お客様サポート

  • お手入方法
  • 修理・再買取・取り置き
  • こんな困った時
  • 用語集

天板

天板の写真
お取り扱いについて

アンティーク家具・レトロ家具の多くには天然無垢材が使われています。
無垢材は乾燥や高温に弱い素材ですので、直射日光が長時間あたるような場所や、夏場・冬場の冷暖房が直接あたる場所に置くことは、天板の反り・木材の収縮の原因となります。

特に乾燥しがちな冬場には、加湿器をご使用いただくなど、適度の加湿を意識した環境にすることをおすすめしております。


日頃のお手入れ
tenban01.jpg

テーブル・本棚・チェストなどの天板の日頃のお手入れとしては、柔らかい布、もしくはかたく絞った布巾などによる乾拭きで十分です。
それに加えて3ヶ月~半年に一度、家具用のオイルワックスでメンテナンスすることをおすすめいたします。
家具を乾燥や汚れから守り、家具の光沢を蘇らせる効果があります。
ご自宅でもお手軽に出来るメンテナンスですので、是非ご参考になさってください。
適切なお手入れにより、アンティークならではの味わいが増し、長く愛着を持ってお使いいただけることでしょう。


汚れが気になる時のお手入れ
tenban02.jpg

無垢材の家具は、水や高熱に弱くなっております。
水に濡れた食器や布巾、熱くなった食器等を長時間置いたままの状態にしてしまうと、変色や反り、膨張の原因となってしまうことがあります。
コースターなどをご使用いただくことを推奨しております。
水やお茶をこぼした際には、速やかに乾いた布巾で拭き取ってください。
コーヒーやワイン、醤油などといった色の濃いものをこぼした際は、かたく絞った布巾でしっかりと拭き取ってください。
それでも取れず染みになってしまった場合は、市販の洗剤などは使わず、酢水を数滴使って拭き取るか、細か目のサンドペーパーで表面を削って汚れを落とすようにしましょう。


キズが気になる時のお手入れ(1)
tenban03.jpg

長く使っている家具には、どうしても細かいキズは付きますし、アンティーク家具の場合にはそれも素材と溶けこみ、良い風合いとなります。
ただ、物を落としてしまったりなどで部分的なキズや凹みが気になる場合には、多少のものであればその箇所に適量の水を染み込ませることで、時間の経過とともに元に戻ります。
へこんだ部分に濡れ布巾をあてながら低温でアイロン掛けをすることでも復元できます。

キズが気になる時のお手入れ(2) タッチアップ
tenban04.jpg

(1)の方法でキズが消えない場合に、
おすすめしているお手入れ方法です。

【準備するもの】

  • アンティーク家具用塗料
    (ペンタイプもしくはマニキュアタイプ)
  • 布:1枚

【キズが気になる時のお手入れ(2) タッチアップの流れ】

  1. 天板の表面に付いたゴミや埃・皮脂などを、乾いた布でよく拭き取ります。
  2. キズの周りのささくれなどを慎重に取り除き、キズの部分もしっかりと拭いて、余分なものが付着していない状態にします。
  3. アンティーク家具用塗料のうち、最も家具の色に近いものを塗ります。
    色がよくわからない場合には、近いものをいくつか用意し、一番色が薄いものから試していきます。
    表面の色に近付いたら、軽く伸ばすようにして、周りと馴染ませましょう。
  4. キズが深くまだ凹んだ感じが気になる場合には、10分ほど置いて乾燥させたあと、同じ色を塗り重ねます。
  5. キズが目立たなくなったら、お手入れ完了です。
    お疲れさまでした!

オイルメンテナンス
tenban05.jpg

定期的なメンテナンスとして、オイルによるお手入れをおすすめしております。
家具の表面を研磨し、オイルを塗りなおすメンテナンスをおこなうことで、細かいキズや汚れを回復させ、また家具の持つツヤをより一層良いものにすることが出来ます。

【準備するもの】

  • 目の細かいサンドペーパー:(♯320~360)2枚
  • 目の粗いサンドペーパー:(♯240)2枚
    (サンドペーパーの番号は裏に記載されており、数字が大きいほど細かくなっています。)
  • オイル:1缶(ドイツ・リボス社※のオイルを推奨)
  • ウエス:(柔らかめの木綿、古いTシャツなど)2枚
    (色落ちの心配がなく、オイルが染み込みやすいもの)

※リボス社は、「世界で初めて人の健康・安全を考えた自然塗料を生み出した」ことで知られる、ドイツ最大手の自然塗料メーカーです。 人にも環境にも優しいリボス社のオイルは、家具の風合いを美しく保ちます。

tenban06.jpg
tenban07.jpg
tenban08.jpg
tenban09.jpg

【お手入れ手順】

  1. お手入れする天板の表面をしっかりと水拭きし、付着したゴミや埃などをきれいに取り除きます。
  2. 天板が乾き始めたら、目の細かいサンドペーパー(♯320~360)を使って、木目に沿って軽く表面を磨きます。このとき、サンドペーパーをあて木に巻き付けて擦ると、スムーズに磨けます。
    このとき、キズやシミが目立つ場合には、目の粗いサンドペーパー(♯240)で研磨してから、♯320~360のサンドペーパーを使うようにしましょう。
    部分的に磨きをかけすぎると、かえって目立つようになってしまいますので、全体を見ながらおこなってください。
  3. さらに全体に、まんべんなくサンドペーパー(♯320~360)をかけていきます。
  4. 研磨で出た粉や汚れを、乾いたウエスで拭き取ります。
  5. オイルを天板の上に垂らし、ウエスで染み込ませるように塗っていきます。
    このとき、使うオイルの量は少し多めなくらいでちょうどいいです。
    たっぷりと全体に、塗り残しがないように広げていきましょう。
    (同じ木材でも、オイルが染み込みやすい木と、そうでない木があります。様子を見ながらムラなく塗るようにするのがポイントです。)
  6. 塗り残しがないよう、余ったオイルをもう一度、木目の方向に沿って塗ります。
  7. 十分に染み込ませたら、新しい乾いたウエスで表面を拭いていきます。
  8. そのままオイルを丁寧に拭き取るように、磨いてください。
  9. ウエスにオイルが付かなくなるくらいまで拭き取り、まんべんなく磨きあがったら、最後に乾燥させます。
    12時間以上を目安に、そのままの状態で乾かしましょう。乾燥中は、上に物を置かないでください
    (※お手入れに使用したウエスは、そのままにすると稀に発火するおそれがあります。必ず広げて乾燥させてから処分するようにしてください。)
    これでお手入れは完了です。お疲れさまでした!

いかがでしたでしょうか?
オイルメンテナンスは、木に新しい水を注ぎ、木が呼吸しやすい状態に導きます。
定期的に、または汚れやキズが気になり始めた時だけでも、こうして繰り返しお手入れしていただくことで、家具の魅力が増していきます。
とは言っても、アンティーク家具は100年経っても使えるような良質な素材でつくられていますので、普段はあまり過敏にならなくても大丈夫です。安心してお使いください。

天板の修理

ご使用される中で変形してしまった場合など、修繕が必要な際には、当社でメンテナンスさせていただきます。 気になることがございましたら、いつでもお問い合わせください。

その他のお手入れ方法を見る

関連する部位別のお手入れ

ご意見ご感想をお寄せください

お送りいただいたご意見は、当サイトの改善に役立たせていただきます。

お探しの情報は、
このページで見つかりましたか?
はい  いいえ