アンティーク家具について

たっぷり小物収納。お役立ちアンティーク引き出し家具

常備薬に乾電池。まだ封を切る時間のない郵便物に、リサイクルを待つペットボトルのキャップ。いくら整理整頓を心がけていても、生活していると自然に出てくるのが、こんなこまごましたものたち。
しっかり収納してしまうのは、面倒だったり不便だったりするものの、とりあえずちょっと収納しておかないと、どんどん部屋がごちゃごちゃしてしまうようなものが、家には溢れています。
そんな時役立つのが、しっかりたっぷり収納できるアンティーク引き出し家具。しっかり隠す収納をしてくれるので、中が少しくらい乱雑になっていても、一旦引き出しを閉めてしまえば、見た目はすっきりとアンティークならではのおしゃれな風合いが楽しめます。
でも、引き出しの大きさや数は、チェストや小引き出しなどアンティーク家具の種類によってさまざま。また私たちの収納目的によっても、ぴったりな家具は違ってきます。今回は、どんなアンティーク引き出し家具がどんな収納に向いているのか、見ていきましょう。

たっぷり収納が魅力、定番のアンティーク整理タンス

アンティーク収納たんす
主に横幅いっぱいの引き出しが並ぶ整理タンスやチェスト。とにかくたっぷりの隠す収納ができ、特にお洋服の収納に役立つ定番引き出し家具です。
ただズラッと引き出しが並んでいるものよりも、ちょこっとガラス戸や扉がついているアンティークのもののほうが、家具自体におもしろみが感じられ、おしゃれ度もアップします。
また横長の引き出しが並ぶだけなく、縦割りの大小さまざまな引き出しが並ぶと、家具に動きが感じられ、収納できるものの幅も広がりますよ。

小物収納はおまかせ!アンティーク薬箪笥

小物収納アンティーク薬たんす
漢方の薬草を入れておくのがもともとの目的だった薬箪笥。小さな引き出しがたくさんついているのが特長です。編み物が趣味で、たくさんの色の毛糸を持っている方など、たくさんのこまごましたものを収納する必要がある人におすすめの、引き出し家具です。
またリビングに置いて、家族一人ずつに一列ずつの引き出しを割り当てて、自分のものを責任もって収納するように習慣づける、なんて使い方も、お部屋をすっきりしたスペースに保つのに役立ちそうですね。

ちょこっと置いてちょこっと使える、アンティーク小引き出し

アンティーク小引き出し
その名の通り、小さな引き出しがついた小さな家具、小引き出し。と言ってもサイズはまちまちで、中引き出しと言ってもいいくらいの背の高いものや、引き出しのサイズ自体が大きめのものもあります。
家具自体が小さいので、置き場所を簡単に変えることができる、手頃な引き出し家具です。テーブル上などほかの家具の上に、ちょこっと置くにも便利だし、床に置いてプランターなどの台代わりに使うのもいいですよ。
たまにあると助かるペンやメモ用紙などのちょっとしたもや、書類棚としてレシートや請求書を収納しておくのにぴったりです。

使い勝手をアップさせるネームプレートと、家具の印象を決める取っ手

アンティークネームプレート
特に薬箪笥や小引き出しなど、引き出しがたくさんついていて、中に何を入れたか忘れてしまいそうな引き出し家具の場合、ネームプレートがついていると便利です。
もともとついている家具をわざわざ探さなくても、好きなネームプレートを簡単DIYで取りつけてしまいましょう。ネームプレートと引き出しの取っ手が一体化しているものは、見た目をすっきりさせたい人に特におすすめです。
またシンプルな作りのものが多いアンティーク引き出し家具の場合、取っ手のデザインが家具の印象を左右します。ちょっと好みじゃないかな、と思ったら、これもDIYで取り替えてしまいましょう。
どんな取っ手にするといいか、どうやって付け替えたらいいのかは、以前の記事「簡単DIY!アンティーク取っ手でできる家具の変身術」を参考にしてくださいね。

最後に

用途に合った引き出しの大きさや、家具自体の大きさを考えて選ぶと、便利なものが見つけやすくなるアンティーク引き出し家具。
中身を隠してしまう分、何を入れたか分からなくなっちゃう!と心配な時は、ネームプレートを取り付けて、さらに実用性を持たせましょう。お好みでペイント家具を選んだり、取っ手も取り替えたりと、すっきり収納をかなえるだけでなく、インテリアにも合った引き出し家具を見つける参考に役立ててくださいね。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP