アンティーク家具について

メンズライクなヴィンテージ要素をプラスしたインテリアづくりのコツ

ファッションと同じで、優しい色合いの家具・小物や可愛い柄の布など、意識していなくてもインテリアにはどこか女性らしさが自然と出てしまうものですよね。でもあまりフェミニンで甘いスタイルだと、旦那さんを始め家族の男性陣がちょっと居心地悪そうだったり、不満気だったりすることも。
そんな男性陣を満足させるために、お部屋にちょこっとメンズライクなヴィンテージ要素を加えて、テイストを中和させませんか?
「でも何をしたら、私も家族も満足できるインテリアにできるのか分からない…」と言う方のために今回は、インテリアにほどよく手軽にメンズライクさをプラスするコツをご紹介します。

メンズライクなヴィンテージならこれ!インテリアに黒を

黒のインテリアの使い方
とにかくまずはインテリアに黒を取り入れるだけで、きりっとしまりのあるメンズライクさが生まれます。いきなり黒はちょっと…と言う方は、紺色や濃いチャコールグレーでも同じような効果が狙えますよ。
家具であれば、黒いレザーや合皮のヴィンテージソファがメンズライクなインテリアの定番ですが、まずは少しずつ試していきたいと言う人は、木製フレームを黒にペイントして壁に飾ったりなど、小物・雑貨レベルからなら始めやすいですよ。

男性に人気、北欧ヴィンテージ家具は色に注目

北欧ビンテージインテリア
男性はみんな好き、と言っても過言でないくらい男性人気の高い北欧ヴィンテージ家具は、これ一つでメンズライクなインテリアをほぼ可能にしてくれる万能さです。もちろん女性も、家具だけでなく北欧デザインは好きな方が多いですよね。
ただしメンズライクな雰囲気を出したいなら、選ぶ家具の木味に注意が必要です。女性が好む明るめの色合いではなく、飴色と呼ばれる濃い目の木味のもののほうが、男性らしい落ち着きがあります。北欧ヴィンテージ家具に限らず、お手持ちの家具の色を濃い色に仕上げ直すだけでも、同じ効果が生まれますよ。

メンズライクな直線をインテリアに増やして

直線的なモダンアンティークインテリア
色だけでなく、線を使ってメンズライクさを演出することもできます。そのコツは単純に、女性らしい曲線に対して、男性らしい「直線」をインテリアに増やすこと。日本のアンティーク家具はシンプルな直線のものが多いので、先ほどお話しした濃い色合いを意識して選ぶだけでOK。
また最初に挙げた黒フレームも、装飾性のないシンプルな直線のものを使えば、更にメンズライクな印象になるので、雑貨レベルから始める時も「直線」に気をつけてみてくださいね。

木との相性良し。ヴィンテージアイアン家具

ジャンクインテリア例
工業系のハードさが男性っぽい、アイアンの家具や小物。特にサビが見られるヴィンテージのものは、味わいあるメンズライクさを演出してくれます。
木とアイアンは相性がとてもいいので、インテリアに取り入れやすいですが、アイアンが多くなりすぎると無機質なガレージ風インテリアになってしまう恐れがあるので、配分には気をつけましょう。
鉄脚に古材の天板が載ったテーブルやヴィンテージランプなど、まずはアイアン部分が小さなものから導入してみるといいですよ。

お部屋を彩るグリーンもメンズライクに

メンズライクな観葉植物
ちょっとした小物の色や形状でも男性らしさが出るとお話ししましたが、お部屋に飾る植物も同じです。色合いも爽やかで女性的な切り花などではなく、エアプランツや多肉植物、観葉植物などを選ぶとメンズライクな印象がアップします。中でもサボテンやサンスベリアなど、オブジェっぽいフォルムのものは男性受けもいいようです。
また植物のかたちだけでなく、植木鉢はシンプルな素焼きのものにするなど、鉢や花器も男性っぽさを意識して選んでみてくださいね。

最後に

メンズライクなスタイルのヴィンテージ家具や小物を取り入れたインテリアづくり、なんとなくイメージが湧いてきましたか?
濃い目の色、シンプルな直線で作られたフォルム、そしてハードな素材。この3つを意識するだけで、男らしい要素は十分にカバーできます。
まずはかごをメタル製のに変えてみる、など小さなところから挑戦すれば、失敗の心配も少ないので安心ですよ。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP