれることで、立体的な空間を作ることができますよ。

ランプシェードの形による光の方向も考慮する

ランプ光の方向 気に入ったデザインのものに出会っていざ購入!の前に、照明が点いている時の状態を確認しましたか?

当たり前のことですが、ランプシェードの形によって光の照らす方向が違うのです。たとえば、末広がりの電笠タイプのものであれば、下方向を中心に明るく。電球を半透明のシェードで全体的に覆ったタイプであれば放射状に万遍なく照らすことができます。すなわち、ペンダントライトの形によって、光のやわらかさや範囲が変わってくるのです。

取り入れてからもストレスなく使うためには、デザインと使用場所のバランスがきちんと取れたものを選ぶことをおすすめします。

レトロカラーが素敵!アンティークのおすすめペンダントライト3選

風合いと個性なら一番の、レトロなアンティーク照明をピックアップしました!今回は、空間での彩りを意識した、カラフルなペンダントライトを選んでみましたよ。

レトロなランプシェードの定番といえば、ホーローランプ

ホーローランプ 使う空間によって、ナチュラルにもビンテージにも表情を変える、おしゃれ照明の定番ともいえる琺瑯。ガラス質の釉薬をアルミなどの材料に焼き付けて作られているため、レトロでありながら、インダストリアルな雰囲気も感じさせるランプですよね。

カラーバリエーションもさまざまなものがありますが、部分的に錆びていたり、味わいがあるのはアンティークならでは。飾り気の無いフォルムでどんなコーディネートにも合わせやすいですよ。

表裏で2つの表情が楽しめる、被せガラスのペンダントライト

ガラスのペンダントライト 2種類以上の色ガラスを重ねて作られる、被せ(きせ)ガラス。ランプシェード以外でも、この技法を取り入れている数々の製作品があります。多くの方が目にしたことがある工芸品の「切子」も、被せガラスの手法で作られていたりします。

年代や国によっても装飾性は個性豊かですが、写真のように、色の違いをシンプルに楽しめるものも中にはあります。この時代特有のミルキーカラーが、現代の住空間にもナチュラルにマッチしますね。

レトロポップにひと目惚れの、チューリップのペンダントライト

チューリップのペンダントライト 昭和のレトロ感が溢れる、カラフルで可愛らしいプラスチック製のペンダントライト。当時にしか出せないこのカラーリングに、惚れ込んでしまうファンも多い照明です。

第一印象で、ポップすぎて使いにくいと思う方もいると思いますが、配色によっては使いやすいものもあるんですよ。たとえば、暖色系のオレンジとホワイトを組み合わせたこのパターン。北欧のミッドセンチュリースタイルや、和製レトロの家具にも相性ぴったりです。

花びらが重なるようなデザインで、明かりを点ける夜が楽しくなりそうなライトですね。

最後に

シンプルで整えた空間に、照明でアクセントを出すのはおしゃれな部屋づくりの定番です。ペンダントライトの一番の役割は「演出」。特性をきちんと理解することで、効果的に使ってあげてくださいね。

レトロなデザインの照明選び、ぜひ今後のコーディネートで一つ意識してみてはいかがでしょうか。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE