RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

私らしくナチュラルに。和室×ペイント家具の可愛い部屋づくり

洋式の住空間がすっかり主流になった今でも、私たち日本人に馴染むのは、やっぱり「和」。

数としては前より減ってしまいましたが、お家を建てる時に和室を取り入れたり、賃貸でもあえて畳部屋を選ぶ方も結構いらっしゃるんですよ。

そんな和室の暮らしに憧れながらも、ちょっと不安なのが、部屋の方向性を決める家具選び。取り入れるインテリアのバランスに頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

和を生かしつつもカッチリ固めすぎず、ナチュラルな雰囲気で今の時代に合う「私らしい」部屋づくり、挑戦してみませんか?色合いのベースになる家具を決めてあげるだけで、コーディネートがとっても楽になるんです。

そんな今回は、ナチュラルインテリアの定番「ペイント家具」をコーディネートの中心にした、お部屋の作り方をお話ししていきます。

自分にちょうど良くフィットする「これからの和室」を、実際に例をあげてご紹介していきますよ。

ペイント家具を中心に色合いを調和させていく

ペイント家具 和室にペイント家具を合わせるのはなかなか想像しにくいですが、やさしい若草色の畳と実は相性が良いのです。

和の象徴である木のぬくもりの間にさし込むようなイメージで、淡いカラーのインテリアを組み合わせてあげましょう。クッションや座面の生地などの布類は特に、色として受け取る印象が大きいので、やわらかな雰囲気を出すように気を配って選ぶといいと思います。

大事なのは、部屋から浮かないように上手に馴染ませること。つる状の植物やオリーブの木など、可愛らしい華奢なグリーンをまわりに置いたりするのも効果的ですよ。

小物の飾り方は、和の秩序をイメージして

小物飾り方 和に洋を調和させていくのに重要なのが、バランスの取れた小物使い。ナチュラルな雰囲気に寄せたくても、ただ置けばいいものではありません。物と物の間に生まれる空間を大事にし、ちょこっとずつ添えるように配置すると趣があるように見えます。

飾るものは、和食器や急須などでも大丈夫です。秋の森で拾う松ぼっくりや、ドライフラワーでも人気のハスの実など、自然を感じるものをちょこんと置くのも素敵ですよ。洋の雰囲気に和を馴染ませるようなイメージで、雑貨たちを足し算引き算して並べてあげてくださいね。

和室のくつろぎ感を私らしく叶えた、落ち着きの書斎リビング。

書斎リビング 日本人ならではの畳部屋を、自分らしくコーディネートしたリビングです。脚が可愛らしい座卓や片袖机などのレトロな和の家具を取り入れつつ、ナチュラルな雰囲気にまとめました。

やわらかな色合いの雑貨たちを取り入れることにより、和の落ち着きを残しつつも現代のシンプルさを感じますね。

シンプルでも寂しい印象を与えない、壁紙が敷かれたガラスケース

ガラスケース 部屋のディスプレイも兼ねて選んだのは、ウィリアム・モリス柄の壁紙が敷かれたガラスケース。

優美なテキスタイルは避け、ボタニカル柄やストライプなど、色合いが淡く主張しすぎないものを選ぶとより自然にマッチします。このように、和の雑貨をディスプレイしてもミスマッチにならずに、洗練された雰囲気を与えますよ。

最後に

シャビーなアンティークペイントの家具を一つ取り入れれば、自然に洋のエッセンスを加えてくれるのがお分かりいただけたと思います。やわらかな色合いと品のある小物使いを意識して、上手に統一感を出していくことが決め手ですよ。

ナチュラルさを取り入れた自分にしっくり合う和室づくりの、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE