アンティーク家具について

収納とおしゃれディスプレイを一度に!おすすめアンティーク飾り棚

飾り棚と聞くと、収納棚に比べて実用性よりも飾るための要素が強い気がして、我が家には置く場所も必要もない、と思ってしまう方も多いかもしれません。
でも実は、ついつい買い集めてしまう雑貨やお気に入りのデザインのカップなどを、おしゃれに飾ってインテリアに生かしたい、と思っていませんか。
最近では広い意味でとられることの多い、飾り棚。収納とディスプレイ両方の目的を兼ねていれば、さまざまな家具が飾り棚として使われているため、意外にお部屋に取り入れやすい家具なんです。
今回は、そんな幅広い種類のある飾り棚の中でもおすすめの、アンティーク飾り棚をいろいろご紹介していきます。

アンティーク飾り棚の定番、キャビネット

アンティークキャビネット
本来の意味で飾り棚と呼ぶにふさわしい、イギリスアンティークのキャビネット。奥行が比較的あるので、本棚としても使える実用性がしっかりあります。
中身が少し雑多になっていても、ガラス戸に施された格子が、注意をそらしてくれますよ。すっきり脚や凝った引き出しの金具が、家具自体をシックに見せてくれます。

食器棚+飾り棚で、自慢の食器を素敵にディスプレイ

アンティーク食器棚
欧米の家庭ではダイニングルームに置くことの多い、食器を飾るのが主な目的の飾り棚です。棚板にお皿を立てる溝があるため、デザインが素敵なものを、ちょっと見せびらかすように飾れます。
下の収納部分に、普段使いの食器やカトラリーを収納できるので、これだけで食器棚と飾り棚両方の役割を果たしてくれます。
欧米のアンティークのものは、日本の家には大きすぎることもあるので、サイズだけは注意が必要です。

ちょこっと使いにぴったり、壁掛け飾り棚

アンティーク壁掛け飾り棚
壁掛けのアンティーク飾り棚は、自慢の品をちょこっと収納しながら、ちょこっと見せびらかすのにぴったりです。
小さなカップボードのようになっているものや、扉がついていないオープンなもの。食器を飾るためのラックや、フックが並んだその上に飾り棚がついているタイプなど、種類がとても豊富です。
小さいのでインテリアに取り入れやすい上に、壁をおしゃれに演出しながら有効利用できるのがうれしいポイントです。

見せる・魅せる飾り棚、ガラスケース

アンティークガラスケース
とにかく見せる・魅せることにフォーカスした飾り棚として活躍してくれる、アンティークガラスケース。
もともと商店で陳列に使われていた抜群の収納力を武器に、ほぼ全面ガラス張りな特徴を生かした、おしゃれ収納の腕の見せ所です。
クリアガラスの透明感とシンプルな作りが、インテリアに心地よさを加えてくれます。大きさやデザインなど選択肢が多いので、お部屋に合ったものがきっと見つかりますよ。

最後に

アンティーク飾り棚と一言で言っても、食器を飾るなど目的がはっきりしているものや、壁に掛けるものなど、飾り棚の大きさや用途はさまざまです。
もちろん、ここで紹介した以外にも、飾り棚として利用できる家具はたくさんあります。ご自分の使用目的やお部屋の大きさやインテリアをよく考えて、お気に入りの一品を見つけてくださいね。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP