アンティーク家具について

実用的でおしゃれ!アンティーク書類棚の今どきの使い方

あなたは「事務用家具」はお好きですか?
その名の通り、オフィスまわりでの書類整理に役立ってきた「書類棚」。細かく仕切られた棚を、何に使うか考えただけでワクワクしてしまいますよね。
近年はスチールやプラスチック製のものが多く見られるようになってきましたが、大正~昭和時代あたりはまだまだ木製が主流でした。現在でもその一部がアンティークとして世に残されており、家庭での小物収納などにとっても人気なのです。
今回は、お家のリビングやダイニングでもおしゃれに活用できる、アンティークの書類棚の使い方のご紹介です!それぞれのオフィスに合わせて作られた、バラエティ豊富なデザインにも注目してみましょう。

病院で使われていたカルテケースをレコード入れに

カルテケースをレコード入れ
病院で使われていたカルテケース。ネームプレートと取っ手付きで、分類収納としても使い勝手が良さそうですね。このように業種や使われていた場所によってサイズもいろいろなので、購入前にはきちんとサイズを把握しておくのがおすすめです。
これは12インチのレコードがすっぽり入るサイズで、日々の趣味を楽しむための収納として活用中。
鉄脚を付けてアレンジしたことで、アンティークでありながらどこか新鮮な印象を受けますね。

収納棚と書類棚が一つになった万能タイプ

収納棚と書類棚
シャッター扉がなんとも気になる、ちょっと珍しいタイプの書類棚。扉を開いておけば見せる収納としても使える、オールラウンダーさが魅力です。このように、チェアと一緒にセンターテーブルやサイドテーブルとして使うのも粋ですね。
収納とテーブルの機能が一石二鳥の、狭い住空間の省スペースにもぴったりのインテリアです。

いつも落ち着けて機能的、収納上手になれちゃうダイニング。

収納上手になれちゃうダイニング
「スッキリ感」と「木のぬくもり」を大事にした、開放的なナチュラルダイニングです。物があふれて雑多になりがちな空間は、昭和レトロな収納棚の二台使いでバッチリお片付け。
やさしい木味のアーコールチェアとイギリスアンティークのテーブルで、明るい印象にまとめています。

小物収納の助っ人になる、レトロな小ぶりの書類棚

レトロな小ぶりの書類棚
モールガラスの収納棚の上に置いたのは、アンティークの背の低い書類棚。ダイニングまわりで使うクロスやカトラリーを収納するのに、幅も奥行もぴったりでした。
暮らしの道具を上手に並べた「見せる収納」が、ほっと落ち着く居心地の良さをもたらしています。

最後に

ご家庭での見せる収納にも大活躍の、アンティークの書類棚の使い方、ちょっとだけイメージが湧きましたか?
おしゃれなインテリアとして楽しむだけでなく、機能的にも十分に活用できるはずですよ。小物収納のアイディアのひとつとして、ぜひ取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP