RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

書斎からセンターテーブルまで幅広く。昭和レトロな文机の魅力

かつては、文書を書いたりするのに使われてきた大正~昭和時代の文机。狭い住空間に置いても邪魔にならない、小さくてなんとも愛着が湧いてくる座卓は、今の暮らしにも様々なアイディアで気軽に取り入れることが可能です。

コーヒーや読書を楽しむためのサイドテーブルだったり、部屋の隅の飾り棚だったり。長い時間を経て深みを増した木味が、風情をさりげなく感じさせますよね。

今回は、そんな文机をインテリアとして取り入れたラフジュのお部屋をご紹介し、昭和レトロな文机の魅力について触れていきます。これまで文机がどう使われてきて、世の中にどう広まっていったのか、少し調べてみました。

和家具の簡素な美を楽しむ、寛ぎのリビング

和家具の簡素な美を楽しむ、寛ぎのリビング 仕事とプライベートの両方の顔を持つ、いわゆる書斎リビング。昭和レトロなキャビネットやサイドボードには、仕事道具をきっちりと収納。

ガラスケースにそっと並べられた器や、文机に飾られたかわいらしい花が仕事の疲れを癒します。木製家具を中心に取り入れた、ぬくもり溢れる大人のくつろぎ空間です。

レトロな文机は、くつろぎスペースのセンターテーブルとして

レトロ文机センターテーブル 脚のフォルムが印象的な文机は、部屋の真ん中のセンターテーブルとして活用。すぐそばに置かれたサイドボードや、落ち着いた色合いのアームチェアとも相性抜群。のんびりとお茶を飲みつつ、読書を楽しめるくらいの無駄のないサイズ感がいいですね。

文机が普及したきっかけは

文机普及 その名の通り、読み書きに用いられていた机です。古くでは、「机」が神へのお供え物や客人に差し上げる食べ物などを乗せる台と言ったため、区別されていました。

大衆家具として普及したのは、江戸時代に入ってからのこと。庶民の子供たちも勉強を習うようになり、寺小屋が発達したためでした。

長年使えるように手のかけられた家具

長持ちする古い家具 例えば、文机の中でも天板に側板を組ませたようなタイプのものがありますよね。これは「蟻組」といわれ、釘を使わず高い技術が必要な手法です。

仕上げには何度も漆を重ね、木目が綺麗に映えるように。このように、一生使っても丈夫なように手の込んだ家具なのです。重要が減少した現在でも、工芸品として職人の手で作られています。

最後に

文机を取り入れたコーディネート実例と、その小さな机に込められた魅力をご紹介しました。生活様式の変化に伴い、本来の用途で使われることは減ってきましたが、その確かなものづくりはきちんと受け継がれているのを感じました。

文机のある暮らし、ぜひみなさまも想像してみてはいかがでしょうか。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE