アンティーク家具について

おしゃれな脇役インテリア!アンティークの木製ローボードの使い方

リビング家具を取り入れる際に気をつけたいのは、「高さ」。窮屈な印象にならないように、空白を多く作ることが部屋をすっきり見せるための基本です。
そんなリビング・ダイニングで活躍するのがローボード。空間に圧迫感を与えず、重心が低いしっかりとした構えで部屋を引き締めてくれます。収納としても機能的で、条件はクリア。あとはインテリアとしてどういうものを選ぶかが鍵になります。
部屋の雰囲気と用途を踏まえ、どんなものが適しているでしょうか。
今回は、ラフジュスタッフおすすめの、時代箪笥や昭和レトロな収納棚をローボードとして取り入れたお部屋をご紹介します。アンティーク家具好きの素敵な活用アイディア、ちょっと覗いてみましょう。

水屋をリメイクしたTVボードがポイントの男のリビング書斎

20140907-1.jpg
本棚やモールガラスの収納棚、水屋箪笥など、木製の家具を中心に取り入れたぬくもりのあるリビング。部屋の真ん中に置かれたトランクテーブルとアンティークソファで、空間にアクセントが生まれました。
和家具とレトロ家具の雰囲気がうまく調和した、シンプルな和モダンスタイルのお部屋です。

重厚な水屋箪笥ローボードが、空間にモダンな深みを出す

20140907-2.jpg
無機質になりがちなテレビ周りには、重厚な水屋箪笥をリメイクしたローボードを台座に選びました。ほかの家具に比べ暗めなトーンのものをチョイスし、部屋に上品な雰囲気をプラスしています。
木のぬくもりが溢れる、大人のくつろぎ空間の出来上がりです。

英国アンティークのダイニングセットに可愛らしさをミックス!

20140907-3.jpg
優美なイギリスアンティークのテーブルや、シャビーなアンティークペイントの食器棚など、スタイルがバラバラな家具を取り入れつつも、雰囲気はしっかりマッチ。
北欧のファブリックなど、爽やかな色合いの小物使いがいいポイントになっています。家具から雑貨に至るまで「可愛い」が散りばめられた、とっておきのダイニングです。

背の低い飾り棚は、部屋のディスプレイとして贅沢に

20140907-4.jpg
背面の枠取りが印象的なローボード。素敵なデザインでインテリアとしても存在感はバッチリ。ここにも、お気に入りのファブリックのクッションや、グリーンを置いて可愛らしく。
好きな雑貨をすっきりと並べるスペースが確保され、メリハリのある空間にまとまりました。

最後に

空間をしっくりとまとめるための家具だったり、好きなものを美しく見せるための家具だったり。それぞれのスタイルに合わせたローボードの活用アイディア、いかがでしたか?
収納棚の中でも際立つ背の低さは、確実にインテリアのポイントになります。部屋に趣を生むローボード選び、ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP