お客様サポート

  • お手入方法
  • 修理・再買取・取り置き
  • こんな困った時
  • 用語集

照明・ランプ

照明・ランプの写真
お取り扱いについて

照明・ランプの取り付けの際、また電球を交換する際には、必ず電源を切ってしばらく経ってから作業をおこなうようにしてください。
電源がついたままの状態では、感電するおそれがあり危険です。
また点灯中や消灯直後は、火傷の危険性がありますので、手で触れないようにしましょう。


取り付けは確実にしっかりと
壁に取り付けるアンティークランプなどの場合には特に、取り付けを慎重に、しっかりとおこなってください。
取り付けが上手くいっていない状態ですと、ランプが点灯しなかったり、落下の原因にもなります。

布や紙を近づけない
照明・ランプには、布や紙など燃えやすいものを貼り付けたり、近づけたりしないようにしましょう。発火・破損につながります。

エアコンの風向きに注意
強い風が直接あたる状態が続くと、とくに蛍光灯では、黒い斑点現象が発生しやすくなります。
エアコンを使用する際には、風向きに注意しましょう。


日頃のお手入れ
lamp01.jpg

日頃のお手入れとしては、高いところの照明の場合はハタキなどで埃を落とす、スタンドライトやテーブルランプの場合は埃を取ったあと軽く乾拭き、で十分です。
掃除のときには必ず電源を切り、電球が冷えてからおこなってください。
また、照明のコードやペンダントライトのチェーンなども埃がたまりやすい場所なので、あわせて日常的に掃除するようにしましょう。


部位別定期メンテナンス

日頃のお手入れに加えて、シーズンごとに定期メンテナンスをおこなうことを推奨しております。
多くのアンティークランプ・照明は、ガラス・金属・木など、さまざまな素材から出来ています。
お手入れの際のポイントも素材ごとに異なりますので、ここでは部位別にご紹介します。


lamp02.jpg lamp03.jpg

ガラス・プラスティック・金属部分
照明のカバー、ランプ本体などのガラス・プラスティック・金属部分は、水拭きで汚れを落としましょう。
まず中性洗剤を溶かした水につけた布をかたく絞り、しっかりと汚れを拭き取ります。
十分に汚れが落ちたら、再度水拭き(水のみ、洗剤はなし)で洗剤が残らないようにします。
特にキッチンの照明は油汚れがつきやすくなっていますので、固まってこびりつかないうちに拭き、きれいな状態を保ちましょう。
このお手入れの際、近くに木やメッキの素材が使われている場合には、水がそちらに伝ったり染みたりしないよう注意が必要です。
水に濡れると、木は変形や変色の、メッキは変色・サビの原因となります。

木・和紙の部分
木や和紙は水に弱いため、水は使わず布での乾拭きのみで汚れを拭き取ります。
その前に柔らかめのブラシや刷毛などで、埃を落とすとよいでしょう。

メッキ部分
木・和紙と同様、基本は乾拭きのみでお手入れします。
それでも汚れが気になる場合には、よく絞った布で拭き、仕上げに必ず乾拭きするようにします。

電球・電灯
電球や電灯のお手入れは、ガラスなどと同じく、洗剤を染み込ませた水につけた布をかたく絞って拭きます。
最後には必ず乾拭きし、水気が残らないようにしましょう。
また電球は、まだ切れてはいない状態でも、明るさが十分でなくなった時点での交換を推奨いたします。

定期的なお手入れを

照明器具の種類に関わらず、照明に付いた汚れやほこりをそのままにしておくと、明るさを低下させ、寿命を縮めることにもつながります。
何もお手入れしない状態が半年間続くと明るさは約20%、キッチンやリビング・ダイニングなど汚れがつきやすい場所では40%も減少すると言われています。
気付かないうちに照明が暗くなっていくことで、目の疲労の原因ともなり得ます。
高い場所に設置した照明・ランプなどは、ついお手入れを忘れてしまいがちですが、少なくとも季節の変わり目にはメンテナンスをおこなうようにしましょう。

その他のお手入れ方法を見る

関連する部位別のお手入れ

  • 素材と塗装

ご意見ご感想をお寄せください

お送りいただいたご意見は、当サイトの改善に役立たせていただきます。

お探しの情報は、
このページで見つかりましたか?
はい  いいえ