お客様サポート

  • お手入方法
  • 修理・再買取・取り置き
  • こんな困った時
  • 用語集

適合電球が60Wの照明だと、100Wの電球は使えませんか。(適合電球のワット数について)

購入前

当店では、電気用品安全法(PSE法)に基づいた自主検査を行い、その結果から推奨する電球の消費電力数を決定しております。

【検査方法】照明を2時間連続で点灯させた場合の器具の表面温度を計測

・80°以上のもの → 40W電球を推奨
・80°以下のもの → 60W電球を推奨

syoumei20160901_1.jpg

そのため、60Wや40W電球を推奨している照明は、100W電球では点灯しないというわけではございません。しかし使用する電球の消費電力数が大きいと、熱がこもって器具の温度が上昇し、変形や故障の原因となってしまいます。そのため、記載している消費電力数内でのご使用を推奨しております。

とは言っても、40Wや60W電球では明るさが足りない!という場合は、ぜひLED電球をご使用ください。白熱球よりも少ない消費電力数で、明るさを確保することができます。アンティーク照明も通常の照明と同じくLED電球を使用できますが、調光機能付きの照明の場合は、調光器対応のLED電球でなければ使用できません。お買い求めの際にはご注意ください。

また、照明器具が海外球仕様(B22など)だと、対応するLED電球がないわけではありませんが、高価で手に入りにくいか場合もあるかと思います。そんな時は、海外球から日本球仕様に変換する「口金変換アダプター」と呼ばれるものがございますので、そちらをご使用ください。家電量販店や通販などで、比較的安価に手に入れることができます。

syoumei20160901_2.jpgsyoumei20160901_3.jpg

アダプターを使うと少々不格好になってしまうのが気になる、という方は、一度当店までご相談ください。デザインなどにもよりますが、海外球仕様から日本球仕様にリメイクできる場合もございます。アンティーク照明のリペア専門スタッフが、できる限りご希望に沿えるよう、対応させて頂きます。

その他のこんな困った時を見る

ご意見ご感想をお寄せください

お送りいただいたご意見は、当サイトの改善に役立たせていただきます。

お探しの情報は、
このページで見つかりましたか?
はい  いいえ