RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

茶×黒で落ち着きダイニング。大人のナチュラルモダンインテリア術

自然でシンプルという意味を指すのによく使われる「ナチュラル」。インテリア界でももちろん、ファッションからライフスタイルまで幅広く用いられている言葉で、今ではある種のジャンルのようなものですよね。

ニュアンスとしては伝わるのですが、どんなテーマの「ナチュラル」のことを言っているのか、意外と明確に定義されていないのが現実です。

今回はそんな中でもテーマを絞って、「大人の落ち着いたナチュラルモダンなスタイル」について掘り下げてみようと思います。

シンプルだけどどこか洗練された空気感のある、印象的なダイニングコーディネート術を、ラフジュのお部屋を見ながら研究&検証してみましょう。

全体的なトーンは、濃茶×黒がスタンダード

インダストリアル モダンとは、近代的で飾り気のないもののことを指します。直線的な要素で構成されたスタイルで、インダストリアルで無機質な素材のインテリアを使ってコーディネートすることが多いです。

そこに「ナチュラル」が加わったことで、「ラフでぬくもりを感じる、洗練されたスタイル」が出来上がったのです。大人っぽさを印象付ける基本は、暗めのトーンでお部屋を作ること。いつものモダンスタイルと違うのは、質感やぬくもりを意識する点です。

木の色の中でも濃茶をベースに、引き締めとして黒などをポイントで使ってあげるのが効果的ですよ。

直線と曲線のコンビネーションでメリハリを出す

ダイニングテーブル ダイニングテーブルや食器棚などは、四角形のフォルムで構成されているので、直線が自然に生まれますよね。全体的に真っ直ぐなシルエットの家具でまとめるのももちろんOKなのですが、ちょっとさっぱりした印象になりがちなところも。

そこにさりげないエレガントさを添えるのが、大人のスタイル。曲線的なインテリアの力を借りることで、テイストが加わりますよ。曲線の要素を取り入れやすいのは、やっぱりダイニングチェア。洋の雰囲気を感じるものや、デザイン性のある北欧家具などが相性良しです。

ただし、ある程度の味付けで十分なので、無理をしてコーディネートに盛り込む必要はありません。あとは雑貨などを並べたりして調整しましょう。

上品でオシャレ、暖かな「おうちカフェ」風ダイニング。

おうちカフェ どことなく品のあるアンティーク家具で彩った、おうちカフェ風ダイニングです。

鉄脚のダイニングテーブルとベントウッドチェアがミスマッチなようで、ほどよくスパイスの効いたハーモニーを作り出しています。飾らないシンプルなインテリアでも物足りなさを感じない、優雅な雰囲気があふれる空間にまとまりました。

直線的な要素をさりげなく強める、モールガラス

モールガラス 横線が入ったモールガラスの収納棚は、レトロで親しみやすさを添えてくれるアイテムとして、さまざまなスタイルで人気です。

このように使い勝手次第で、モダンコーディネートの引き立て役として早変わり。ガラスにまで気を使って選ぶと、よりお部屋に一体感が生まれますよ。

最後に

モダンスタイルは本来、都会的で近未来感がある独特の冷たさが特徴ですが、そこに親しみやすさを加えたのが「ナチュラルモダン」です。

住環境や趣向の変化で、過剰に飾らない、自然としっくり馴染むスタイルが重視されつつあるのだと思います。ぜひあなたもアンティーク家具で品のある、シンプルだけどひと味違うお部屋づくりにチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE