RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

おしゃれに見せる!アンティークテレビ台の使用実例

いざテレビ台を探し始めたら、なかなか気に入ったものが見つからない。そんな経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。全面がガラス張りやオープンだと中身が見えすぎて、生活感が丸見えになってしまったり、AV機器を入れる作り付けの棚は、それ以外の目的では使い勝手が悪かったり。それから、いかにも「テレビ台」なデザインのものだとなんだか物足りないですよね。

そこで、テレビ台にもこだわりを持ちたい方におすすめなのが、レトロなアンティーク家具をテレビ台として利用することです。作りもしっかりしている上に、デザイン性にも優れた一点もののアンティーク家具は、さまざまなスタイルのお部屋に対応が可能です。

ちょっと視点を変えてみると、意外な家具もテレビ台として利用できることに気付かされますよ。それではさっそく、どんな家具がテレビ台に向いているのか、見ていきましょう。

水屋箪笥をリメイクした和モダンなテレビ台

水屋箪笥をリメイクしたテレビ台

和のアンティーク家具は落ち着きある印象で、ゆったりと静かな時間を楽しみたいリビングにぴったりです。以前は日本の台所で活躍していた水屋箪笥の一段をリメイクしたテレビ台は、フローリングにも合わせやすくおすすめです。シンプルで落ち着きのある和風のデザインは、意外とどんなお部屋にもなじみやすいですよ。

ちょこっと使いには、小振りで可愛い和ダンス

引き出しのたくさんついた小さな和ダンス

AV機器を使用されないのであれば、小さめのアンティーク和ダンスがおすすめです。着物を閉まっていた時代箪笥なら上下取り外して、リビングであれば片段だけ、ダイニングならイスの高さに合わせて両段とも利用など、シーンに合わせて楽しめます。薬箪笥のように、小さな引き出しがたくさんついたものは、細かいものの収納に役立つテレビ台に変身。

「和」のテイストが今のお部屋には強すぎるなあと感じたら、取っ手をお好みのスタイルに付け替えてしまいましょう。家具の印象が一気に変わるので、おすすめのテクニックですよ。

マルチに活躍、レトロな収納棚

結霜ガラスのレトロな収納棚

上下段取り外し可能という和家具のうれしい特徴は、昭和の家具にも受け継がれています。レトロな収納棚であれば、上下どちらか一段を収納棚として、もう一段をテレビ台として利用するのも手です。モールガラスや結霜ガラスなど、レトロなガラス張りのものなら、程よい透け感が生活感を上手に隠してくれます。ご自分でアンティーク風のペイントを施せば、ナチュラルのお部屋にもピッタリ。脚を付けたリメイク家具なら、大き目なテレビを乗せてもバランスが取れますし、フローリングのお部屋にもすんなりなじんでくれますよ。

家具に収納して生活感を隠す

テレビを収納したレトロなガラス収納棚

キッチンでもリビングでも、家電が見えると途端に生活感が出てしまいますよね。生活感を感じさせない、おすましリビングを目指すなら、思い切ってテレビを家具の中に収納してしまいましょう。テレビを観音開きのアンティーク収納棚やワードローブに入れておけば、テレビを見たいときだけ扉を開ければいいので、テレビの存在を隠せます。購入の際は、テレビのサイズをきちんと測っておきましょう。アンティークの収納棚にはよく見られますが、取り外し可能な棚がついていると、テレビのサイズに多少対応が可能なので便利ですよ。

さいごに

アンティーク家具にはタンスの一段など、テレビ台としての可能性を秘めている家具が色々とあることが分かりました。もともと収納家具として使われていたものが多いので、引き出しなど収納が豊富で、暮らしに役立つこと間違いなしです。また、DVDプレーヤーなどのAV機器を収納する際には、家具の背板に穴を開ける必要があるので、ご自分でやるのが不安な方は、信頼できる家具職人さんに頼みましょう。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE