インテリアABC

簡単に始められる、カウンターキッチンのプチ目隠しアイディア

リビングダイニングのスタイルがすっかり浸透し、居間と台所がひとつになった住空間が主流になってきました。
壁が無いことで、リビングに集う家族や友人とのコミュニケーションが取りやすいのはとても良いですよね。でもちょっと困るのが、プライベートな部分を目隠しできる逃げ場が少ないこと。
特に生活感が出やすいキッチン周りは、見られるとちょっと自信が無い方も多いのではないでしょうか?
自分で目隠し壁などをDIYで制作するという選択肢もありますが、そこまでするのはなかなか躊躇してしまいますよね。
今回は、そんなあなたでも簡単にできる、カウンターキッチンのおしゃれな「プチ目隠し」のアイディアを紹介していきます。アイテムを使って簡単にできる、ちょっと羨ましい活用術を早速見ていきましょう。

目隠しを設置する時に気をつけたいことは?

目隠しを設置
まず、キッチン・カウンターの寸法を把握するところから始めます。どうしてもスペースは限られているので、圧迫感が出ないよう上手に「気をまぎらわす」のがコツです。
雰囲気を重視し、それぞれのタイプに合う目隠しインテリアを取り入れていきましょう。ただし日々の台所仕事のストレスにならないように、やりすぎには注意が必要です。自分にとって使い勝手のいいキッチンを保つことを、常に心がけるようにしましょう。

カフェみたいな雰囲気!DIY要らずな活用アイディア

プチ目隠しの手段は、「インテリアを飾ってカモフラージュする方法」と「パーテーションの代わりになるものを置く方法」の、大きく分けると2つ。今回は、ヴィンテージアイテムをうまく活用したアイディアをピックアップしてみました。

小さなガラス戸や明り取りをパーテーションに

パーテーション
ガラス戸を台所と食卓の間に、小さな小窓のように明り取りなどを設置するアイディアです。モールガラスやダイヤラスのレトロなものは見た目がかわいらしいだけでなく、モザイク効果を高めます。
周りにはグリーンやドライフラワーなどを飾ったりすれば、まるでこじんまりとしたカフェの窓辺の席のようですね。

アンティークの木箱で高さを出してその上に雑貨を並べる

ンティーク木箱
他のインテリアにもなじみやすいシンプルな木箱を土台に、その上にキッチン回りの雑貨を並べて、さりげなく高さを出してみましょう。たとえば、普段使いのお皿やボウルやグラスなどを並べれば、カフェのカウンターのような雰囲気になります。
野菜や果物をかごに入れて置いてもおしゃれで、より様になりますね。

レトロな小さな卓上本立て

レトロ本立て
場所を取る心配のない卓上の本立ても、小物との組み合わせで自由自在にアイディアが膨らみます。このように、小瓶に入れたスパイスやハーブを並べてみたり、外国のおしゃれなノートをレシピ帳のように立てかけてみたり。
食卓でいつも活躍する急須や湯飲みを置くと、和の趣が出て素敵ですね。テーマを絞ってディスプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

駄菓子屋さんのガラスショーケース

ガラスショーケース
ショーケースの中にマグカップやグラスをしまっておけば、カフェの雰囲気満点。収納としても優秀です。お客さんが来た時は、手作りケーキを並べたりして、気分は小さなパティスリー。おもてなし度もアップで喜ばれること間違いなしです!

最後に

カウンターまわりの雰囲気を良くすることで、キッチンを上手に「目隠し」する方法、いかがでしたか。アイテムを一つ取り入れるだけで、こんなにいろんなアイディアと結びつけることができます。
ただし、時間や金銭面で無理をしすぎないこと。日々の家事の負担にならないように進めていきましょう。ぜひ自分のできるところから楽しんでやってみてくださいね。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP