RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

北欧にイギリスアンティーク。サイドテーブルの選び方・楽しみ方

ちょこっと季節のお花を飾ったり、郵便物をとりあえず置いておいたり。あると何かと便利な家具、サイドテーブル。

ソファやベッドの横には逆にないと不便なくらい、普段注目されることはないけれど、大切な脇役家具と言える存在です。

でも高さや大きさ、スタイルやデザインなど、あの小さな単純な形の中にも、いろいろなものがあります。今回はそんな、意外にバリエーションに溢れるアンティークサイドテーブルの世界をのぞいてみましょう。

ご自分が求めているサイドテーブル像が見えてくるはずですよ。

種類豊富な、イギリスアンティークのサイドテーブル

イギリスアンティークのサイドテーブル 家具の歴史が長いイギリスでは、アンティークサイドテーブルの種類も豊富です。ちょっと気取った猫脚がついているものに、花台にぴったりの背の高いもの、レリーフが彫られたものや、イギリスらしいツイストレッグのもの。もちろん装飾のないシンプルな作りのものもありますよ。

温かみと丈夫さがうれしい、オーク材でてきているものが多いのも特徴です。

とにかくシンプル、昭和レトロなサイドテーブル

昭和レトロなサイドテーブル 『サイドテーブル』と言う概念自体が新しい日本の昭和レトロなサイドテーブルは、とにかくすっきりシンプルな作りで、手頃なものがいっぱいです。レトロモダンなどのレトロインテリアだけでなく、ナチュラルなお部屋でも活躍してくれること間違いなしですね。

今では高級材と言われる、ナラ材で作られたものも多いため、材質も気にしながら選ぶと、丈夫で長持ちするお気に入りが見つかるはずですよ。

ベッドサイドテーブルにもおすすめ、北欧ヴィンテージ

北欧ヴィンテージ 直線的な昭和レトロなサイドテーブルとは対照的な、曲線を帯びた北欧家具独特のヴィンテージサイドテーブル。ぬくもりを感じさせる木味が、ナチュラルなインテリアに人気です。

引き出し付きの使い勝手がいいものは、読みかけの本やメガネをしまったりでき、ベッドサイドテーブルとしてもおすすめです。

ベッドと比べたときのサイドテーブルの高さに気をつけて、目覚まし時計に手の届きやすいものを選びましょう。

ひとつで3つ分の働きぶり、ネストテーブル

ネストテーブル 大きさの少しずつ違うテーブルが3~4つセットになっているものを、ネストテーブルと呼びます。19世紀になって広く普及したイギリスアンティーク家具で、ひとつでも数倍のお得感があります。

重ねておけるので、普段は完全に重ねた状態でひとつのサイドテーブルとして利用したり。来客があるときは3つバラバラで使ったり、日頃からひとつずつ別の部屋で使ったりと、アイディア次第でどんどん機能がふくらむのがうれしいですね。

最後に

作られた国や木材の種類、高さやデザインなど、小さいのに実は注目する点がたくさんある、アンティークサイドテーブル。

我が家のあのお部屋にこんなのがあると便利じゃないかな、と言うのはありましたか。脇役家具だからってあなどらずに、使い勝手のいいお気に入りを見つけてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE