RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

やっぱりシンプルが一番。和モダンのインテリアコーディネート実例

日本特有の趣と現代のスタイリッシュさを合わせ持つ、和モダンの住まい。その両方がうまく調和した心地よい空間は、スローな暮らしを求める人にも人気があるスタイルですよね。

ただ、古箪笥などの和家具をうまく取り入れて挑戦したいと思っても、気品あるオーラが漂っていて、なんとなく上級者向けに感じる人も多いのではないでしょうか。

特にフローリングの住空間の場合は、どこからまとめていけばいいのかイメージしにくい、なんてこともありますよね。

今回は、和をもっとナチュラルに取り入れたい方のための、シンプルな和モダンスタイルのご紹介です。現代にも馴染みやすいおしゃれなコーディネートの実例を見ながら、お部屋を作る際のちょっとしたコツもお教えします。

和とモダンが組み合わさった「和モダン」とは

和モダン 和モダンと一言で言っても、そのスタイルはさまざまですよね。まず、どの時代の「和」をベースにしているのかによっても、お部屋の雰囲気はまったく違うものになります。

広い意味で簡単に言えば、「日本の趣に現代的なスマートさを混ぜたスタイル」です。和の空間は、元々無駄なものをそぎ落したミニマルで簡素なものであり、そしてモダンは、直線や美しい曲線をベースに、装飾の少ないフォルムや幾何的なデザインが特徴です。

共通点を感じる二つのジャンルが、生活様式の広がりによって融合したのはごく自然なことのように感じますね。

ナチュラルな和モダンのコーディネートのコツ

では、実際に和の要素を盛り込んだモダンなお部屋を見ながら、コーディネートの時に気をつけたい、ちょっとしたコツを見ていきましょう。

飾りのある家具よりも、シンプルなフォルムの家具を多めに

シンプル家具 家具を選ぶ際に気をつけたいのが、家具どうしの「調和」です。大きめの古箪笥や食器棚など、重厚な家具を置く場合は特に、そのほかの家具はできるだけスッキリとしたフォルムのものを選びましょう。

たとえば、脚部分が丸くアレンジされたちゃぶ台など、新旧を織り交ぜたまさにモダンなインテリアもおすすめです。

和の空間をもう少しモダン寄りにしたい時は

和モダンの空間 細いフォルムが印象的な鉄脚のテーブルは、モダンなシルエットで和の雰囲気との相性もぴったり。

ぬくもりある空間に変化を与え、コーディネートをキリリとさせてくれます。和家具と正反対の無機質さが加わることで、一気にカジュアルな印象になりますよ。

家具の色合いを統一し、差し色はナチュラルなカラーをチョイス

ナチュラル家具 和モダンスタイルの場合は、美しい和家具の茶系で空間を統一し、上品な落ち着きの空間に。

差し色のポイントとなるソファやカーペットには、若草色や桜色など、自然の中にある色などを取り入れるとより和の上品さを引き立てます。色は欲張りすぎず、最大でも3色程度でバランスを取るとまとまりやすいですよ。

小物は厳選し、たくさん置きすぎない

小物 丁寧な小物使いは、お部屋に風情を感じさせるのにも大事な要素。このように、花器や季節の植物などを選んでそっと並べてみると、とても素敵な雰囲気に。

ただし、飾るものは厳選し、置きすぎないことが前提。物の周りに生まれる空白を意識するようにしましょう。

最後に

さりげなく和の雰囲気をプラスした、ナチュラルなモダンコーディネートをご紹介しましたが、いかがでしたか?

押さえるポイントは、「簡素」「自然な和のカラー」「カジュアル」と、とってもシンプルです。そして、日本の美として大事な「風情」を、あなたのセンスでうまく取り入れてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE