アンティーク家具について

ダイニングにリビングに。収納に便利な棚付きアンティークテーブル

みなさんがテーブルを選ぶ時のポイントは、なんですか?
お部屋の広さや家族の人数に合ったサイズ。インテリアに合ったスタイルや色合い。それからもちろんお値段。これで大切なところは大体押さえていますが、さらに欲張ってちょっと意外な機能もプラスしませんか?
キーワードは”収納”。以前「片付けもおまかせ!アンティークの引き出し付きダイニングテーブル」の記事でご紹介した引き出し付きに続いて今回は、天板の下に棚がついたタイプのアンティークテーブルをご紹介します。
ダイニングテーブルやセンターテーブルなど様々なタイプのテーブルを見ながら、収納ができる棚があるメリット・デメリットを検証していきましょう。

棚の位置や幅に注意!アンティークダイニングテーブル

棚付きダイニングテーブル
家族みんなが集うダイニングテーブル周り。食事以外にも、ママが家計簿をつけたり、子どもたちが宿題をしたりと多用途に使われるテーブルですね。
だからこそ役立つのが棚収納。まだ作業途中の道具類を、食事の時間だからとりあえず一時的に移動、なんて時に便利です。
ただ一つ注意したいのは、棚の位置や幅。座った時足がぶつからない、でも収納したものは取り出しやすい、そんな棚が理想です。

収納雑貨で機能アップ。ヴィンテージなリメイク鉄脚テーブル

鉄脚リメイクテーブル
古い商店や食堂にあったレトロな鉄脚テーブルは、天板を古材などにリメイクして、ヴィンテージスタイルの家具として人気になっています。
この手の鉄脚テーブルによく見られるのが、細い鉄パイプを並べてできた天板下の棚。便利さや棚の注意点はダイニングテーブルと同じですが、広く隙間の開いた棚には、収納するものが限られてしまうと言う欠点があります。
古いホーローのバットや木箱などを使って収納すれば、使い勝手がよくなるだけでなくインテリアとしてのおしゃれ度アップにもつながりますよ。

収納にも作業にも助かる、棚付きセンターテーブル

棚付きセンターテーブル
いざカップを置こうとしたら、テレビのリモコンや読みかけの雑誌などでいっぱい…なんてことにもなりがちのセンターテーブル。
でもセンターテーブルに置いてあってこそ便利なアイテムってありますよね?棚付きセンターテーブルなら、これらのアイテムを収納しつつ、テーブル上をすっきりきれいに保てます。
またセンターテーブルをパソコン作業に使っている人などは、ダイニングテーブル同様、棚の位置や幅に気をつけないと、足がぶつかって不便さを感じることに。こんなふうに下のほうに棚がついていると、ちょっとお行儀は悪いですが、逆にフットレスト代わりになっていいかもしれませんよ。

最後に

テーブルに棚があることで増える収納の可能性。
でも「足がぶつからないか」「収納雑貨は必要か」など購入前にちゃんと注意を配っておかないと、結局使いこなせず、反って邪魔になってしまうのがテーブルの棚のようです。
ただちゃんと使い勝手のいいものは、特に狭いお部屋にはうれしい存在なので、テーブル購入の際にはちょっと参考にしてみてくださいね。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP