インテリアABC

新年を迎える準備はいつから?「正月事始め」にスタートすること

師走も中旬を過ぎ、そろそろ年末と、それから、新年を意識する季節になってきました。
12月は、クリスマスと大晦日、そして月が替わればお正月が控えていて、その行事の準備、そして大掃除と大忙しです。ところで、お正月に向けた準備って、いつから始めればよいのでしょうか。
日本最古の年中行事といわれるお正月には、お正月の準備を始める日、というのがあるんです。今回は、慌てずに新年を迎えるために、ちょっと早めにお正月準備についてお話ししようと思います。

お正月の準備を始める日。「正月事始め」

時代箪笥
お正月とは本来、睦月(むつき)、つまり一月の別名でした。「年神様(としがみさま)」と呼ばれる、子孫繁栄・五穀豊穣、そして、家族に健康と幸せをもたらしてくれる神様を各家庭にお迎えする年中行事でもあります。
そのお正月を迎える準備を始める日があります。地方によっては異なる場合もありますが、それが12月13日、「正月事始め(しょうがつことはじめ)」です。

正月事始めに始めること。その1、大掃除

脚付き家具
これからお正月の準備に入るというこの日、江戸時代には、江戸城で普段手の届かないところまで掃除をする「すす払い」が行わていました。
これにならって、一般の人びとも家屋についた1年間の汚れをきれいに掃除するようになりました。これが大掃除の始まりといわれています。

アンティーク家具のお手入れ方法

アンティーク家具のお手入れ
普段から愛情を込めて大切に使っているアンティーク家具ですが、普段のお掃除と、さらに、定期的なメンテナンスというのも必要です。
ラフジュ工房では、代表的な家具や、部位ごとのお手入れ方法をご紹介しています。家中の大掃除に合わせて、たまにしかできない家具の丁寧なお手入れに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

正月事始めに始めること。その2、正月飾り

格子戸と生け花.jpg
正月飾りの準備も、正月事始めである12月13日に始めます。これは、この時期に門松用の松を採りに行く「松迎え」を行ったことに由来します。
正月飾りの代表とも言える門松は、年神様が迷わずやってくるための大切な目印。最近では、クリスマスが終わると、クリスマスツリーと入れ替わって門松が登場するようになりましたよね。
年末に飾りつけを行う門松ですが、29日は「二重苦」をイメージさせてしまうことから、また、31日は「一夜限り」で縁起が良くないという理由で避けることになっています。なので、早めの28日までか、もしもギリギリになったら30日に飾りつけをしましょう。

5分でできる!簡単、お正月用箸包みの作り方

お正月までに、なかなか時間が取れないという方もいるかもしれません。本格的な正月飾りは準備できなくても、ちょっとした小物をお正月らしくするだけできっと気分も変わるはず。そこで、すぐにできるお正月用箸袋の作り方をご紹介します。
箸包みの作り方1
準備するのは、A4サイズの白紙と、お好きな柄の折り紙。ここではお祝いらしく赤い折り紙を選びました。
お箸の長さにもよりますが、今回はA4の半分、A5サイズで作ります。予め、白紙を半分に、そして、折り紙は三角の四等分に切っておきます。
箸包みの作り方2
①まずは角をずらして半分に折ります。②それを3分の1のところまでさらに折ります。③飛び出した三角を残したままひっくり返し、反対側に半分に折ります。④二つの三角のうち、片方に折り紙を合わせて、今度は折り紙と一緒に折り込みます。
箸包みの作り方3
最後に、下側を後ろに折り曲げたら完成です。

最後に

昔ほどではないにしろ、師走になればやっぱり気になるお正月の準備。暦の上にも「今日から準備開始!」という日があるのですね。
正月事始めも過ぎたことですし、そろそろ慌ただしさの中にも時間を見つけて、少しずつ、できる範囲で新年の準備を始めていきましょう。

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP