インテリアABC

座り心地は「生地の種類」と「硬さ」で決まる!ソファの選び方講座

居心地のいいリビングになくてはならない家具といえば、ソファ。疲れた時に横になって、ゆっくりと過ごす時間は格別ですよね。
ソファは、購入を当たり前のように検討する家具の一つですが、コストとサイズのどちらで言っても大きな買い物。そう考えると、自分の求める座り心地に合ったものを、慎重に選びたいですよね。
そこで今回は、ソファの座り心地を決める「生地の種類」と「硬さ」に焦点をあてて、ご紹介していきたいと思います。見た目はもちろん、機能性もそれぞれに違いがあるので、詳しく見ていきましょう。

座り心地の良さに繋がる生地の種類

まず、一目で判断できるのは、生地の種類です。
ソファの生地は「布地(ファブリック)」「本革」「合皮」の3つの素材である場合がほとんど。直接触れる部分だからこそ、各素材の肌触りの違いや特性について知っておきましょう。

あたたかみのある布地ソファ

布地ソファの特徴
布地の魅力は、肌触りが優しく、座った時に包み込むようなぬくもりがあること。通気性がいいので夏は蒸れにくく、冬は冷えにくいと言った利点もあります。
革に比べて軽く見える質感をもつ布地は、ラフな雰囲気でまとめたいお部屋にぴったりです。また、色や模様のバリエーションも豊富なので、お部屋のアクセントを意識して、デザインを選んでもいいかもしれませんね。
ただ縫い目にホコリが溜まりやすいので、アレルギー持ちの方がいるご家庭では特に、こまめな掃除が必要です。

座り心地の良さを自分の手で育てていける本革のソファ

本革ソファのメリット
高級な素材である本革の魅力は、使い込むことで、変化していくこと。時間が経つにつれて、まるで肌に吸い付くように、革が自分の体にフィットしていきます。さらに、使い込むうちにあらわれてくる、味わい深いグラデーションも魅力です。
そんな気品ある佇まいが魅力の本革ソファは、お部屋に高級感を与えてくれます。また古びた質感が出てきた本革は、カジュアルやシャビースタイルのお部屋とも相性抜群ですよ。
本革はプラスの面が多い一方で、手入れを怠ると、劣化が早いという特徴もあります。水や汗がついたまま放置すると、カビやひび割れが起こることも。でも、きちんと定期的にメンテナンスを行えば、他の素材よりも長く愛用することもできますよ。

レトロな雰囲気がたまらない合皮ソファ

合皮ソファのメリット
「本革は高くて手が届かない…」という方には、似た風合いのある合皮がおすすめです。
合皮は布地に合成樹脂を塗ったものですが、滑らかで柔らかい本物の革に近い感触もあり、価格もお手頃です。さらに、本革と比べて汚れに強く、手入れが簡単という長所もあります。
通気性がないので夏はどうしても蒸れがちですが、その分中に水が染み込むこともないので、お子さんがジュースをこぼした時などもサッと拭くことができますよ。
また、合皮ソファは、シックにもレトロにも合わせ方次第で表情を変えます。そんなコーディネート面での幅の広さも、大きな魅力ではないでしょうか。

自分のライフスタイルに合わせて「硬さ」を決める

ソファの硬さ選び
体の沈み具合や弾力は、生地の下にあるクッション部分の硬さで決まります。硬さは、生活スタイルや過ごし方に合わせて、できれば実際に座って検討していきたいポイントです。

柔らかめのクッションは、ふんわりとした座り心地

柔らかめのソファには、体を包み込むようなフィット感があります。ただし、体の沈み込みが深い分、ずっと同じ体勢だと疲れてしまうことも。
その柔らかさに体を預けてしまうのは分かりますが、意識的に座り直したりするのがおすすめですよ。

ゆっくりと過ごしたい時は、硬めのクッションがおすすめ

硬いソファの特徴は、沈み込みが少なくて高反発なところ。そのため、座った時に体への圧力が分散されて、疲れさせない効果があります。
ですので、テレビや映画を寝ころんで見ることの多い方や、長時間座るのが大変な腰痛持ちの方におすすめですよ。

最後に

今回ご紹介した生地や硬さの他にも、サイズやデザインなども選ぶポイントになります。
さらに詳しく知りたい方は、過去にお伝えした「リビングの主役家具、ソファの失敗しない選び方」の記事を参考にしてみてくださいね。
また、アンティークのソファになると、選び方の視点も違ってきます。これは次の機会にご紹介したいと思いますので、お楽しみに。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP