アンティーク家具について

自宅を仕事場に。アンティーク家具で充実のホームオフィスを実現

長年働いた会社からの独立、新規事業の立ち上げ…など、はじめの一歩を自宅から、という方は多くいらっしゃいますよね。
ネットワーク環境が整い、必ずしも “会社で” 働く必要がなくなってきた現代、自宅を仕事場にする「ホームオフィス」のスタイルは、これから増えていきそうな新しい働き方のかたちです。
仕事とプライベートを同じ空間で過ごすとき、どんなことに気をつける必要があるのでしょうか。今回は、”仕事がはかどる” かつ “プライベートも居心地の良い” ホームオフィスを実現するための、アンティーク家具を使った実用的なアイディアを提案してみたいと思います。

仕事とプライベートの境目

アンティークライティングビューロー
自宅とオフィスに物理的な距離がなくなったとき、一番難しいのは気持ちの切り替えだそうです。
“玄関を出る時” あるいは “通勤時間” など、家から離れることによって徐々に気持ちを切り替えてビジネスモードに…ということができないのがホームオフィス。日常生活と仕事とを、なんとか強制的に分けるということが意外と重要なテーマになりそうです。

家具を使って空間を区切る。同時に、気持ちも区切る

オフィスの間仕切り棚
時間や距離を利用しての切り替えが難しいのであれば、空間を強制的に区切ることを考えましょう。余っているお部屋をオフィスとして使うことができればそれが理想ですが、必ずしもそんなお宅ばかりではありません。限られた空間のなかで、プライベートと仕事の空間を分けるために使えそうなアイディアはないでしょうか。
すぐに思いつくのはやはり、パーテーションやルームディバイダーなど、空間を分ける家具を利用すること。もっと機能的に、棚を使って “書類収納” 兼 “間仕切り” という手もあります。スペースを完全に区切りたいのであれば背の高いものを、部屋に圧迫感を出したくないということであれば低めのものを選ぶことをおすすめします。
ちょっとした空間でも、区切られていることが重要。そこに入ればビジネスモードに、気持ちの切り替えもうまくできそうですね。

自宅インテリア × オフィスインテリア

仕事場に必要なものって何があるでしょう?もちろん業種にもよりますが、やはりホームオフィスであっても、PCがおけるくらいのデスクは必要でしょうか。
ビジネスライクで冷たくなりがちなオフィスインテリア。オフィスとはいっても、ホームオフィスに置く家具は、プライベート空間に入り込むものです。自宅インテリアとしても浮かないデザインを選びたいですよね。

自分の好きなデスクで気分を盛り上げる

アンティーク両袖机
会社で、自分の好きなデザインのデスクを選べるということはまずありません。そこは、せっかくのホームオフィス。仕事に向けて自分の気持ちが盛り上がるようなデスクを選びたいものです。
よく会社にあるような、ビジネスライクなプラスチックや金属のデスクではなく、例えば、木製の温かみのあるデスクを選んでみてはいかがでしょうか。ベーシックな色味のデスクにビビットなチェアや雑貨でアクセントをつけるもよし、デスクそのものに個性のあるユニークなデザインを選ぶもよし。仕事に向かうときの気分が上がれば、仕事の効率も上がるというものですよね。

省スペースでも機能はしっかり

北欧ライティングビューロー
そんなにスペースがなくてもシェルフとデスクがあれば十分にオフィスの機能は果たせますが、デスクを置くほどの余裕がないという場合も十分にあり得ると思います。それならば、収納と書斎がひとつになったライティングビューローをオフィスに “見立てる” という方法はいかがでしょうか。デスクにプラスして、シェルフの機能まで果たしてくれます。
天板を開ければオフィスに、閉めれば仕事終了の合図に。天板の開け閉めと同時に、気分の切り替えまで上手にできそうですね。

最後に

自宅兼仕事場のホームオフィス。自分にマッチするような上手な空間作りを実現して、仕事もプライベートもますます充実させて行きましょう。
さて、今回の記事を書いていて、この”仕事がしっかりはかどるようなスペースを自宅に” というアイディアはオフィスのビジネスだけでなく、ちょっとした作業や趣味をするスペースとしても生かせるような気がしました。それもまた別の機会に、他のアイディアも加えて記事にしてみたいと思いますので、どうぞお楽しみに。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP